スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家政婦の三田灯が阿須田希衣を誘拐

長谷川博己が出演する日本テレビの水曜10時ドラマ「家政婦のミタ」の第4話「あなたの愛娘を誘拐しました」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「家政婦のミタ-第4話のあらすじとネタバレの後編」からの続きです。

その後、阿須田恵一(長谷川博己)がショールームで受付をしていると、家政婦の三田灯(松嶋菜々子)から電話がかかってきた。

三田灯は「希衣さんを誘拐しました。こちらの要求がのめなければ、希衣さんの命の保証はできません。希衣さんから伝言があります。『また、家族みんなでお家で暮らしたい。それがダメなら、希衣は死ぬ』」と告げて、電話を切った。

家政婦の三田灯(松嶋菜々子)は、長女・阿須田結(忽那汐里)らにも同じ要求をしていた。

阿須田結(忽那汐里)らは次女・阿須田希衣(本田望結)を探しに、母親が自殺した川へ向かうが、阿須田希衣は居なかった。そこへ、阿須田恵一(長谷川博己)もやってくる。

阿須田恵一(長谷川博己)は「みんな帰ってきてくれないか。希衣のこともあるし、頼むよ。三田さんに電話するぞいいな?」と告げて、家政婦の三田灯(松嶋菜々子)へ電話をかけようとする。

しかし、阿須田結(忽那汐里)は「本当に私たちと暮らしたいの?お母さんを本気で愛してたか自信がないって言ってたよね。私たちを本当に愛してる?不倫相手よりも、私たちのことが大事と言える?」と問う。

阿須田恵一(長谷川博己)が答えに窮していると、阿須田恵一の携帯電話が鳴った。家政婦の三田灯(松嶋菜々子)からの電話だった。

次男・阿須田海斗(綾部守人)が「希衣に訊いて。死ぬって言ってるけど、どうやって死ぬつもりなの」と告げると、三田灯(松嶋菜々子)は「家に火を付けて死ぬ、と言っております」と答えた。

すると、次男・阿須田海斗(綾部守人)が走り出す。長男・阿須田翔(中川大志)が「どこへ行くんだ」と問うと、阿須田海斗は「家に火を付けるって言ってるんだぞ」と答えた。兄弟と阿須田恵一(長谷川博己)も後を追って自宅へ向かう。

自宅に着いた阿須田海斗(綾部守人)らが家中を探すと、次女・阿須田希衣(本田望結)は2階ベランダの手すりに腰を掛けていた。

阿須田恵一(長谷川博己)が説得するが、阿須田希衣(本田望結)は「仲直りした?仲直りしないなら死ぬ。お母さんの所へ行く」と答える。

そこで、突然、現れた結城うらら(相武紗季)が庭から「希衣ちゃん?」と声を掛ける。すると、次女・阿須田希衣(本田望結)は驚いて持っていた缶の箱を落してしまう。

阿須田希衣(本田望結)は慌てて缶の箱を拾おうとして、ベランダから転落してしまうが、庭に居た家政婦の三田灯(松嶋菜々子)が阿須田希衣を受け止めた。

阿須田恵一(長谷川博己)が1階へ降りてくると、次女・阿須田希衣(本田望結)は阿須田恵一に駈け寄った。

しかし、阿須田恵一は「みんな、どれほど心配したと思ってるんだ」と言い、阿須田希衣をビンタした。

家政婦の三田灯(松嶋菜々子)は庭で拾った缶の箱を次女・阿須田希衣(本田望結)に渡す。阿須田希衣は缶を開けて、中を確認するが、石が1つ足りなかった。阿須田希衣は庭に出て、必死に石を探す。

長女・阿須田結(忽那汐里)は「新しい石をあげるから」と諭すが、阿須田希衣(本田望結)は「ダメ。あれはお父さんなの」と答えて探し続ける。

阿須田結は石の1つ1つに家族の名前を付けており、1つでも欠ければ、家族にならなかった。

阿須田希衣(本田望結)が「お父さんは希衣のこと好き?」と訊くが、阿須田恵一(長谷川博己)は呆然と立ち尽くし、「分からないんだ」と答えた。

そこで、結城義之(平泉成)の声がする。「それがこの男の正体だ」結城義之は長女・阿須田結(忽那汐里)の荷物を勝手に開け、阿須田凪子(大家由祐子)の遺書を見つけていた。

結城義之(平泉成)は「何で娘が死ななきゃならないんだ。貴様が死ねば良いだろ」と言い、阿須田恵一(長谷川博己)のクビを絞める。

そして、結城義之(平泉成)は「子供達は貴様に渡さん。子供達は俺が連れて帰る」と言い、子供達を連れて帰ろうとする。

しかし、長女・阿須田結(忽那汐里)は結城義之(平泉成)の誘いを断り、阿須田恵一(長谷川博己)に「この家に残る。お父さんが出て行って。弟たちの面倒は私がみるから」と告げた。

次女・阿須田希衣(本田望結)は家政婦の三田灯(松嶋菜々子)に「三田さん、なんとかして」と頼むが、三田灯は「申し訳ありませんが、希衣さんとの契約は終了しました」と答えて立ち去ろうとする。

阿須田恵一(長谷川博己)は家政婦の三田灯を呼び止め、「もう1度、子供達のために働いてくれませんか。紹介所の方には連絡しておきますから」と頼むと、三田灯は「承知しました」と了承した。

そして、阿須田恵一(長谷川博己)は家政婦の三田灯(松嶋菜々子)に子供達の世話を頼んで、家を出て行くのであった。

家政婦のミタ-第4話の感想」へ続く。「家政婦のミタ-第5話のあらすじとネタバレ」へ続く。

コメント

スポンサーサイト家政婦の三田灯が阿須田希衣を誘拐へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。