スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドラマ「三毛猫ホームズの推理」のあらすじとネタバレ

嵐の相葉雅紀が主演する日本テレビの刑事ドラマ「三毛猫ホームズの推理」の第1話「天才化け猫&ダメ刑事VS密室殺人」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「三毛猫ホームズの推理」の原作と主題歌は、『「三毛猫ホームズの推理」の原作と主題歌』をご覧ください。

血を見ると貧血を起こしてしまうダメ刑事・片山義太郎(嵐の相葉雅紀)は何度も辞表を提出するが、いつも課長の栗原警視(石坂浩二)が「辞表を無くた」と言い、警察を辞めることができなかった。

ある日、京浜女子大学の教授・浅井信二(島津健太郎)が殺害される事件が発生した。

警視庁捜査1課の課長・栗原警視(石坂浩二)は片山義太郎(相葉雅紀)に、恵心女子大学の知り合いから頼まれたと言い、浅井信二(島津健太郎)殺人事件とは別の仕事を頼んだ。

女性恐怖症の片山義太郎(相葉雅紀)は、女子大へ行くのは無理だと断ったが、栗原警視(石坂浩二)に押し切られて、仕事を引き受ける。

片山義太郎(相葉雅紀)が恵心女子大学を訪れ、学部長の森崎智雄(大浦龍宇一)から話を聞く。依頼は「大学内で学生から積立金を巻き上げる詐欺組織の犯人が、女子寮に居るらしいの調べて欲しい」という内容だった、

片山義太郎(相葉雅紀)は詐欺組織を調べるため、女子寮を張り込むことになった。話が終わり、片山義太郎らが女子寮へ向かっていると、三毛猫が居た。片山義太郎は三毛猫を見つけて近寄る。

森崎智雄(大浦龍宇一)は「気をつけてください。その猫はホームズと言い、直ぐにかみつくので、学校では嫌われてるんです。不吉なことが起こるという噂もあります」と忠告する。

片山義太郎(相葉雅紀)がホームズを抱え上げるが、大人しかった。暴れないホームズを見て驚いた森崎智雄(大浦龍宇一)は、「良かったら、引き取って頂いても」と勧めた。

片山義太郎(相葉雅紀)は「家族に許可を取らないと」と答えて、再び女子寮を目指して歩いていると、校内の工事現場で2人が何やらもめていた。

恵心女子大学の管理人・小峰哲三(斉藤暁)が、工事現場の主任・今井広三(小須田康人)に、「クレーンを操縦させろ」と迫っていたのだった。

しかし、小峰哲三は学部長・森崎智雄(大浦龍宇一)の顔を見ると、そそくさと立ち去った。

森崎智雄(大浦龍宇一)によると、小峰哲三(斉藤暁)は元クレーン運転手だったが、事故を起こしたため、今は恵心女子大学の管理人をしているということであった。

森崎智雄(大浦龍宇一)は女子寮の近くまで来ると、「あれが女子寮です。こちらのコンテナカフェで見張ってください」と頼んで立ち去った。

その日の夜、片山義太郎(嵐の相葉雅紀)がコンテナカフェで張り込んでいると、校内の片隅で火事が起きた。片山義太郎は消化器を手に取り、消火活動にあたる。

無事に鎮火すると、学生会長の吉塚雪子(ベッキー)が「そのままでは帰れないでしょ。着替えを貸します」と片山義太郎(相葉雅紀)に声をかけ、部屋に招いた。

吉塚雪子(ベッキー)が火を消し止めた片山義太郎(相葉雅紀)を「凄いですね」と褒めると、片山義太郎は「僕なんて刑事に向いてないです。料理の方が得意なんです」と答えた。

吉塚雪子は「お弁当、得意なんですか?食べてみたいな」と頼むと、片山義太郎(相葉雅紀)は「じゃーいつか作ってきますね」と答えて、部屋をで帰宅した。

翌日、片山義太郎(相葉雅紀)が出勤すると、先輩の根本刑事(尾美としのり)が「お前、昨日は何やってたんだ。森崎智雄(大浦龍宇一)が殺された」と怒鳴り込んできた。

学部長の森崎智雄(大浦龍宇一)は、片山義太郎(相葉雅紀)が張り込みをしていたコンテナカフェの中で殺されていた。コンテナカフェは内側から施錠されており、密室になっていた。

