スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「本日は大安なり」のあらすじとネタバレ感想文

辻村深月の原作小説「本日は大安なり」のあらすじとネタバレを含んだ読書感想文です。ネタバレを含んだ読書感想文なので、あらすじやネタバレを知りたく内人は閲覧にご注意ください。


優香が主演するNHKドラマ「本日は大安なり」の原作となる、辻村深月の原作小説「本日は大安なり」を読んだ。

辻村深月の原作小説「本日は大安なり」は、11月22日(日曜日)の大安吉日に老舗ホテル・アールマティで開催する結婚式を挙げる4組みの事件を巡るストリーだった。

■「相馬家・加賀山家の結婚式」のネタバレと感想
加賀山妃美佳と相馬映一の2人が結婚するのだが、加賀山妃美佳にはうり二つの双子(一卵性双生児)の姉・加賀山鞠香がおり、結婚式で加賀山妃美佳と加賀山鞠香の双子が入れ替わるという奇天烈な行動に出た。

双子なので、入れ替わりや成りすましは予測できたのだが、新婦の相馬映一が新婦・加賀山妃美佳の入れ替わりを見破れなければ離婚するという自爆テロのような結婚式を挙げようとするのか意味が理解できない。

双子特有のコンプレックスが描かれているのだが、その辺りに感情移入できないので、加賀山妃美佳については最後までよく分からなかった。入れ替わりに応じた加賀山鞠香の心境も理解できなかった。

以前に、テレビ番組で、見分けの付かない一卵性双生児の双子が、顔認証セキュリティシステムと勝負していた。

一方の顔でセキュリティ登録し、他方が顔認証セキュリティを通過したとき、ドアが開くか開かないかという勝負である。なかなか面白い試みだが、やはりドアは開かずに、顔認証セキュリティとなった。

人間の目では判別出来なくても、顔認証セキュリティなら一卵性双生児の違いを判別できる。双子の入れ替わりを見抜いた新郎の相馬映一は、顔認証セキュリティ機能を使って双子の入れ替わりを見抜いたのではないだろうか。

■東家・白須家の結婚式のネタバレと感想
薬剤師の白須りえと同じ職場のアルバイト東誠の2人の結婚式である。白須りえの事が大好きな少年・白須真空が、東誠が白須りえを毒殺しようとする計画を知り、あたふたとするストリーだった。

小説「本日は大安なり」の中では、白須真空のエピソードが一番面白かった。白雪姫というテーマで、毒リンゴ殺人事件までもっいくところに、なるほど、と思った。

白須真空が狐塚や恭司にカチューシャを渡した後、どうなるのだろう、とストリーに引き込まれた。

結局、東誠の毒リンゴ殺人事件の計画は白須真空の思い過ごしで、本当はリンゴの中に指輪が入っているというサプライズイベントだったが、白須真空の子供らしさが現れたエピソードであった。

■鈴木家・三田家のネタバレと感想
鈴木陸雄と三田あすかの2人が結婚式を挙げるカップルである。しかし、新郎の鈴木陸雄は既婚者で、不倫相手の三田あすかと結婚式を挙げるはめになっていた。

鈴木陸雄は、ホテル・アールマティに放火して結婚式を中止させようとしているにもかかわらず、ホテル・アールマティから損害賠償まで請求しようと考える点が笑えるが、最後までストッパーの出現に期待する他力本願な性格がイマイチだった。

「本日は大安なり」のあらすじとネタバレの感想文の後篇』へ続く。

コメント

スポンサーサイト「本日は大安なり」のあらすじとネタバレ感想文へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。