スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ストリベリーナイトの第4話のあらすじとネタバレ

竹内結子が出演するフジテレビの刑事ドラマ「ストロベリーナイト」の第4話「過ぎた正義」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第3話のあらすじは「ストロベリーナイト第3話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。原作や主題歌は「ストロベリーナイトの原作と主題歌」をご覧ください。

ある日、姫川玲子(竹内結子)は刑務所を訪れ、囚人の倉田英樹(石黒英雄)に面会を求めたが、面会を拒否されてしまった。

刑務官に父親のことを尋ねると、刑務官は、倉田英樹(石黒英雄)が刑務所に収監されて2年になるが、父親の倉田修二(杉本哲太)は1度も面会に訪れていないことを教えた。

刑務所を出た姫川玲子(竹内結子)は、ようやく、倉田修二(杉本哲太)と出会う。姫川玲子は倉田修二に、「3つの殺人事件について、貴方のご意見を伺いたい」と意見を求めた。

発端は3ヶ月前のことだった。ある日、姫川玲子(竹内結子)は、監察医の國奥定之助(津川雅彦)から報告書を受けた。

心神喪失や少年法に守られたロリコン事件の犯人2人が、立て続けに交通事故と薬物中毒とで死んでいた。所轄は事故死と処理していたが、監察医の國奥定之助(津川雅彦)は「天罰にしては都合が良すぎる」と疑っていた。

そのようななか、1件の強盗殺人事件が発生する。捜査を開始した姫川玲子(竹内結子)は、防犯カメラの映像から犯人を特定し、少年3人を逮捕した。

事件が解決すると、姫川玲子(竹内結子)は國奥定之助(津川雅彦)の報告書が気にかかり、事故死した2人を調査を姫川班に指示した。

ある日の夜、居酒屋に集まった姫川班は、聞き込みの結果を報告し合う。

薬物中毒で死亡した大場は、出所後に女子小学生を暴行しようとしていたことが判明した。大場は、大量の覚醒剤を窃取して死亡しており、事件か事故かは判断が難しい事件だった。

一方、交通事故で死亡した東は、事件前に図書館で、精神疾患に関する本を読みあさっていたことが判明した。東は精神病を装っていた。裁判でこの事実が明らかになっていれば、精神鑑定で心神耗弱と判断されなかった可能性がある。

報告を受けた姫川玲子(竹内結子)は菊田和男(西島秀俊)らに、「犯した罪より、刑罰が軽かった犯人を洗い出してみて。天罰を受けた者が居るかもしれない」と指示した。

ある日の朝、出勤した姫川玲子(竹内結子)は菊田和男(西島秀俊)から報告を受ける。軽い刑罰で出所したロリコン事件の犯人・安井五郎が自宅マンションの屋上から飛び降りて自殺したと言うことだった。天罰が再び下った。

安井五郎は出所後、暴力団に入っており、自殺するような男では無かった。姫川玲子(竹内結子)は「安井が自殺するはずがない。犯人が同一犯なら、必ず接点があるはずよ」と言い、調査を指示した。

死んだ3人の共通点は見つからず、調査は難航していたとき、捜査資料を見ていた姫川玲子(竹内結子)が3人の共通点に気付いた。3人はいずれも、刑事の倉田修二(杉本哲太)に逮捕されていた。

捜査資料にはガンテツこと勝俣健作(武田鉄矢)の名前もある。勝俣健作は倉田修二(杉本哲太)と一緒に捜査していたことがあるのか。

姫川玲子(竹内結子)はパソコンで倉田修二(杉本哲太)の記録にアクセスするが、何故かアクセス出来ない。

葉山則之(小出恵介)は「そういう時は所轄からアクセスするんですよ」と言い、パソコンを操作すると、倉田修二(杉本哲太)の記録にはロックがかかっていることが判明した。

そこへ、上司の今泉春男(高嶋政宏)が来て、姫川玲子(竹内結子)を呼び出した。2人が喫煙室に入ると、今泉春男は「所轄が事故と判断した件を再調査してるらしいな。問い合わせがあったぞ」と警告する。

姫川玲子(竹内結子)は倉田修二(杉本哲太)のデータがロックされている理由を尋ねるが、今泉春男(高嶋政宏)は「知らん。成績を上げたいのは分るが、次の事件に向けて待機していろ」と命じて立ち去った。

ストリベリーナイトの第4話のあらすじとネタバレの後半」へ続く。

コメント

スポンサーサイトストリベリーナイトの第4話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。