スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後から二番目の恋-第8話のあらすじとネタバレ

坂口憲二が出演するフジテレビの古民家ドラマ「最後から二番目の恋」の第8話「大人のキスは切なくて笑える」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第7話のあらすじは「最後から二番目の恋-第7話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。挿入歌や主題歌は『「最後から二番目の恋」の挿入歌や主題歌』をご覧ください。

デートしていた吉野千明(小泉今日子)と長倉真平(坂口憲二)の2人は、喫茶店に入り、お茶を飲んでいた。

長倉真平(坂口憲二)はおもむろにキスをすると、吉野千明(小泉今日子)は「前世はイタリア人じゃないの?」と言い、照れを隠しした。

長倉真平(坂口憲二)が「千明はどんな男の人に恋をしてきたわけ?」と尋ねるが、吉野千明(小泉今日子)は「それを語るには、場所とか飲み物が似合わないわ」と答えた。

一方、デートしていた長倉和平(中井貴一)と大橋知美(佐津川愛美)の2人は洋服屋へ入る。長倉和平は店員に、父親と間違われてしまった。

長倉和平は、大橋知美に薦められて、若者が着るような服を試着する。長倉和平が試着した服を着て試着室を出ると、店員に「凄くお似合いですよ。彼氏さん」と褒められた。

大橋知美(佐津川愛美)は試着した服を購入し、長倉和平(中井貴一)が今まで着ていた服を袋の中へ入れる。

洋服屋を出て歩く長倉和平(中井貴一)は、大橋知美(佐津川愛美)に「変な気を遣わなくて良いよ。店員に頼んだだろ。お父さんと呼ばれたくらいじゃ落ち込まないよ」と話す。

大橋知美(佐津川愛美)は「私、返してきます」と言うが、長倉和平(中井貴一)は「服は凄く気に入っているんだ」と答えた。

大橋知美(佐津川愛美)は喜んで、写メを撮ろうと言い出し、長倉和平(中井貴一)にキスをした瞬間を写メに収めた。

大橋知美はその写メを母親の大橋秀子(美保純)に送ると言いだした。長倉和平は大橋親子の関係に困惑した。

その後、海の見える公園に移動すると、大橋知美(佐津川愛美)は不思議な親子関係について話し始めた。

大橋知美(佐津川愛美)の父親は、会社を倒産させて借金を作った。そして、体を崩して死んだ。母親の大橋秀子(美保純)は栄養士に資格を取り、借金を返しながら育ててくれた。

だから、大橋知美(佐津川愛美)は倒産の無い市役所に就職した。そして、親子2人で生活していたから、何でも話し合おうと決めていたた。だから、大橋知美は今でも何でも母親に話さないと落ち着かないということだった。

一方、海岸へ移動した吉野千明(小泉今日子)がタバコを吸おうとすると、長倉真平(坂口憲二)が禁煙であることを教えられ、タバコを箱の中に戻した。

その後、吉野千明(小泉今日子)が海岸で桜貝を見つけると、長倉真平に「お兄さんが桜貝を集めてたわよね」と尋ねた。長倉真平は「うん。姉さんが死んでからだから、もう8年になる」と教えた。

翌朝、長倉和平(中井貴一)が海岸で桜貝を拾っていると、コンビニ帰りの吉野千明(小泉今日子)に声を掛けられた。

吉野千明(小泉今日子)はコンビニで禁煙パイプを買っており、長倉真平(坂口憲二)の為に禁煙すると宣言するが、長倉和平(中井貴一)はどうせ禁煙は1日も持たないと言い、レストランでの食事を賭けることになった。

そして、吉野千明が「真平君(坂口憲二)から聞きました。奥様が集めてたんですね、桜貝」と尋ねると、長倉和平は「何か理由があったらしいんですが、言わないまま亡くなりました。だから、集めても、仕方ないんですけどね」と答えた。

一方、自室で寝ていた長倉真璃子(内田有紀)は、吉野千明(小泉今日子)とキスする夢を観て、飛び起きた。長倉真璃子は「これが恋なのでしょうか」と、戸惑った。

その日、長倉和平(中井貴一)が神社で観光案内のプレートを取り付けていると、一条(織本順吉)がやってきた。一条が尋ねると、長倉和平は世界遺産登録に向けた準備だと教えた。

すると、一条(織本順吉)が「パツキンもくるのかね」と喜ぶ。そして、長倉和平(中井貴一)に「またキャバクラ行こうね。楽しかったよ」と言い、帰って行った。

長倉和平(中井貴一)は「たまには外で食べるか」と言い、大橋知美(佐津川愛美)らを連れてファミリーレストランに入ると、水谷典子(飯島直子)がアロハシャツを着て店員をしていた。

長倉和平(中井貴一)が「何やってるんだ」と驚くと、水谷典子(飯島直子)は「いつまでもプラプラしてられない。千明(小泉今日子)に家賃を入れろって言われてるし」と答えた。

大橋知美(佐津川愛美)は水谷典子(飯島直子)に、「お姉さん、聞いてくださいよ」と言い、長倉和平(中井貴一)のキャバクラ通いを相談した。

しかし、意外なことに水谷典子(飯島直子)は「キャバクラくらい行くでしょう」と、あっけらかんと答えた。

ほっとする長倉和平(中井貴一)だったが、鋭い視線に気付いて驚く。娘の長倉えりな(白本彩奈)が刺すような目で、長倉和平を睨んでいたのだった。キャバクラの話しを聞かれたようだ。

水谷典子(飯島直子)によると、長倉えりな(白本彩奈)は彼氏と一緒に来ているということだった。

最後から二番目の恋-第8話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト最後から二番目の恋-第8話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。