スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


倉坂澪(天海祐希)の秘密

石田ゆり子が主演するフジテレビのショークワイヤ系ドラマ「カエルの王女さま」の第1話「希望の歌よ、響け!!舞い戻った伝説の女」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは『「カエルの王女さま」のあらすじとネタバレ』からの続きです。

一方、就職の面接に落ち続けていた馬場みぞれ(大島蓉子)は、また面接に落ち、母親から「お姉ちゃんは東京大学へ行って、良い会社に入って素敵な人と結婚したのに。お見合いでもしたら」と言われてしまう。

他方、倉坂澪(天海祐希)が帰宅すると、アメリカから大量の荷物が届いていた。手紙には「クビだ」と書いてあった。私はもうアメリカには戻れない…。

倉坂澪(天海祐希)はブロードウェイ女優を自負していたが、10年前に1度、代役でコーラースラインに選ばれただけだった。それ以降、10年間、何も仕事は無く、エージェントから引退を勧められていた。

そこへ舞い込んだ仕事が、恩師・森香奈絵(久野綾希子)からの依頼だった。エージェントは倉坂澪(天海祐希)が帰国したことを機会に、契約を打ち切ったのだ。

橋の上でアメリカ時代のことを思い出した倉坂澪(天海祐希)は、「ずっと、おばさんコーラスやってろってこと?」と言い、握りしめていたダンスシューズを川に投げすた。橋の下を歩いていた男性にダンスシューズが当たる。

翌日、倉坂澪(天海祐希)はシャンソンズのメンバーに「あんたたちの歌なんてカエルと同じよ。今日から毎日レッスンします。基礎練習からやりなおします」と告げた。

しかし、主婦の馬場みぞれ(大島蓉子)らは「毎日なんて無理よ」と言い、レッスンを止めてしまう。井坂忠子(石田ゆり子)も「勝手なことを言わないで」と抗議する。

すると、倉坂澪(天海祐希)はチョークで床に線を引き、「コーラスラインって知ってる?コーラス隊とスターを隔てる舞台上の目に見えない境界線よ。私ならコンラインを超えるために死にものぐるいになる。貴方たちは一生、この線のそっちで足踏みしてれば良い」と言い、立ち去った。

倉坂澪(天海祐希)は館長室へ行き、森香奈絵(久野綾希子)に、「彼女たちに合ったコーチを探すべきです」と言い、辞職を申し出たが、森香奈絵は「彼女たちは大根も大事だけど、歌も大事なの」と諭した。

倉坂澪(天海祐希)は「馬鹿馬鹿しいと言って」言って館長室を出ると、歌声が聞こえてきた。レッスン室を覗くと、野々村まひる(AKB48大島優子)が1人で歌の練習をしていた。

倉坂澪(天海祐希)は「何度言ったら分かるの。悔しくないの。もっと大きな声を出した」と叱咤する。野々村まひる(大島優子)は何度か挑戦すると、大きな声が出せた。

野々村まひる(大島優子)は「もっともっと練習して上手くなります。笑われるかもしれませんが、歌が好きなんです。未来なんて分かりませんが、超えたいんです。私のコーラスラインを。教えてください」と頼んだ。

しかし、倉坂澪(天海祐希)は「アヒルはアヒル。白鳥には成れません」と答えて立ち去る。野々村まひる(大島優子)は倉坂澪の背中に、「明日、待ってます」と頼んだ。

翌日、倉坂澪(天海祐希)は荷物をまとめて街を出ようとしたが、最後に音楽堂に立ち寄る。歌が好きか…。舞台に上がった倉坂澪は1人で歌い出した。歌い終わると、倉坂澪は何かに気づいた。

一方、シャンソンズのメンバーがレッスン室に集まり、井坂忠子(石田ゆり子)の指導で練習を開始する。

野々村まひる(大島優子)は「澪コーチ(天海祐希)は?」と尋ねると、井坂忠子(石田ゆり子)は「あの人は空の上よ。この街を捨てたときのように、シャンソンズを捨てていったの」と答えた。

すると、倉坂澪(天海祐希)が柱の陰から顔を出し、「誰が捨てて行ったって?貴女方がこのまま世間に出て、私の教え子だなんて言われたら困るのよ。私の名前に傷が付く」と言った。

羽田南(福原美穂)は「あんたに教わるくらいなら、変わらなくても良い。コーラスラインなんて超えなくても、私達のやり方でやる」と詰め寄ると、倉坂澪(天海祐希)は「超えてる。ライン」と叫んだ。

羽田南(福原美穂)らは気づかないうちに、倉坂澪(天海祐希)が昨日、床に書いたコーラスラインを超えてしまっていた。

倉坂澪(天海祐希)は「ラインを超えたってことは、私のやり方で文句無いってことよね」と告げると、野々村まひる(AKB48大島優子)は「よろしくお願いします。コーチ」と頭を下げた。

倉坂澪(天海祐希)は「下手くそな貴方がたが奇跡を起こす方法は1つしかありません。ルールや習慣をぶっ飛ばし、自由に歌って踊る。皆でショークワイヤをやりましょう」と告げた。

そして、倉坂澪(天海祐希)は「そうだ、前から言おうと思ってたんだけど、シャンソンズって名前、ださい」と言ったのであった。

原作や主題歌については『「カエルの王女さま」の主題歌や原作』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト倉坂澪(天海祐希)の秘密へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。