スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


向井理の彼女は国仲涼子

向井理が出演するフジテレビのフランス料理ドラマ「ハングリー」の第1話の感想と視聴率です。第1話の視聴率は14.2%でした。


ドラマ「ハングリー」の第1話のあらすじは「ハングリーのあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「ハングリー」は山手英介(向井理)のシャワーシーンで始まり、その直後に、山手英介(向井理)と橘まりあ(国仲涼子)のキスシーンがあるという、衝撃的な出だしとなった。

山手英介(向井理)は橘まりあ(国仲涼子)と同棲しているようなので、橘まりあは山手英介の彼女なのだろうか。ドラマは回想風になっているので、もう結婚している可能性もあるが、第1話では彼女だと解釈しておく。

一方、山手英介(向井理)のフランス料理を食べた大楠千絵(瀧本美織)に彼女フラグが立ったので、最終回では向井理が彼女の国仲涼子と破局して、瀧本美織を彼女にする可能性も出てきた。

黒幕的な関係があるのなら、橘まりあ(国仲涼子)と大楠千絵(瀧本美織)のどちらかが、レストラン「le petit chou(ル・プティ・シュー)」を騙し取った麻生時男(SMAPの稲垣吾郎)の妹ということも考えられる。

さて、ドラマ「ハングリー」の第1話は、向井理のシャワーシーンと、向井理と国仲涼子とのキスシーンというインパクトだけで、キャラクター設定がイマイチだった。

山手英介(向井理)がいきなりギターを壊すシーンも唐突過ぎて、あまりストリーには入り込めなかった。

ドラマ「ハングリー」は、山手太朗(大杉漣)のキャラクターを見ても分かるように、コント寄りのコメディードラマなのでストリーは重視していないようだ。

それに、国仲涼子はドラマ「ハングリー」の前に放送しているドラマ「ストロベリーナイト」で竹内結子を強姦した犯人に刺されて死んでいるため、国仲涼子が登場すると非常に中途半端な感じがする。

ドラマ「ハングリー」だけを観るのであれば、気にならないと思うが、ドラマ「ストロベリーナイト」から続けて観ると、少し辛い。

また、藤沢剛(ケミストリーの川畑要)の刺青もかなり気になった。私は刺青を見ると萎えるので、ドラマ「ハングリー」を観るのが辛い。

ハングリーの原作や主題歌は『「ハングリー!」の原作や』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト向井理の彼女は国仲涼子へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

ずるい!

ひな : 2012年04月04日(水)

向井くん、だれのものにもならないで!

りくくんの彼女になりたいさん : 2012年12月13日(木)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。