スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ストロベリーナイトの犯人と黒幕のネタバレ

竹内結子が主演するフジテレビのドラマ「ストロベリーナイト」のあらすじとネタバレの犯人と黒幕のネタバレです。


このページはドラマ「ストロベリーナイト」の犯人や黒幕をネタバレしているので、犯人や黒幕のネタバレを知りたく無い人は閲覧にご注意ください。

■ストロベリーナイトとは
ストロベリーナイトとは、毎月第2日曜日に開催される殺人ショーのことである。ナイトの意味は「騎士」ではなく、「夜」である。

■参加方法
普通のインターネット検索では発見できない裏サイト「ストロベリーナイト」から応募できる。

裏サイト「ストロベリーナイト」では、本当に人が殺されている映像が流れており、最後に血文字で「ストロベリーナイト」と書かれる。

裏サイトの「生で見たいですか」という質問に対して、「はい」をクリックすると、住所を教えていないにもかかわらず、自宅に殺人ショー「ストロベリーナイト」への招待状が送られてくる。

ストロベリーナイトの招待状には個人情報や家族の写真が同封されており、招待状を受け取ったにもかかわらず、ストロベリーナイトに参加しなかった者は家族にも危害が及ぶ可能性がある。

■ストロベリーナイトの様子
ストロベリーナイトの受付で、招待状と参加費用10万円を支払って中に入る。会場には客席があり、20人程度の客が居る。

ステージの上には上半身が裸の男が手足を縛られて横たわっている。男の胸の上にはカラスの板が載せられており、覆面をした男がバットで何度もカラスを割る。その後、覆面男は裸の男を貼り付けて、カッターナイフで首を切り、殺害する。

■ストロベリーナイトの生け贄
ストロベリーナイトで生け贄となる者は、参加者の中から無作為に1人が選ばれる。受付で入場料を払う時に、無作為に1人の生け贄が選ばれ、生け贄に選ばれなかった者は会場へ入ることができる。

無事に会場へ入ることが出来た客は、生け贄が殺される様子を見て、生きていることを実感するという。

■ストロベリーナイトの開催日や会場
ストロベリーナイトの開催日は毎週第2日曜日で、開催場所は不特定のため、招待状に記載している。参加費用は10万円です。

■ストロベリーナイトの犯人
殺人ショー「ストロベリーナイト」の犯人は、「F(エフ)」と呼ばれる深沢ゆかりだった。

深沢ゆかりの両親は薬物中毒で、深沢ゆかりは義父から性的虐待を受けており、母親らも疎まれていた。両親からの虐待により精神が崩壊した深沢ゆかりは、カッターナイフで自分の乳房を切り取るなどして、病院の精神神経科で入院していた。

しかし、深沢ゆかりは第2日曜日に病院を抜け出し、殺人ショー「ストロベリーナイト」を開催していた。

■ストロベリーナイトの黒幕
ストロベリーナイトの黒幕は、警部補の北見昇だった。北見昇は、犯人の「F(エフ)」こと深沢ゆかりのスポンサーで、ストロベリーナイトを発案した黒幕だった。

北見昇は学生時代に薬や女などの悪いことをやり尽くした悪党だった。ある日、北見昇の仲間は女性に襲ったときに、首を絞めすぎて殺してしまった。

殺された女の仲間がやってきたので、北見昇は金で解決しようとしていたが、女の仲間はいきなりカッターを取り出し、女を殺した男の首を切った。それが「F(エフ)」こと深沢ゆかりだった。

北見昇は、Fが見せてくれたリアルな死により生きていることを実感した。そして、その実感をみんなに味合わせるため、殺人ショー「ストロベリーナイト」を開催した。

■深沢康之のネタバレ
ネグラリア・フォーレリに感染して死亡した深沢康之は、深沢ゆかり兄だった。深沢康之は妹。深沢ゆかりのために黙々と死体の処理を担当していた。

注釈:ネグラリア・フォーレリは淡水で増殖する寄生アメーバの一種。ネグラリア・フォーレリが鼻粘膜などから脳に侵入すると、脳内で増殖し、脳を溶かして死に至る。

【送料無料】ストロベリーナイト(楽天)

コメント

スポンサーサイトストロベリーナイトの犯人と黒幕のネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。