スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南極大陸-第5話のあらすじとネタバレ

キムタクことSMAPの木村拓哉が出演するTBSのドラマ「南極大陸」第5話のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


南極大陸-第4話のあらすじは「南極大陸-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。原作や主題歌は「南極大陸の主題歌と原作」をご覧ください。

1957年(昭和32年)8月、日本では第2次南極観測隊が結成され、白崎優(柴田恭兵)が隊長に就いていた。

白崎優(柴田恭兵)は第2次南極観測隊を第1次よりも1ヶ月早く日本を出発させるため、南極観測船「宗谷」の第2次改造を急いでいた。

一方、南極では、倉持岳志(木村拓哉)の犬ぞり隊がカエル島の調査から帰ってきた。

犬ぞりに参加していた樺太犬シロ子の調子が悪く、医師の谷健之助(志賀廣太郎)に診察してもらう。なんとシロ子は妊娠していた。

その日の夜、みんなが食堂に集まると、倉持岳志(木村拓哉)は「直ぐにでもボツンヌーテンへ行こうと思います」と、ボツンヌーテン旅行を打ち明ける。

(ボツンヌーテンの説明は「ボツンヌーテンのWiki」をご覧ください。)

ボツンヌーテンへは雪上車で行く予定だったが、雪上車が不調だった。雪上車担当の鮫島直人(寺島進)は「すまん、大将。エンジンを載せ替えなければならない。時間がかかる」と謝罪した。

すると、倉持岳志(木村拓哉)は星野英太郎(香川照之)に「犬ぞりだけで行かせてください」と頼むが、氷室晴彦(堺雅人)が「ボツンヌーテンまで200キロはある。無理だ」と反対した。

星野英太郎(香川照之)は「何ヶ月もルートを調査してきたので、行かせてあげましょう」と言い、犬ぞりでのボツンヌーテン旅行を許可する。

犬ぞりだけで行くとなれば、隊員は3人が限界だった。犬係の倉持岳志(木村拓哉)と犬塚夏男(山本裕典)の2人は、犬ぞり隊から外せない。残るは1人…。

「ボツンヌーテンへ登れば快挙だ。良い記事になる」と言い、帝都新聞の内海典章(緒形直人)が参加を申し出る。

しかし、倉持岳志(木村拓哉)は「ブリザードの事もありますし、天気の事を気にしなければならない」と言い、気象担当の氷室晴彦(堺雅人)に同行を頼んだ。

氷室晴彦(堺雅人)は星野英太郎(香川照之)に、「この時期にボツンヌーテンに登るのは危険です。僕は反対です」と言い、食堂を出た。

その後、2人きりになった倉持岳志(木村拓哉)は氷室晴彦(堺雅人)に「一緒に行ってくれ」と頼むが、氷室晴彦は「犬ぞりだけで行くのは危険だ」と反対する。

倉持岳志(木村拓哉)は「だからお前が必用なんだ。ボツンヌーテンの向こうに、日本の未来があると思う。力を貸して欲しい」と頼んだ。

氷室晴彦(堺雅人)は、倉持岳志(木村拓哉)と一緒に登山したときに落石事故に遭った時の事思い出していた。

倉持岳志(木村拓哉)が立ち去ろうとすると、氷室晴彦は「南極に運命を感じたのはお前だけじゃない。付き合ってやるよ。ただし、登山仲間としてじゃない、監査役としてだ」と答えた。

ある日、倉持岳志(木村拓哉)・犬塚夏男(山本裕典)・氷室晴彦(堺雅人)の3人は犬ぞりでボツンヌーテン旅行へ出発する。

数日後、倉持岳志らは吹雪の中を進むが、予定よりも3日も遅れているうえ、ルートを外れていた。昭和基地へ無線で状況を報告するが、電波が悪く、途中で電波が途絶えてしまう。

さらに犬ぞりを進める倉持岳志(木村拓哉)は、猛烈なブリザードのなかで、小屋を発見した。近づくと、クジラの残骸だった。

クジラの残骸は雪に埋もれ、中は空洞になっている。昔はここも海だったのか。倉持岳志らはクジラの残骸の中で吹雪をやり過ごすことにする。

すると、犬たちが鳴きだした。犬塚夏男(山本裕典)が樺太犬の様子を見に行くと、樺太犬テツのロープが絡まっていた。

犬塚夏男がロープを直すためにテツをロープから外す。すると、樺太犬テツは逃げていってしまった。「南極大陸-第5話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト南極大陸-第5話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。