スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ATARU(アタル)第2話のあらすじとネタバレ

SMAPの中居正広が出演するTBSのサヴァン症候群ドラマ「ATARU(アタル)」の第2話「証拠ゼロの殺人!完全犯罪を突き崩せ」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第1話のあらすじは「ATARU(アタル)のあらすじとネタバレ」をご覧ください。原作と主題歌は、「ATARU(アタル)の原作や主題歌」をご覧ください。

蛯名舞子(栗山千明)の父親が経営するアパートで暮らすことになったチョコザイ(アタル=中居正広)は、「花がありません」と言い出し、花屋を訪れた。

ちょうど、花屋では男性が真っ赤なバラを購入していたが、男性は急に苦しみだして倒れた。男性は「青いバラ」と言い残して絶命した。

チョコザイ(中居正広)は、床の嘔吐物を見て「mission accepted(捜査を始めます)」とつぶやいた。

死亡した男性は早乙女隆(神尾佑)。検死官によると、死因は心臓発作による突然死だった。野崎蓮生(千原せいじ)は「捨て山ですね」と言い、駆けつけた警察は引き上げていく。

その後、沢俊一(北村一輝)はアタル(中居正広)を住まわせているマンションを訪れ、蛯名舞子(栗山千明)に「病死として処理された」と報告する。

チョコザイ(中居正広)は、沢俊一(北村一輝)が持っていた早乙女隆(神尾佑)の写真のネクタイを指さし、「これ、違います」とつぶやいた。

その後、花屋を訪れたチョコザイ(中居正広)は、床に落ちている嘔吐物を指さし、「ガストリックベイルチ」とつぶやいた。

蛯名舞子(栗山千明)はインターネットで「ガストリックベイルチ」を検索するが、何もヒットせず、沢俊一(北村一輝)に嘔吐物を調べるように頼んだ。

その後、蛯名舞子(栗山千明)は、死亡した早乙女隆(神尾佑)の妻・早乙女信子(坂井真紀)から話を聞く。

蛯名舞子(栗山千明)は「花を女性に贈るようだったのですが」と尋ねるが、早乙女信子は「花を貰うようなことは、特にない」と答えた。

その後、蛯名舞子(栗山千明)が主治医に話を聞くと、早乙女隆(神尾佑)のは「最近、調子が悪いと言っていた。下痢が続いていた。中毒を起こしていたのかもしれない」と話した。

蛯名舞子(栗山千明)は「司法解剖してください。ダメでも、遺族を説得して行政解剖を頼みます」と言い、強引に司法解剖を引き受けさせた。

一方、沢俊一(北村一輝)は蛯名舞子(栗山千明)に、「やはり、生活安全課に報告しよう。身元が分からない以上、警察で保護するべきだ」と言い、アタル(中居正広)を警察へ渡すことにした。

翌日、解剖結果が出た。渥見怜志(田中哲司)によると、早乙女隆(神尾佑)の遺体から毒物は検出されず、病気の可能性が高いということだった。

一方、床に落ちていた嘔吐物からは、「胃液」「胆汁」「血液」が検出されていた。

アタル(中居正広)がつぶやいた「ガストリックベイルチ」は、「胃液(ガストリック・ジュース)」「胆汁(ベイル)」「血液」の事だと判明した。

一方、蛯名舞子(栗山千明)は新しい服を買うため、アタル(中居正広)を連れて服屋を訪れていた。

アタル(中居正広)は「ほのめかしています」とつぶやき、店のネクタイで蛯名舞子(栗山千明)を椅子に縛りだした。

そこで、沢俊一(北村一輝)から電話がかかってくる。沢俊一は「一流の検死官なら見ただけで判断できるらしい」と言い、蛯名舞子(栗山千明)にガストリックベイルチの意味を教えた。

電話を切ると、アタル(中居正広)は消えていた。蛯名舞子(栗山千明)は店員にネクタイをほどいてもらっていると、店員は「1つだけ、結び方が違いますね」と不思議がった。

ATARU(アタル)第2話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトATARU(アタル)第2話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

ぼくはいろんなじけんがすぐわかってしまいそうちょこざいのようにだからもしわからないじけんがあったらたよってください

ちょこざい : 2012年04月30日(月)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。