スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ストロベリーナイト・悪しき実のあらすじとネタバレ

宇梶剛士が出演するフジテレビの死後硬直ドラマ「ストロベリーナイト」の第7話「悪しき実」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「ストロベリーナイト・第7話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

他方、聞き込みをしていた石倉保(宇梶剛士)は、一緒に住んでいた女性の勤務先を見つけ、姫川玲子(竹内結子)に報告する。

岸谷清次が一緒に住んでいた女性は、スナック「楓」で働いている春川美津代(木村多江)と判明した。スナックのママが携帯電話で春川美津代を撮影しており、画像も入手できた。

スナックのママによると、春川美津代(木村多江)は死体発見の前日はスナックに出勤していたが、10時30分ごろに電話が有り、直ぐに早退していたということだった。

タクシーを飛ばせば岸谷清次の自宅まで15分ほどで着く。死亡推定時刻の11時には十分間に合う。春川美津代(木村多江)のアリバイは成立しない。

翌朝、菊田和男(西島秀俊)が出勤すると、姫川玲子(竹内結子)が机で寝ていた。どうやら、徹夜していたらしい。

姫川玲子が起きると、菊田和男は日下守(遠藤憲一)が調べている神部組長殺人事件に動きがあったことを報告する。

別の所轄で新たな殺人事件が起きていた。殺されたのは高見組の組長・鷹見幸彦(清水哲也)だった。

これで公園で起きた神部組長殺人事件は、高見組が神部組の神部組長を殺し、その仕返しに神部組が高見組の高見組長を殺害した、という見方が多強まっていた。

井岡博満(生瀬勝久)は日下守(遠藤憲一)に「新たに殺人事件が起きたので、捜査会議に出た方が良いのでは」と促すが、日下守は「必用無い」と言い、足を使っての捜査を続けた。

その後、神部組の神部組長が殺された事件と、高見組の高見組長が殺された事件とが合同捜査になる。しかし、日下守(遠藤憲一)は捜査会議には出ず、足を使っての捜査を続けた。

一方、姫川玲子(竹内結子)は岸谷清次の部屋で見つけた木片を科学研究室へ持ち込み、鑑定を依頼した。

その後、姫川玲子(竹内結子)は私書箱サービス会社を訪れる。岸谷清次の部屋で見つけた鍵は、私書箱の鍵だった。岸谷清次は週に何度も私書箱を開けに来ていることも判明していた。

姫川玲子(竹内結子)が鍵を使って私書箱を開けると、中から写真が出てきた。写真は全部で33枚有り、計11人の人物が写っていた。この中に射殺された神部組長や高見組長の写真もあった。

ただ、春川美津代(木村多江)の写真1枚だけが、他の写真とは別に、封筒に入れられていた。

一方、神部組長(松本元)と鷹見組長(清水哲也)の合同捜査会議が始まった。新たに殺された鷹見組長は銃撃され、そのまま海に転落して死亡した可能性が大きい。

高見組長(清水哲也)の殺害に使用された拳銃はグロック17で、神部組長(松本元)の殺害に使用された拳銃と一致しており、同じ犯人による犯行の可能性が大きくなっていた。

すると、日下守(遠藤憲一)は、「殺された神部組の神部組長が高見組の高見組長と高級クラブで頻繁に密会していたという事実を掴みました。かなり親密な関係だったようです」と報告した。

今泉春男(高嶋政宏)が「お前はどう見る」と尋ねると、日下守(遠藤憲一)は「現段階ではわかりません。ただ、暴力団同士の抗争という予断によりかかり、捜査を進めるのは危険としか言いようがありません」と答えたのであった。

第8話のあらすじは「ストロベリーナイト・第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。ストリベリーナイトの原作や主題歌は、「ストロベリーナイトの原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイトストロベリーナイト・悪しき実のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。