スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ストロベリーナイト第3話のあらすじとネタバレ

竹内結子が主演するフジテレビの刑事ドラマ「ストロベリーナイト」の第3話「右手では殴らない(後編)」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ストロベリーナイト第2話のあらすじは「ストロベリーナイト第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。原作や主題歌は「ストロベリーナイトの原作と主題歌」をご覧ください。

姫川玲子(竹内結子)は、薬物「ゼブラ」事件で、総理大臣の政策ブレーンを務める医師・下坂勇一郎(北見敏之)を任意同行で取り調べた。

しかし、下坂勇一郎は海外出張中でゲームサイト「ガチャゲー」にアクセスできないことが判明し、ガチャゲーのハンドルネーム「シド」では無いことが証明された。

ガチャゲーの運営会社によると、ガチャゲーのアクセス記録に残るカード情報は、盗んだカードによる不正登録ではないか、ということであった。

下坂勇一郎(北見敏之)はハンドルネーム「シド」ではないうえ、ゼブラを売りさばいていた白桜会との繋がりも見つからなかった。警察は姫川玲子(竹内結子)の暴走により、総理大臣から厳重な抗議を受けるはめになった。

その日の夜、島千秋(小木茂光)は、落ち込んでいる姫川玲子(竹内結子)に「ゼブラのことを六本木署が書き回っている。ガンテツだけじゃない。署が動いてるということは、何か握ってるってことだ」と教えた。

姫川玲子(竹内結子)は殺人犯捜査十係に戻ると、「カード情報をもう1度洗って」と姫川班に檄を飛ばし、捜査を再開した。

姫川玲子(竹内結子)は六本木署を訪れ、ガンテツこと勝俣健作(武田鉄矢)に、情報を流さないことについて抗議していると、部下から報告が入った。

違法薬物「ゼブラ」で4人目の被害者が出たという報告だった。川玲子はガンテツからの情報入手を諦め、事件現場へ向かう。

一方、勝俣健作(武田鉄矢)の元に、白桜会が片桐興業へ抗争をしかけた、との連絡が入る。勝俣健作は白桜会を摘発するため、部下に「カチコミをかけるぞ」と指示した。

その後、事件現場で被害者を調べていた姫川玲子(竹内結子)の元に、勝俣班の朝倉圭吾(戸田昌宏)が暴力団の抗争に巻き込まれて殉職した、との知らせが入った。

ある日、朝倉圭吾(戸田昌宏)の葬儀が営まれるが、勝俣班は誰1人として葬儀に参列していなかった。

葬儀が終わって姫川玲子(竹内結子)が警視庁へ戻ると、勝俣健作(武田鉄矢)がゼブラ事件の犯人として白桜会の組員を連行してきた。

勝俣健作(武田鉄矢)によると、ゼブラ事件は姫川玲子(竹内結子)が主張する薬物テロなどではなく、片桐興業が白桜会を潰すために仕掛けた暴力団同士の抗争で、犯人も自白したということであった。

その日の夜、姫川班は居酒屋で話し合う。犯人は逮捕されたが、姫川玲子(竹内結子)にはガチャゲーで「シド」と名乗っている人物が気になっていた。被害者全員がシドと会話していたことは、偶然なのだろうか。

翌日、ゼブラ事件と暴力団抗争事件の合同捜査本部が立つ。鑑識によると、ゼブラ事件で見つかったゼブラのカプセルには牛乳が含まれており、片桐興業がばらまいたゼブラとは別物だった。

ガンテツ(武田鉄矢)が逮捕した暴力団組員も、ゼブラ事件については容疑を否認しており、ゼブラ事件の捜査を再開することになった。

ストロベリーナイト第3話のあらすじとネタバレの後半」へ続く。

コメント

スポンサーサイトストロベリーナイト第3話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。