スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


白本彩奈にエロ本を見られた中井貴一

白本彩奈が出演するフジテレビの鎌倉ドラマ「最後から二番目の恋」の第1話の感想と視聴率です。第1話の視聴率は12.1%でした。


第1話のあらすじとネタバレは『「最後から二番目の恋」のあらすじとネタバレ』をご覧ください。

ドラマ「最後から二番目の恋」の第1話は面白かった。恋愛ドラマと思っていたら、オバタリアンの吉野千明(小泉今日子)が古民家を物色するコメディードラマだった。

吉野千明(小泉今日子)は、JMTテレビのドラマのプロデュサーだった。吉野千明は45歳の独身で、更年期障害で病院へ運ばれた。また、吉野千明は生理が来ずに閉経を心配していた。

吉野千明(小泉今日子)がプロデュースを手がけたのは、ドラマ「モテキ・パラダイス」だった。ドラマ「モテキ・パラダイス」を知っているのは、長倉えりな(白本彩奈)だけだった。

一方、長倉和平(中井貴一)は鎌倉市役所観光推進課の課長だった。妻に先立たれ、兄弟と古民家に暮らしながら、娘の長倉えりな(白本彩奈)を育てている。

長倉和平(中井貴一)は、明るいエロおやじで、爽やかさが足りない明るい変態という感じのキャラクターだった。

長倉和平(中井貴一)はエロ本を読んでいるところを、娘の長倉えりな(白本彩奈)に目撃されたが、堂々としていた。

長倉和平は部下に白い目で見られているので、馴れているのだろうか。長倉えりな(白本彩奈)に白い目で見られる長倉和平(中井貴一)は、非常に滑稽だった。中井貴一が面白すぎる。

第1話で吉野千明(小泉今日子)と長倉和平(中井貴一)の2人が出会った。吉野千明の第1印象はオバタリアンで、長倉和平の第1印象はエロ本だった。ここから、恋愛に発展するのは、相当難しい気がする。

さて、ドラマ「最後から二番目の恋」の第1話で、吉野千明(小泉今日子)と長倉真平(坂口憲二)とがエッチをする展開になった。

第2話で小泉今日子のベッドシーンがあるのだろうか。しかし、吉野千明(小泉今日子)が長倉真平(坂口憲二)とエッチをしたら、長倉和平(中井貴一)と交際に発展しない。

古民家は隣の家まで声が聞こえるという伏線があったので、直前で邪魔が入るのだろう。

さて、ドラマ「最後から二番目の恋」の第1話を観ていて、3つ気になった。1つ目は、長倉和平(中井貴一)が集めていた桜貝である。桜貝は死んだ妻と何か関係があるようだ。

妻の死因は分からないが、長倉和平(中井貴一)は妻の死に対して責任を感じているようだ。しかし、桜貝との関係は分からない。

2つ目は、長倉真平(坂口憲二)の病気である。病気かどうかは不明だが、おそらく、長倉真平は病気だ。こういうパターンは、白血病などの不治の病の場合が多い。

長倉真平(坂口憲二)はただの女たらしのスケベではなく、不治の病だから、女性に優しくしているような気がする。

3つ目は、吉野千明(小泉今日子)が足をポリポリとかいていた点である。吉野千明はたぶん水虫で足がかゆいのだろう。吉野千明の水虫が病気の長倉真平(坂口憲二)に感染して、長倉真平が死に至る可能性も捨てきれない。

ドラマ「最後から二番目の恋」の原作や主題歌は『「最後から二番目の恋」の原作や主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト白本彩奈にエロ本を見られた中井貴一へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。