スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝日新聞社会部の矢田喜美雄のネタバレ

朝日新聞の南極学術探検で有名な実話「南極物語」のあらすじとネタバレの「朝日新聞社会部の矢田喜美雄」編です。目次は「実話『南極物語』のあらすじとネタバレ」です。


このページは「糸川英夫のロケット開発」からの続きです。

1954年(昭和29年)9月30日、ローマで第2回-国際地球観測年特別委員会(CSAIG)を開催する。ノックス海岸に基地がないことから、同会は各国にノックス海岸での観測を呼びかけた。

1955年(昭和30年)3月、連載記事「北極と南極」を手がけていた朝日新聞社会部の記者・矢田喜美雄は、国際地球観測年特別委員会(CSAGI)が各国に南極観測事業を呼びかけている情報を入手した。

普通の記者ならこの特ダネを記事にするところだが、矢田喜美雄は南極観測事業を記事にせず、朝日新聞が独自に南極観測を支援する計画を上司に談判した。すると、朝日新聞の専務・信夫韓一郎が矢田喜美雄の計画にうなずいた。

矢田喜美雄の計画は、朝日新聞が1億円を出して科学者を南極へ送り、科学者は南極で観測に専念するという「南極学術探検」計画だった。

朝日新聞は、科学者を支援する見返りとして、「南極学術探検」を独占報道する算段だった。

朝日新聞は、1912年(明治45年)の陸軍中尉・白瀬矗(しらせのぶ)を隊長とする日本初の南極体験隊を後援した過去があり、南極とは縁が深かった。

また、1937年(昭和48年)には、九七式偵察機「神風号」による東京-ロンドン間の飛行を企画して成功させており、高い技術と企画力とを持ち合わせていた。

記者・矢田喜美雄の突拍子もない提案が認められたのも、朝日新聞にこういった歴史があったからかもしれない。

南極学術探険の企画が固まると、朝日新聞は、日本の大学教授らで組織する「日本学術会議」の会長・茅誠司(かやせいじ)や、日本の「国際地球観測年研究連絡委員会」の代表幹事・永田武に、南極学術探検計画を持ちかけた。

南極観測は科学者の夢だったが、国は原子力事業を推進しており、南極事業にはお金を出さない。朝日新聞が資金を援助してくれるのなら…。南極観測を諦めかけていた茅誠司や永田武は、朝日新聞の企画に賛同した。

その前年、国は突然、原子力に2億3500万円の予算を組んだ。そして、中曽根康弘が「あなたたち学者がボヤボヤしているから、札束でほっぺたをひっぱたいてやるんだ」と言った事件があった(中曽根康弘は否定している)。

朝日新聞から南極学術探検を持ちかけられた茅誠司は、「昨年は政治家が札束で学者の頬をひっぱたきに来たが、今年は朝日新聞が氷の棒で学者の頭を叩きに来た」とジョークを飛ばしたという。

正式に南極学術探検計画を決定した朝日新聞は、観測部門を半沢朔一郎に任せ、設営部門を矢田喜美雄に任せた。

こうして、朝日新聞が日本学術会議を後援する南極学術探検計画が、動き出したのである。「第1回南極会議のネタバレ」へ続く。

コメント

スポンサーサイト朝日新聞社会部の矢田喜美雄のネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。