スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


37歳で医者になった僕-葛城すず(ミムラ)の病気と病名

ミムラが出演するフジテレビの病院ドラマ「37歳で医者になった僕・研修医純情物語」に登場する葛城すず(ミムラ)の病気や病名について。


■葛城すず(ミムラ)の病気と病名
葛城すず(ミムラ)は一流食品会社「帝光食品」に就職し、勤務先で紺野祐太(SMAPの草なぎ剛)と知り合い、交際を開始する。

葛城すず(ミムラ)は7年前、恋人の紺野祐太(SMAPの草なぎ剛)と旅行に出たが、旅行中に事故に遭い、腹部を損傷した。

このため、葛城すず(ミムラ)は肝不全になり、事故のショックで失言症になった。葛城すずは肝臓の病気であるが、具体的な病名は明らかになっていない。

■葛城すず(ミムラ)の症状
葛城すず(ミムラ)は失言症で喋れない。会話は手話や電子メールを利用する。しかし、テープの書き起こしをしたり、携帯電話の着信音もONにしているため、耳は聞こえているようだ。

■紺野祐太(SMAPの草なぎ剛)が医者を目指す動機
紺野祐太(SMAPの草なぎ剛)は7年前の事故に責任を感じており、恋人・葛城すず(ミムラ)の病気を治すため、30歳で会社を辞めて医者を志したようである。

ドラマ「37歳で医者になった僕・研修医純情物語」の原作や主題歌についての情報は「37歳で医者になった僕・研修医純情物語-原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト37歳で医者になった僕-葛城すず(ミムラ)の病気と病名へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。