スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


有馬三恵(鈴木杏)が死去

岡田将生が出演するテレビ朝日の子宮動脈塞栓術ドラマ「聖なる怪物たち」の第5話「緊急オペの真実!医療ミスか殺人か」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「聖なる怪物たち-第5話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

翌日、日向敏雄(長谷川博己)が大久保記念病院を訪れ、生まれた赤ちゃんを引き取っていく。

司馬健吾(岡田将生)は日向敏雄に有馬三恵(鈴木杏)が死去を助けられなかったことを謝罪しようとすると、春日井優佳(中谷美紀)は「ご家族は手術を納得してくださいました。全力を尽くしてくれてありがとう、と仰ってました」と言い、止める。

しかし、司馬健吾(岡田将生)は春日井優佳(中谷美紀)の制止を振り切り、日向敏雄(長谷川博己)を追いかけるが、日向敏雄が乗った車は走り去ってしまった。司馬健吾は車に頭を深く下げた。

その後、急患が入り、司馬健吾(岡田将生)は手術室に入るが、司馬健吾は妊婦・有馬三恵(鈴木杏)が死去を助けられなかったことに責任を感じ、メスを握ると手が震えてしまう。司馬健吾は思わず手術室を飛び出した。

司馬健吾(岡田将生)が病院の屋上で黄昏れていると、入院患者の糸川要次郎(渡辺いっけい)が声を掛けてきた。糸川要次郎は約束通り、胃の検査を受けたことを報告する。

糸川要次郎(渡辺いっけい)は落ち込んでいる司馬健吾(岡田将生)に、「俺に何か会った時は、先生が執刀してくれるんだろ」と問うが、司馬健吾の顔は暗い。

糸川要次郎は「しっかりしてくれよ。あの患者が死んだのは、あんたのせいじゃない」と告げた。司馬健吾は理由を訊こうとするが、平井瑶子(大政絢)が現れ、検温の時間だと言い、糸川要次郎を連れて行ってしまう。

そのころ、日向敏雄(長谷川博己)は聖応育英会の理事会で、教育方針の会議をしていた。そこへ、秘書がやってきて、日向敏雄に「病院から連絡がありました」と報告する。

日向敏雄(長谷川博己)は出席している理事に、「今日の会議は中止してください。妻が病院に運ばれました。急に産気づいたようです」と言い、会議室を出た。

一方、司馬健吾(岡田将生)は院長室を訪れ、大久保志郎(小日向文世)に「妊婦が死んだ理由を知りたいんです」と言い、有馬三恵の資料を求めた。大久保志郎は仕方なく、有馬三恵の資料を渡す。

しかし、有馬三恵(鈴木杏)の資料には死んだ理由は書いていなかった。司馬健吾(岡田将生)は大久保志郎(小日向文世)に、有馬三恵の様態が急変した理由を尋ねる。

大久保志郎(小日向文世)は「君の手術は完璧だった。教科書通りなら、出血は止まるはずだった。でも止まらなかった。ベテランの医師なら、途中で子宮動脈塞栓術に変えていたでしょう」と教えた。

司馬健吾が「ご家族はそのことを」と訊くと、大久保志郎は「いいえ。病院は出来る限りのことをした。言う必要は無い。それとも、貴方は問題を大きくして、この病院を潰す気ですか?悔やむなら経験を積みなさい」と答え、仕事へ戻るように命じた。

他方、春日井優佳(中谷美紀)は死んだ有馬三恵(鈴木杏)の火葬に立ち会う。日向圭子(加藤あい)は村澤産婦人科クリニックで、念願の赤ちゃんを抱き、赤ちゃんに「喜(けい)」と名付けた。

ある日、森宮希実代(森脇英理子)は聖応育英会のロビーで、男に声を掛けられた。男は「こちらで働いていた有馬三恵(鈴木杏)を探してます」と尋ねる。

一方、司馬健吾(岡田将生)は事務室で、死亡した妊婦の家族の住所を聞き、その住所を探し歩くが見つからず、交番で道を尋ねた。

しかし、警官に「そんな住所は存在しないですね」と言われてしまうのであった。

第5話の感想は「聖なる怪物たち-第5話の感想と視聴率」をご覧ください。第6話のあらすじは「聖なる怪物たち-第6話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「聖なる怪物」の原作と主題歌は、『「聖なる怪物たち」の原作と主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト有馬三恵(鈴木杏)が死去へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。