スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横溝議員(市川亀治郎)が佐橋総理の沖縄密約を糾弾

横溝宏(市川亀治郎)が登場するTBSの外務省機密漏洩事件ドラマ「運命の人」の第2話「漏れた秘密」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは『「運命の人」の第2話のあらすじとネタバレ』からの続きです。

ある日の夜、弓成亮太(本木雅弘)の自宅に社進党の横溝宏(市川亀治郎)から電話がかかってきた。

横溝宏(市川亀治郎)は「政府の密約疑惑を追及したい。極秘電信文をお預かりしたい。私は弁護士出身です。文章を衆目に晒すようなことはしない。もうすぐ、衆議院の予算委員会が終わる。最後のチャンスなんです」と訴えた。

しかし、弓成亮太(本木雅弘)は「アレをどう使うかは俺が決めることだ」と怒って電話を切った。

その後、弓成亮太(本木雅弘)は山部一雄(大森南朋)に呼び出され、料亭へ向かう。

山部一雄(大森南朋)は「あの爆弾を俺に預からせてくれ。沖縄返還が5月17日に決まった。佐橋総理(北大路欣也)はそれを花道に退陣する見通しだ」と頼んだ。

弓成亮太(本木雅弘)は「密約の証拠をを裏取引に使って、福出政権(笹野高史)の誕生を阻止するつもりか」と尋ねると、山部一雄(大森南朋)は「それで日本の政治は1つ前に進む」と答えた。

弓成亮太(本木雅弘)は「今の対応が沖縄の未来を決める。密約問題を闇に放り去れば、その付けは将来、ずっとついてまわるぞ」と反論すると、山部一雄(大森南朋)は「お前だってネタ元を守る為に記事には出来ないんだろ」と指摘した。

そこへ「お客様が到着しました」と言い、女中が襖を開けた。すると、お座敷に自由党の田淵角造(不破万作)と小平正良(柄本明)の2人が座っていた。

山部一雄(大森南朋)は弓成亮太(本木雅弘)に「来るべき総裁選では、小平先生は田淵先生の支持に回ることになった。それでもまだ、福出赳雄(笹野高史)の票には及ばない」と説明した。

田淵角造(不破万作)は「山部君(大森南朋)は我々の側に立って骨を折ってくれることになった。そっちのボス(本木雅弘)も協力してくれるよな」と告げる。

しかし、弓成亮太(本木雅弘)は「俺は政局には乗らない」と答えた。そして、小平正良(柄本明)に「おとうちゃん。申し訳ありません。今日は失礼します」と言い、退席した。

田淵角造(不破万作)は「相変わらず、食えない男だ」と愚痴をこぼすと、小平正良(柄本明)は「それが彼の魅力ですよ。だが、山部君(大森南朋)のようなしたたかさも必要かもしれない」と答えた。

翌日、弓成亮太(本木雅弘)の前に三木昭子(真木よう子)が現れた。2人は春日経済研究所で話す。

三木昭子は「ごめんなさい。手ぶらなの。機密管理が厳しくて。もう貴方にしてあげられることはないの」と告げると、弓成亮太(本木雅弘)は「君のくれた電信文で十分なんだ。あれで戦えるはずなんだ」と答えた。

三木昭子(真木よう子)は「もう私は必用無いということからしら。だから私を避けてるんでしょ」と問うと、弓成亮太(本木雅弘)は「もう君に無理をさせたくないんだ。君に会えば、機密文書を期待してしまう」と答えた。

三木昭子(真木よう子)は「そういうことにしといてあげます」と答える。弓成亮太(本木雅弘)は「君に話しておきたいことがある」と言いかけるが、三木昭子は春日経済研究所を飛び出してしまった。

ある日の公園で、毎朝新聞の清原了(北村有起哉)は弓成亮太(本木雅弘)は「明日で予算審議も終わりです。結局、密約はこのまま埋もれてしまうのでしょうかね」と問うた。

すると、弓成亮太(本木雅弘)は「そうはさせない。これを横溝に渡せ。閲覧が限られている文書だ。ニュースソースが特定されないよう、くれぐれも注意するように言ってくれ」と言い、清原了(北村有起哉)に機密文章を託した。

翌日、横溝宏(市川亀治郎)は国会で沖縄返還に関する密約を追求するが、佐橋総理(北大路欣也)は「そのような文書は認識していません」と、のらりくらりと答弁する。

しびれを切らした横溝宏は「文書はここに存在する。この外務省極秘電信文にちゃんと書いてあるじゃないですか」と言い、機密文書を示した。

すると、議会が騒然となった。吉田孫六(升毅)は「横溝先生が示した文書を、外務省の文書と照らし合わせて調べてみます」と答え、審議は中断となった。

記者席から国会を観ていた弓成亮太(本木雅弘)は「情報源を渡したら、ニュースソースが特定されてしまう」と焦り、吉田孫六(升毅)の元へ向かうのであった。

「運命の人」の第2話の感想と視聴率』へ続く。「運命の人-第3話のあらすじとネタバレ」へ続く。

登場人物の実在のモデルについては『「運命の人」の実在のモデル』をご覧ください。原作と主題歌は『「運命の人」の原作と主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト横溝議員(市川亀治郎)が佐橋総理の沖縄密約を糾弾へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。