スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ストロベリーナイトとガンテツ(武田鉄矢)の陰謀

竹内結子が出演するフジテレビの刑事ドラマ「ストロベリーナイト」の第10話「ソウルケイジ(中編)」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「ストロベリーナイトの第10話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

一方、石倉保(宇梶剛士)は、高岡賢一(石黒賢)にかけられていた保険金5000万円を受け取った内藤きみえを尾行する。

内藤きみえの甥・内藤雄太は13年前の交通事故で寝たきりになり、入院していた。両親は死んでおり、内藤きみえが看病していたが、最近は入院費の支払いが怠りがちになっていた。

報告を受けた姫川玲子(竹内結子)は、図書館で13年前の交通事故について調べる。新聞によると、事故はダンプカーの幅寄せが原因で事故が起こり、母親は死に、父親は重体となっていた。

姫川玲子(竹内結子)は葉山則之(小出恵介)に電話し、事故が起きた埼玉の警察へ行き、内藤和敏について調べるように指示する。

その後、菊田和男(西島秀俊)の調べにより、戸部真樹夫(池田鉄洋)が肉体関係を持った女性外交員を脅迫して書類を改ざんさせていたことが判明した。

さらに、三島耕介(濱田岳)が三島建設に戸部真樹夫(池田鉄洋)を尋ねていたことも判明する。

菊田和男(西島秀俊)は姫川玲子(竹内結子)に報告し、「三島は戸部と面識があったのでしょうか」と問うと、姫川玲子は「そのことは、まだ伏せておいて」と命じた。

その日の捜査会議で、葉山則之(小出恵介)が13年前に交通事故を起こした内藤和敏について報告する。

内藤和敏は事故の2ヶ月後に退院したが、その翌月、詫び状を残して自殺した。自殺したのは中林建設の建設現場だった。そして、姉の内藤きみえが、内藤和敏の死亡保険金3000万円を受け取っていた。

橋爪俊介(渡辺いっけい)は「どういう関係があるんだ」と問うと、姫川玲子は「戸部が自殺した高岡賢一を内藤和敏として処理し、内藤和敏を高岡賢一に仕立て上げた。内藤和敏の死亡保険金は、寝たきりになった内藤雄太の入院費に充てられた」という持論を展開した。

しかし、姫川玲子(竹内結子)の説を裏付ける根拠はなく、橋爪俊介(渡辺いっけい)は「推測に何の証拠能力もないことは分かってるよな。だからお嬢ちゃんはダメなんだ」と罵倒する。

翌日、捜査会議の前に、ガンテツこと勝俣健作(武田鉄矢)が乗り込んできた。

勝俣健作は日下守(遠藤憲一)に「人のヤマを潰す気か。お前が田島組の周りをチョロチョロするから、殺人犯を差し出す約束を反故にされたじゃねーか。こっちは3人死んでるんだぞ」と、まくし立てる。

日下守(遠藤憲一)は「裏取引でしか森恭一郎を逮捕できないようなら、焼きが回りましたね」と告げると、勝俣健作(武田鉄矢)は「森だと?俺がそんな小魚を狙ってると思ってるのか。田島組から手を引け」と答えて立ち去った。

捜査会議が終わると、今泉春男(高嶋政宏)は姫川玲子(竹内結子)に2人の関係を話した。

日下守(遠藤憲一)は勝俣健作(武田鉄矢)の部下だったとき、ある事件である容疑者の逮捕を強く主張した。

勝俣健作(武田鉄矢)は犯人を知っていたが、何も言わず、日下守(遠藤憲一)に容疑者を逮捕させた。しかし、それは誤認逮捕で、その後、勝俣健作は真犯人を逮捕してきた。

日下守(遠藤憲一)は誤認逮捕の責任を負わされ、失脚した。この事件が切っ掛けで、日下守(遠藤憲一)は余談を許さない完全主義になった。

勝俣健作(武田鉄矢)は才能のある日下守(遠藤憲一)を潰すつもりだったが、反対に完全無欠の捜査をする日下守を作り上げてしまったのだった。

その日、河原で死体の胴体だけが見つかった。胴体の血液型やDNAが、以前に見つかった左手首と一致したことから、胴体は死んだ高岡賢一(石黒賢)とされた。

しかし、胴体の写真を見た姫川玲子(竹内結子)は、捜査会議で「私は、とんでもない間違いをしていた。高岡賢一(石黒賢)は殺されていません。高岡賢一はこの事件の犯人です」と持論を展開したのだった。

最終回のあらすじは「「ストロベリーナイト」の最終回のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ストリベリーナイトの原作や主題歌は、「ストロベリーナイトの原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイトストロベリーナイトとガンテツ(武田鉄矢)の陰謀へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。