スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「鍵のかかった部屋」のあらすじとネタバレ

嵐の大野智が出演するフジテレビの密室ドラマ「鍵のかかった部屋」の第1話「佇む男」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「鍵のかかった部屋」の原作と主題歌については、『「鍵のかかった部屋」の原作と主題歌』をご覧ください。

ある日、芹沢法律事務所で働くことになった弁護士の青砥純子(戸田恵梨香)は初出勤すると、急用で出て行こうとしている弁護士・芹沢豪(佐藤浩市)から仕事を任される。いきなり1人での仕事だった。

青砥純子(戸田恵梨香)がクライアントの円山社長(浜田晃)に会い話を聞く。円山社長(浜田晃)によると、先日、新日本葬礼社の大石社長が死亡したが、不審な点があるということだった。

新日本葬礼社から仕事を引き受けていた司法書士の日下部雅友(堀部圭亮)が、後を継いで説明する。

新日本葬礼社の大石社長は唯一の親族である専務の端誠一(風間杜夫)に会社を相続させる公正証書を作成していたのだが、端誠一の横領が発覚したため、公正証書を書き換えようとしていた。しかし、先日、死んだ大石社長が残した遺書は、端誠一に会社を相続させる内容になっていた。

部屋が密室状態だったため、警察は事故として処理したが、書き換えようとしていた内容の遺言状はおかしい。だから、弁護士の芹沢豪(佐藤浩市)に調査して欲しい、というのがクライアント円山社長(浜田晃)の依頼だった。

青砥純子(戸田恵梨香)は依頼を引き受け、別件で仕事していた芹沢豪(佐藤浩市)に報告するが、芹沢豪は「馬鹿野郎、そんな金にならないことを引き受けてくるな」と激怒し、仕事を始めるため、銀行の金庫へ入る。

芹沢豪(佐藤浩市)は頭取と一緒に銀行の金庫の中で資産査定の仕事をしていると、金庫の外で待っていた青砥純子(戸田恵梨香)がボタンを押してしまい、金庫の扉が閉じてしまった。

銀行の金庫は次の営業開始時間まで開かないシステムになっていた。今日は金曜日だから、月曜日まで金庫は開かない。絶望的な状況だった。

緊急時用のダイヤルを揃えれば、解錠することはできるが、ダイヤルの番号を知っている頭取は、金庫の中に閉じ込められていた。

もはや金庫を開ける方法は無く、銀行の社員も諦めていた。そのようななか、1人の男が訪れる。男は、東京総合セキュリティの榎本径(嵐の大野智)と名乗った。

社員は「絶対に開かないシステムだ」と追い払おうとするが、榎本径(嵐の大野智)はそそくさとダイヤルの前に座ると、指先とパソコンを駆使して、わずか10数分で金庫の扉を開けてしまった。

金庫から出てきた芹沢豪(佐藤浩市)は「クライアントには、自殺だったと報告しておけ」と言い、急いで次の仕事へと向かおうとする。しかし、青砥純子(戸田恵梨香)が食い下がる。

芹沢豪(佐藤浩市)は「警察が無理だった物を、どうやって証明するんだ」と呆れると、青砥純子(戸田恵梨香)は「密室だから、自殺として処理されたんですよね。密室の謎が解ければ良いんじゃ無いですか」と答える。

ちょうど、帰り支度をしている榎本径(嵐の大野智)の姿が目飛び込んできた。青砥純子(戸田恵梨香)は事情を説明し、「密室の謎も解けますか」と尋ねると、榎本径は「他殺なら解ける」と答えたのであった。

こうして、榎本径(嵐の大野智)は青砥純子(戸田恵梨香)らに連れられて、新日本葬礼社の大石社長が自殺したという山荘へ向かうことになった。

第1発見者の1人である司法書士の日下部雅友(堀部圭亮)によると、当時、山荘は玄関の鍵がかかっており、窓を割って室内に入ったが、既に大石社長は死んでいた。

ドアの内側には画鋲で白幕が張られており、大石社長はドアにもたれかかるように座って死んでいた。さらに、大石社長の前にはテーブルがあった。ドアは内開きなのでドアを開けることは不可能だった。

榎本径(嵐の大野智)は1人で室内を隅々まで調べている。日下部雅友(堀部圭亮)から当時の状況を聞いていた芹沢豪(佐藤浩市)は「聞けば聞くほど自殺としか思えない」と適当な事を言い、帰ってしまう。

後日、榎本径(嵐の大野智)から呼び出され、青砥純子(戸田恵梨香)らは東京総合セキュリティへ向かう。榎本径のは、地下にある備品管理室で鍵をいじっていた。ここが榎本径の職場らしい。

榎本径(嵐の大野智)は密室の状況を説明するが、密室の謎は解けていなかった。青砥純子(戸田恵梨香)が「これまでとは違う次元の発想が必要なのかもしれませんね」とつぶやく。

しかし、芹沢豪(佐藤浩市)は「時間の無駄だ。俺はこんなちっぽけな事件に関わっている暇は無い」と言い、クライアントへの報告を命じるが、青砥純子(戸田恵梨香)は頼み込み、1日だけ時間をもらった。

鍵のかかった部屋のあらすじとネタバレ後編』へ続く。

コメント

スポンサーサイト「鍵のかかった部屋」のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。