スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


37歳で医者になった僕-第3話のあらすじとネタバレ

ミムラが出演するフジテレビの医療ドラマ「37歳で医者になった僕・研修医純情物語」の第3話「医者である前に、人である前に」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第2話のあらすじは「37歳で医者になった僕-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ある日の朝、父・葛城博昭(志賀廣太郎)が紺野祐太(SMAPの草なぎ剛)のアパートを訪れ「すず(ミムラ)が休職中の児童館の仕事に復帰したいと言い出しだ」と言い、頼み事をした。

その日、紺野祐太(SMAPの草なぎ剛)は病院の食堂で、葛城すず(ミムラ)に「医者として判断した」と言い、仕事復帰を考え直すように説得した。

2人のやりとりを観ていた下田健太郎(Hey! Say! JUMPの八乙女光)は「冷たいね」とつぶやくが、沢村瑞希(水川あさみ)は「私は良いと思う。医者の言葉には責任があるから」と答えた。

あるとき、医局長の中島保(鈴木浩介)は「ステージ4だし、投薬治療も効果がなくなった。もって後、半年でしょう」と言い、癌で入院中の患者・木島啓一(甲本雅裕)の転院を決定した。

紺野祐太(草なぎ剛)は「治らないから、他の場所に移すんですか」と反論するが、中島保(鈴木浩介)は「手を尽くしても、駄目なときはあるんです」と答え、ホスピスを紹介するように命じた。

その後、紺野祐太(草なぎ剛)が看護婦長の相澤直美(真飛聖)に相談すると、相澤直美は「ホスピスの方がケアが充実しているしね。大学病院はベッドコントロールが重要なのよ。治らない患者は出てってくれって方針なわけ」と教えた。

その後、指導医の新見悟(斎藤工)が木島啓一(甲本雅裕)に、治る見込みが無いことを告知し、ホスピスを紹介した。

説明が終わると、紺野祐太(草なぎ剛)は新見悟(斎藤工)に、「あの言い方は酷い」と意見すると、新見悟は「根拠も無いのに『治る』と言ってあげるんですか?その方が無責任でしょ」と答えた。

医局に戻った紺野祐太(草なぎ剛)は、癌患者・木島啓一(甲本雅裕)の転院先を勝手に探し始める。沢村瑞希(水川あさみ)に見つかり、止められてしまうが、紺野祐太は「皆さんには迷惑はかけません」と言い、転院先探しを続けた。

その日の夜、沢村瑞希(水川あさみ)は帰宅すると、紺野祐太(草なぎ剛)に「アポも取ってあります」と言い、帝都大学時代の先輩の連絡先を書いたメモを渡した。

ある日、紺野祐太(草なぎ剛)はカンファレンスで、「海外で治療に効果がある新薬を見つけました」と言い、癌患者・木島啓一(甲本雅裕)に対する投薬治療を提案した。

新薬「ATP01」は、3年前にアメリカのレジキャン社が開発した治療薬で、日本では帝都大学が治験を行っているが、日本では認可されていない薬だった。

しかも、10人中7人には効果があったが、残りの3人は数週間後に死んでいるという薬だった。

新見悟(斎藤工)は「アンタは死にかけの患者で人体実験するつもりか。それで死んだら、東央医科大の看板にどれだけ傷が付くと思ってるんだ」と叱った。

しかし、教授の佐伯毅彦(松平健)は「傷が付かなければ良いんじゃ無いの?薬の入手は私が何とかしますから。患者に提案してください。副作用をよく説明するように。最後に決めるのは患者です」と許可した。

紺野祐太(SMAPの草なぎ剛)は木島啓一(甲本雅裕)の病室へ行き、新薬「ATP01」の説明する。

木島啓一(甲本雅裕)は「7対3の賭けですね。紺野さんが『治る』と言ってくれれば使います。紺野を責めたいわけじゃない。気持ちの問題です。紺野さんが『治る』と言ってくれれば信じます」と答えた。

37歳で医者になった僕-第3話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト37歳で医者になった僕-第3話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。