スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


永田武を第1次南極観測隊の隊長に任命

永田武が登場する実話「南極物語」のあらすじとネタバレの「永田武を南極観測隊の隊長に任命」編です。実話「南極物語」のあらすじは「実話『南極物語』のあらすじとネタバレ」をご覧ください。


このページは「朝日新聞の南極学術探検」からの続きです。

1955年(昭和30年)11月、日本政府は国際地球観測年への参加を閣議決定し、文部省に南極地域観測統合推進本部を設置した。また、海上保安庁も灯台補給船「宗谷」を南極観測船へと改造するをことを決定した。

1955年12月、南極地域観測統合推進本部は、第1次南極観測隊(予備観測隊)の隊長に永田武を任命し、南極観測船「宗谷」の船長に松本満次を任命した。

第1次南極観測隊の隊長に就いた永田武は、ノーベル賞候補にも名前が挙がったことの学者で、国際地球観測年(IGY)の国際会議にも日本代表として出席するほど偉い人だった。

永田武が南極観測隊の隊長に決定すると、国内やアメリカの学者から「永田先生を南極へ行かせるな。隊長から外せ」とクレームが殺到したのである。「西堀栄三郎が南極観測隊の副隊長に就任」へ続く。

コメント

スポンサーサイト永田武を第1次南極観測隊の隊長に任命へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。