スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南極物語と国際地球観測年(IGY)のあらすじ

樺太犬タロ・ジロで有名な実話「南極物語」のあらすじとネタバレの「南極物語と国際地球観測年(IGY)」編です。目次は「実話『南極物語』のあらすじとネタバレ」です。


1945年(昭和20年)8月15日、ラジオから玉音放送が流れ、日本は終戦を迎える。それから11年後、まだ敗戦の色が残る日本で、国民・科学者・企業が1つになった国家事業があった。それが南極観測事業である。

第2次世界大戦で負けた日本は、サンフランシスコ条約に基づき、1952年4月に独立国として認められるが、国際舞台への復帰は果たしていなかった。その日本に、国際舞台へ復帰するチャンスが巡ってきた。

第1次南極観測隊が日本を発つ5年前のことである。1951年(昭和26年)、世界の学術機関などで構成する「国際学術連合会議(ICSU)」は、1957年7月から1958年12月にかけて、「第3回国際極年」の開催を決定した。

国際極年とは、北極・南極を観測する世界的な共同学術調査のことで、いわば50年ごとに開催される「科学のオリンピック」である。

これまでは50年ごとに国際極年を開催していたが、アメリカ・オックスフォード大学のチャップマン教授らが科学技術の目覚ましい発展を理由に、第3回国際極年の開催期間を25年前倒しすることを提言した。

国際学術連合会議はチャップマンの申し入れを可決し、1957年7月から1958年12月にかけて第3回国際極年を開催することとした。

その後、第3回国際極年は地球全域を観測対象に含めることになったため、名称を「第3回国際極年」から「国際地球観測年(IGY)」へと変更する。

こうして、国際地球観測年(IGY)の開催が決定すると、国際学術連合会議は、国際地球観測年特別委員会(CSAGI)を設置して、各国へ国際地球観測年への参加を呼びかけたのであった。

これを受けた日本学術会議は、国際地球観測年研究連絡委員会を設置した。日本学術会議とは、文部省が管轄している、日本の大学教授らで構成する学術機関である。「南極観測とロケットのあらすじ」へ続く。

コメント

スポンサーサイト南極物語と国際地球観測年(IGY)のあらすじへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。