スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恋愛ニートのあらすじとネタバレ

仲間由紀恵が主演するTBSの恋愛ドラマ「恋愛ニート」の第1話「シンデレラになりましょう」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


恋愛ニートの原作と主題歌は「恋愛ニートの主題歌や原作」をご覧ください。

ある日、パンドラ出版の木下凛(仲間由紀恵)は取引先の書店へ出向き、ひたすら謝罪していた。部下の高橋明(夕輝壽太)が100冊の注文に対して1000冊の本を送ったからだった。

木下凛(仲間由紀恵)が「うちに1000冊も売れるヒット作が有るわけ無いでしょ」と叱ると、高橋明(夕輝壽太)は社頭の雨宮博美(室井滋)に「やっていけません」と苦情を言った。

ある日、木下凛(仲間由紀恵)は友達・渡辺美帆(市川実日子)の離婚式に出席した。渡辺美帆は猫が原因で離婚したということだった。

その離婚式で、木下凛(仲間由紀恵)ら女友達3人は、松本直哉(佐々木蔵之介)らスイーツ男3人組と知り合う。

松本直哉(佐々木蔵之介)は日本の名医100人に選ばれる歯科医師だった。多田耕太(爆笑問題の田中裕二)は食品に香りを付けるフレーバリストをしていた。槙野駿平(永山絢斗)はニートだった。

槙野駿平(永山絢斗)は木下凛(仲間由紀恵)に、「どれくらい彼氏居ないの?5年くらいエッチしてなかったりして」と笑うと、木下凛は「失礼ね。8年よ」と答えたのであった。

その日の夜、スイーツ男3人組はバーのカウンターで、スイーツを食べながら、離婚式で出会った木下凛(仲間由紀恵)ら女3人組を値踏みする。

そのバーのボックス席で飲んでいた雨宮博美(室井滋)がバーテンダーに、「ここってスイーツ置いてたっけ?」と尋ねると、バーテンは「1度、出したら気に入って、裏メニューにされてしまったんです」と答えた。

すると、松本直哉(佐々木蔵之介)がボックス席で飲んでいる雨宮博美(室井滋)に気付いて驚いた。なんと2人は富山県の実家が近所で知り合いだったのだ。

翌日、木下凛(仲間由紀恵)が仕事をしていると、松本直哉(佐々木蔵之介)から電話がかかってきた。松本直哉は木下凛を食事に誘うが、木下凛は無下に断ってしまった。

木下凛(仲間由紀恵)が電話を切ると、宅配業者が荷物を届けにきた。多くの風船に「シンデレラ」のチケットが付いていた。送り主は多田耕太(爆笑問題の田中裕二)だった。

木下凛(仲間由紀恵)は多田耕太(田中裕二)に電話して、「見ず知らずの人に高価なものを貰う筋合いはありません」と言い、荷物を送り返した。

そこへ、本の注文をメモした用紙が届く。メモには1000冊の注文と書いてあった。木下凛(仲間由紀恵)は部下の高橋明(夕輝壽太)がまた1桁間違えたのだと思い、ため息をつきながら100冊を送った。

その日の夜、女性3人が相沢菜々子(りょう)の部屋に集まる。木下凛(仲間由紀恵)は、離婚式で知り合った松本直哉(佐々木蔵之介)と多田耕太(田中裕二)に言い寄られていることを明かした。

相沢菜々子(りょう)は「一生に一度あるモテ期よ。昔の男は恋愛に貪欲だったけど、今の男はこっちが誘うまで待っている。荒波に向かっていかなければいい男は釣れないのよ」と告げた。

木下凛(仲間由紀恵)は「仕事して、弟らの面倒をみるだけで手一杯。恋愛なんて余計なものに生活を乱されたくないのよ。浜辺で遊んでいるほうが良い」と答えた。

すると、相沢菜々子(りょう)は「浜辺なら死んだ魚しか寄ってこないわよ。あんたみたいなのを、恋愛ニートって言うのよ」と呆れた。

渡辺美帆(市川実日子)は「海に出て行っても、良いのが釣れるとは限らない。マグロを吊り上げたと思ったら、とんでもないのだった。離婚の本当の原因は、旦那の浮気なの。浮気だけなら許せたんだけど、相手に子供が出来ちゃって」と打ち明けた。

そのようななか、相沢菜々子(りょう)の携帯電話が鳴る。電話に出た相沢菜々子はウキウキしている。

渡辺美帆(市川実日子)が「彼氏?」と尋ねると、相沢菜々子(りょう)は「言っちゃおうかな。私、結婚しちゃうかも。マグロを狙ってたけど、カツオで手を打つのも良いかなって」と明かした。

その後、渡辺美帆(市川実日子)はお洒落なドレスを着てバーへ向かうと、彼氏は「僕と別れてください」と頭を下げた。

ある日、木下凛(仲間由紀恵)がバッティングセンターで、バッティングをしていると、槙野駿平(永山絢斗)が「俺のこと、覚えてる?勝負しよう。負けたらおごりね」とホームラン勝負をもちかけてきた。木下凛はニヤリと笑う。

その後、木下凛(仲間由紀恵)は満腹になりラーメン屋を出ると、槙野駿平(永山絢斗)が木下凛を呼び止めた。待って、お金が足りない…。

仕方なく木下凛(仲間由紀恵)がお金を払って再び店を出ると、槙野駿平(永山絢斗)が追いかけてきた。

木下凛(仲間由紀恵)が「何よ。お金は払ったでしょ」と告げると、槙野駿平(永山絢斗)は「だから、ちゃんとお礼がしたくて。ご馳走様でした」と言い、いきなり、木下凛にキスをした。

槙野駿平(永山絢斗)は「どう?8年ぶりのキスの味は」と尋ねると、「豚骨味」と答えるが、我に返った木下凛(仲間由紀恵)は「ふざけるな、セクハラ変体男」と怒った。槙野駿平は楽しそうに逃げていく。

恋愛ニートのあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト恋愛ニートのあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。