スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南極物語で中部日本新聞社の飛行機が墜落

第1次南極観測隊が宗谷で南極大陸へ向かう「南極物語」のあらすじとネタバレの「南極物語の中部日本新聞社の飛行機が墜落」編です。


このページは「南極物語で樺太犬タロとジロが誕生するあらすじ」からの続きです。トップページは「南極物語のあらすじとネタバレ」です。

1956年(昭和31年)1月31日から1ヶ月間、北海道濤沸湖で、朝日新聞が主催する南極観測隊の訓練が行われる。

1956年3月20日から3月26日まで、長野県にある乗鞍岳で南極観測隊の呼び訓練が行われる。

1956年3月23日には、長野県・乗鞍岳の訓練を取材していた中部日本新聞社の飛行機が墜落し、搭乗していた清水義一・藤本宏・本田幸男・加藤弘の4名が死亡する。「南極観測船『宗谷(そうや)』が誕生したあらすじ」へ続く。

コメント

スポンサーサイト南極物語で中部日本新聞社の飛行機が墜落へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。