スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ATARU(アタル)のミッション・コンプリート

坂井真紀が犯人だったTBSの刑事ドラマ「ATARU(アタル)」の第2話「証拠ゼロの殺人!完全犯罪を突き崩せ」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「ATARU(アタル)第2話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

その後、蛯名舞子(栗山千明)は早乙女信子(坂井真紀)に、死亡時の写真と2年前に撮影した夫・早乙女隆(神尾佑)の写真を見せ、ネクタイの結び方が違うことについて尋ねた。

早乙女信子(坂井真紀)は「2年前の写真なんですね」と言い、怒りを露にした。早乙女信子は、早乙女隆(神尾佑)が2年前にエリアマネージャーの荘田美咲(陽月華)と不倫をしていたことを明かした。

早乙女隆(神尾佑)が「別れる」と言い、土下座して謝罪したので離婚はしていなかったが、早乙女信子(坂井真紀)は「まだ続いてたのね。花もあの女に渡すつもりだったのよ」と怒った。

蛯名舞子(栗山千明)は、不倫相手・荘田美咲(陽月華)の勤務先・紳士服店「紳士服のはるやま」を訪れ、話を聞いた。

荘田美咲(陽月華)は、2年前の5月5日に早乙女隆(神尾佑)と別れ、それ以降は仕事で月に何度か会う程度だった、と話した。

その後、蛯名舞子(栗山千明)はアタル(中居正広)のカバンから手袋を見つける。

蛯名舞子が「何これ?こんなの持ってなかったよね」と訪ねると、アタルは「フォックス・グローブ」とつぶやいた。それを聞いた沢俊一(北村一輝)が「狐?手袋?」と不思議がる。

帰宅した蛯名舞子(栗山千明)がインターネットで「狐・手袋」を検索すると、「ジギタリス」という植物がヒットした。ジギタリスは別名「狐の手袋」と呼ばれている植物だった。

すると、弟の蛯名昇(Kis-My-Ft2の玉森裕太)が「毒殺?ジギタリスは毒にも薬にもなる。心臓の強心剤としても使われてるんだ」と教えた。蛯名舞子(栗山千明)は「さすが、医大生」と褒めた。

蛯名舞子(栗山千明)は死亡した早乙女隆(神尾佑)が飲んでいた薬を借りてきて、沢俊一(北村一輝)に「ジギタリスが含まれているか調べて欲しい」と頼んだ。

沢俊一(北村一輝)は「医師が患者を殺す動機は?」と問うと、蛯名舞子(栗山千明)は「自宅や職場からも遠い、個人病院に通院していることを不思議に思い調べてみました」と言い話し出した。

医師の妻は、病院で事務をしていた。医師の妻は、早乙女隆(神尾佑)と同じ大学の同窓生だった。それに、医師の妻の誕生日は、早乙女隆が花を買った翌日だった。あの花は、医師の妻に買ったものではないか。

翌日、鑑識の結果が出た。早乙女隆(神尾佑)の飲んでいた薬から、ジギタリスの成分が検出された。

蛯名舞子(栗山千明)は「成分を比較すれば分かりますね」と喜ぶが、沢俊一(北村一輝)は「だから、今回は遺体から毒物が検出されていないんだって」と呆れた。

その後、蛯名舞子(栗山千明)はアタル(中居正広)を生活安全課へ連れて行き、保護を申請したが、チョコザイがパニックを起こしたため、再び預かることになった。

蛯名舞子(栗山千明)がアタル(中居正広)を自宅へ連れて帰り、沢俊一(北村一輝)と事件について話していると、アタルは早乙女隆(神尾佑)の写真を指さし、「この目が知っています」とつぶやいた。
その後、沢俊一(北村一輝)が鑑識課で渥見怜志(田中哲司)に、「目が知ってるって、どういう意味だろう」と相談すると、渥見怜志は「眼球から毒物を検出できる」と気づいた。

石川唯(AKB研究生の光宗薫)が「日本ではあまり行われない方法です」と教えると、沢俊一(北村一輝)は「チョコザイは海外に居たのかもしれない。入国1週間以内なら、空港に映像が残っているはずだ」とつぶやいた。

鑑識の結果、早乙女隆(神尾佑)の眼球からジギタリスが検出された。眼球から検出したジギタリスは、医師が処方した薬の成分と違うことから、早乙女隆はジギタリスで殺害されたことが判明した。

ジギタリスの種はインターネットで簡単に購入できることが分かる。そして、事件関係者でジギタリスを購入していた人物は、妻の早乙女信子(坂井真紀)だったことが判明する。

警察は早乙女信子(坂井真紀)の自宅からジギタリスの花やジギタリスの粉末を発見すると、妻の早乙女信子は自供した。早乙女信子は夫の浮気に怒り、毎日少しずつ、ジギタリスを食事に混ぜていたのだった。

沢俊一(北村一輝)は「あの花は貴女に買ったものです。5月5日は何の日か分かりますか?ご主人が浮気相手と別れて、貴方に土下座した日です。ご主人は最後に『青いバラ』と言ってまいた。ジギタリスによる視覚障害で、ご主人には青く見えたのかもしれません」と教えた。

早乙女信子(坂井真紀)は「青いバラ」と聞くと、早乙女隆(神尾佑)が「完全に青いバラは出来ないらしい。青いバラが出てきら、真っ先にプレゼントすると」と言っていたことを思い出し、泣き崩れた。

事件が解決すると、チョコザイ(中居正広)は「ミッション・コンプリート(任務完了)」と言い、眠りに就くのだった。

ATARU(アタル)-第2話の感想と真犯人」へ続く。原作や主題歌については、「ATARU(アタル)の原作や主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイトATARU(アタル)のミッション・コンプリートへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。