スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南極大陸-第9話のあらすじとネタバレ

木村拓哉が出演するTBSの昭和基地ドラマ「南極大陸」の第9話「終幕へ…奇跡が起きる」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


南極大陸-第8話のあらすじは「南極大陸-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。ドラマ「南極大陸」の原作や主題歌は「南極大陸の主題歌と原作」をご覧ください。

第3次南極観測隊の発足すること知った倉持岳志(木村拓哉)は、北海道から東京へ戻ってくる。

しかし、第3次南極観測隊の選考基準に「第1次越冬隊および第3次越冬隊は除く」という項目があった。倉持岳志(木村拓哉)は南極へ行けないことを知り、落ち込んだ。

白崎優(柴田恭兵)は落ち込んでいる倉持岳志(木村拓哉)を、「少しだけ待ってくれ。何度でもぶつかってみる」と励ました。

一方、実家へ戻ってゴロゴロしていた犬塚夏男(山本裕典)は、新聞で第3次南極観測隊の発足を知り、東京へと向かう。

ある日、日本学術会議で第3次南極観測隊の選考会が開かれる。白崎優(柴田恭兵)は「経験が物を言うんです」と言い、第1次越冬隊員を第3次越冬隊に加える事を必死に訴えた。

そのころ、倉持岳志(木村拓哉)は船の修理工場「日本鋼管・浅野ドッグ」で、南極観測船「宗谷」の修理を手伝っていた。

そこへ、実家でゴロゴロしていた犬塚夏男(山本裕典)が、日本鋼管・浅野ドッグで働く倉持岳志(木村拓哉)の元を訪れた。

倉持岳志(木村拓哉)が「これからどうするんだ」と尋ねると、犬塚夏男(山本裕典)は「オーロラの研究を始めようと思います。倉持さんが『最後までやりとげろ』と言ってくれたおかげです」と感謝した。

そこへ、北海道大学の古館智大(山本學)から電話が入る。古館智大は「寒さで皮の首輪は弱っている。シロ子を散歩に連れて行こうとしたとき、首輪がちぎれた。樺太犬は生きているかもしれない」と持論を展開した。

倉持岳志(木村拓哉)は急いで日本学術会議ビルへ向かい、星野英太郎(香川照之)に古館智大(山本學)の樺太犬生存説を伝えようとするが、星野英太郎は倉持岳志を制した。

耳を澄ますと、会議場の中から白崎優(柴田恭兵)の切実な訴えが聞こえてくる。星野英太郎(香川照之)は会議場から漏れてくる声を聞いているところだった。

白崎優(柴田恭兵)は最後まで「第1次越冬隊から2名の参加させてください」と必死に訴えていたが、白崎優の訴えは届かなかった。

会議が終わると、白崎優(柴田恭兵)は倉持岳志(木村拓哉)に「本当にすまない」と力不足を謝罪する。

倉持岳志は「南極へ行ってあいつらが頑張ってたら、僕たちの分まで抱きしめてあげてください」と言い、白崎優(柴田恭兵)に思いを託した。

白崎優(柴田恭兵)は「大学へ戻ってこないか」と誘うが、倉持岳志(木村拓哉)は「宗谷の修理を手伝いたい。その後は、この学術会議で働きたい。ここが日本で一番南極に近いかなって」と答えた。

倉持岳志(木村拓哉)が立ち去ると、犬塚夏男(山本裕典)は白崎優(柴田恭兵)らに、北海道大学の古館智大(山本學)が樺太犬は生きている、と予言したことを教えた。

南極大陸-第9話のあらすじとネタバレの後半」へ続く。

コメント

スポンサーサイト南極大陸-第9話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。