スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ストロベリーナイトの第10話のあらすじとネタバレ

石黒賢が出演するフジテレビの刑事ドラマ「ストロベリーナイト」の第10話「ソウルケイジ(中編)」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第9話のあらすじは「ストロベリーナイト・第9話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。ストリベリーナイトの原作や主題歌は、「ストロベリーナイトの原作と主題歌」をご覧ください。

幼なじみの証言により、高岡賢一(石黒賢)は本当の高岡賢一ではないと判明した。

捜査本部に戻った姫川玲子(竹内結子)は、本当の高岡賢一は13年前に中林建設の地上げに遭っており、中林建設の保険金詐欺事件とつながっている、と持論を展開した。

会議の結果、姫川玲子(竹内結子)は13年前より以前の高岡賢一を調べ、日下守(遠藤憲一)は13年前から現在までの高岡賢一を調べることになった。

さらに、姫川玲子(竹内結子)は、中川美智子(蓮佛美沙子)の父親は死後、保険金で借金を返していたことを報告した。

日下守(遠藤憲一)は「よし、それは保険金詐欺として調べる」と引き受けようとするが、姫川玲子(竹内結子)は「女性は女性同士、そう仰ったのは日下主任ですよね」と言い、姫川玲子が捜査を譲らなかった。

地上げを受けた近隣住人から話を聞いた姫川玲子(竹内結子)は、考える。高岡賢一はどうして土地を中林建設に売ったのだろうか。

その日の夜、捜査会議で、日下守(遠藤憲一)が報告する。木下興業で保険を担当しているのは、中林興業から出向している戸部真樹夫(池田鉄洋)だった。

戸部真樹夫は母親の姓を名乗っているが、父親は田島組の初代組長だった。一連の保険金詐欺の主犯格は、戸部真樹夫(池田鉄洋)の可能性が大きい。

姫川玲子(竹内結子)も、13年前の地上げの中心的人物が、中林ハウジングで働いていた戸部真樹夫(池田鉄洋)で、戸部真樹夫はその後、中林建設へ移っていることを報告する。そして、持論を展開した。

高岡家の土地を相続するのは高岡賢一だけだった。高岡賢一が死ねば、土地は国に接収され、競売にかけられる。そうすると、中林建設は土地を簡単には手に入れられなくなる。幼なじみによると、高岡賢一はそれを認識していた。

高岡賢一は最後の手段として自殺した。しかし、中林建設は高岡賢一の自殺を発見し、秘密裏に始末した。そして、中林建設は死んだ高岡賢一の代わりに、高岡賢一(石黒賢)を用意し、相続の書類にサインさせ、土地を手に入れた、のではないか。

日下守(遠藤憲一)は「客観的な証拠を言ってみろ」と指摘するが、姫川玲子(竹内結子)は「それは、これからです」としか答えられず、口をつぐんだ。

捜査会議は続く。日下班は着々と捜査を進めており、捜査の結果を報告する。しかし、姫川班は捜査は進展しておらず、大したことは報告できなかった。

捜査会議が終わると、菊田和男(西島秀俊)は姫川玲子(竹内結子)を居酒屋に誘った。

菊田和男(西島秀俊)は、三島耕介(濱田岳)と中川美智子(蓮佛美沙子)のデートに違和があることを相談する。姫川玲子も、三島耕介は中川美智子を守っているのではないか、と同意する。

翌日、姫川玲子(竹内結子)は中川美智子(蓮佛美沙子)に会い、戸部真樹夫(池田鉄洋)について尋ねる。中川美智子は「保険の書類のことで話しただけです」と答え、立ち去ろうとする。

異変に気づいた姫川玲子(竹内結子)は「今何か困ってることはない?」と尋ねるが、中川美智子(蓮佛美沙子)は「ありません」と答えて立ち去った。

その後、姫川玲子(竹内結子)の聞き込みにより、高岡賢一(石黒賢)は戸部真樹夫(池田鉄洋)の口利きで中林建設に入ったことが明らかとなる。

ストロベリーナイトの第10話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトストロベリーナイトの第10話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

途中の「それはこれらです」というところは、「それはこれからです」ではありませんか?
私の記憶があっていれば…

もう高校生 : 2012年03月16日(金)

もう高校生さんへ
ご指摘ありがとうございます。正しくは「それはこれからです」でした。誤字を修正しました。

管理人 : 2012年03月16日(金)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。