第1発見者は工事現場長の今井広三(小須田康人)だった。今井広三は「朝、コンテナカフェを覗いたら、中で倒れていたため、警備員を呼んだ」と証言した。

片山義太郎(相葉雅紀)は上司から「お前が持ち場を離れたときに、誰かが森崎教授(大浦龍宇一)を殺したと言うことだよな」と責められてしまう。吉塚雪子(ベッキー)も森崎教授の死を悲しんでいた。

落ち込んだ片山義太郎(相葉雅紀)が大学の校内に居たホームズ(シュシュ)に悩みを打ち明けると、三毛猫の化身(マツコデラックス)が現れ、「自分に何ができるか考えなさい」と怒って消えた。

今のは誰?片山義太郎(相葉雅紀)はその日、ホームズ(シュシュ)を引き取り、自宅へ連れて帰った。

片山義太郎(相葉雅紀)は弁当箱を洗い物をしていると、「僕にも出来ることがある」と気づき、翌日、約束した弁当を作り、吉塚雪子(ベッキー)に届けた。

吉塚雪子(ベッキー)は「美味しい」と言いながら弁当を食べ、殺された学部長・森崎智雄(大浦龍宇一)と交際していたことを明かし、「見せたい物があります」と言い、殺人予告の脅迫状を渡した。

さらに、吉塚雪子(ベッキー)は「森崎教授は新校舎建設を巡る汚職を暴くと言い、資料も作っていました」と話した。

その日、片山義太郎(相葉雅紀)が帰宅すると、兄の片山ヒロシ(藤木直人)が、片山義太郎に手柄を立てさせるため、捜査会議を開いた。とりあえず、明日、事件現場を見に行くということに決まる。

翌日、兄・片山ヒロシ(藤木直人)と妹・片山晴美(大政絢)の2人が、事件現場となったコンテナカフェを訪れる。

片山ヒロシ(藤木直人)は、弟の富田和生(大鶴義丹)がコンテナ内を密室にして死んだふりをし、警備員が警察を呼びに行っている間に、森崎智雄(大浦龍宇一)の死体と入れ替わったのではないか、と推理した。

富田和生(大鶴義丹)は、殺された森崎智雄(大浦龍宇一)の兄弟でそっくりだった。しかも、富田和生には新校舎建設を巡る汚職の疑惑があった。

兄・片山ヒロシ(藤木直人)の推理により、富田和生(大鶴義丹)が実行犯で、第1発見者の今井広三(小須田康人)が共犯という線で容疑が固まる。

「三毛猫ホームズの推理」のあらすじとネタバレの後編』へ続く。

コメント

スポンサーサイトドラマ「三毛猫ホームズの推理」のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

この、お話ではありませんが、「三毛猫ホームズの推理 第6話」を初めて拝見させてもらいました。
CМでは、よく見ていたものの、なかなか見られず・・・。
とても面白い、ドラマだと思いました。
♪嵐ファン♪の皆さんは、このドラマを一度も見逃したことがないと思います。
私の、お友達は、とっても♪嵐ファン♪のお方がたくさんいまして、もうダメだと思うくらい嵐が、大好きでビックリしますよ。
学校に行けば、いつでも、どこでも嵐のお話でございます。
私は、あまり嵐には興味がないと言いますか・・・。
嵐ファンの皆様、どうもすみません(涙)
でも、私、今、ハマっているドラマがございまして、嵐の大野 智さんがやっております「鍵のかかった部屋」にハマっています。
すみません、このドラマは今日が初めて見るのに「鍵のかかった部屋」は、毎週、毎週、見てしまって・・・。(ペコリ)
これからも、「鍵のかかって部屋」も見ますが、「三毛猫ホームズの推理」も、見ていいですか?
嵐ファンの、皆様、許してくれますか?
タイムスリップは後、1週間後になります。
その間に、この「コメント」を、見た方は、どうぞこの返しを、お返しください。
よろしく、お願いします。 ♪終わり♪
             OWARI

優羅亜(ゆらあ) : 2012年05月19日(土)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。