スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


桐谷健太の元彼女は松本莉緒

松本莉緒が出演するTBSの金曜10時ドラマドラマ「専業主婦探偵 私はシャドウ」の第5話のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「専業主婦探偵-第5話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

翌日、浅葱芹菜(深田恭子)は父・藤元泰介(小日向文世)の自宅へ行き、話を聞く。藤元泰介の話は浅葱武文(藤木直人)と一致しており、浅葱芹菜は安心して帰った。

その後、藤元泰介(小日向文世)は浅葱武文(藤木直人)に電話し、「上手く話を合わせておいた。今回は芹菜を悲しませないために、協力したけど、以降は気をつけて」と釘を刺した。

仕事が終わって帰宅していると、浅葱芹菜(深田恭子)は店から出てくる涼音(松本莉緒)を見つけて尾行した。そして、お店に入ろうとする涼音に声を掛けた。

涼音(松本莉緒)はスナックを経営していた。ジュエリーショップを経営しているという話は、久しぶりに会う陣内春樹(桐谷健太)に見栄を張るための嘘だった。

スナック一帯をパチンコ屋にする計画があり、不動産屋が急に家賃を倍にしたため、涼音(松本莉緒)はスナックの経営が苦しくなり、金策に走っていたのだった。

JJ探偵事務所に戻った浅葱芹菜(深田恭子)は、涼音(松本莉緒)がスナックを経営していたことを陣内春樹(桐谷健太)に明かし、「一度は好きになったんでしょ」と説得するが、陣内春樹は涼音を助けようとはしなかった。

一方、浅葱武文(藤木直人)は新山晃(遠藤憲一)に呼び出される。部屋には新山千早(石田ゆり子)も居る。浅葱武文は「やってもらいたい仕事がある。君の昇進を約束する仕事だ」と告げる。

しかし、話を聞いた浅葱武文(藤木直人)は「私には出来ません。ひばり証券を裏切ることになるからです」と断った。

すると、新山晃(遠藤憲一)は封筒を差し出した。封筒の中には、浅葱武文(藤木直人)と新山千早(石田ゆり子)の2人がエレベーターでキスし、その後ホテル1室へ向かう様子の写真が入っていた。

新山晃(遠藤憲一)は「わざわざ別の部屋を使わなくても、私が部屋を用意してたのに」と告げる。新山晃は探偵を雇い全てを知っていた。

そのころ、陣内春樹(桐谷健太)は、涼音(松本莉緒)のスナックへ様子を見に行くと、浅葱芹菜(深田恭子)がスナックで働いていた。

数日後、浅葱芹菜(深田恭子)の手伝いでスナックは繁盛していたが、店舗の家賃や更新料にはほど遠く、涼音(松本莉緒)は溜息をついていた。

そこへ、陣内春樹(桐谷健太)がやってきた。陣内春樹は涼音(松本莉緒)に名刺を差し出し、「不動産屋だ。そこへ電話してみろ。近くに家賃の安い居抜き物件が見つかった」と告げた。

かつて不動産会社で働いていた陣内春樹(桐谷健太)は、昔のつてで不動産屋に連絡し、家賃の安い物件を見つけていたのだった。

涼音(松本莉緒)は「みっちゃん。これでお店を続けられるわ」と喜ぶ。置くから男が出てきて、涼音と抱き合った。涼音は他の男と付き合っていたのだった。唖然とする陣内春樹。

スナックを出た陣内春樹(桐谷健太)は、浅葱芹菜(深田恭子)に「お前は何で見ず知らずの奴の為にスナックを手伝ってたんだ」と訊く。

浅葱芹菜(深田恭子)は「関係無くないよ。車の右折が出来るようになったのも、文君の会社で働けるのも陣内のおかげ。私を変えてくれたのは陣内よ。陣内の大切な人が困っていれば、助けるのは当たり前よ」と言い、夕飯の支度をするために急いで帰って行った。

そのころ、浅葱武文(藤木直人)は藤元泰介(小日向文世)の自宅で卓球をしていた。藤元泰介が「こんな時間に呼び出すなんて、何かあったの?」と尋ねると、浅葱武文はラケットを置いて「ご相談があります」と打ち明けた。

一方、帰宅した浅葱芹菜(深田恭子)が台所でラザニアを焼いていると、電話がかかってきた。浅葱芹菜が電話に出ると、電話の主は新山千早(石田ゆり子)だった。

専業主婦探偵-第5話の感想」へ続く。「専業主婦探偵-第6話あらすじとネタバレ」へ続く。

コメント

スポンサーサイト桐谷健太の元彼女は松本莉緒へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。