スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クレオパトラな女たち-第3話のあらすじとネタバレ

梅舟惟永が出演する日本テレビの整形手術ドラマ「クレオパトラな女たち」の第3話「姉よりも美しく」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第2話のあらすじは「クレオパトラな女たち-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

る日、岸峯太郎(佐藤隆太)を指名する患者がやってくる。患者は近くの喫茶店の店員・寺崎ふゆ(梅舟惟永)だった。

寺崎ふゆ(梅舟惟永)には同じ顔の双子がおり、いつも姉の寺崎なつ(梅舟惟永=1人2役)と間違えられてトラブルになっていた。姉の寺崎なつは活発な性格だが、妹の寺崎ふゆは内気で陰気な性格だった。

しかも、妹の寺崎ふゆ(梅舟惟永)は姉・寺崎なつ(梅舟惟永)の言いなりになっており、服装も全て姉が決めていた。姉と同じ喫茶店で働いているのも、姉の命令だった。

寺崎ふゆ(梅舟惟永)は岸峯太郎(佐藤隆太)に「姉より綺麗な顔にしてください。助けてください」と整形手術を訴えた。

気の進まない岸峯太郎(佐藤隆太)は院長に相談し、市井睦(稲森いずみ)が寺崎ふゆ(梅舟惟永)を手術することになった。

市井睦(稲森いずみ)は「双子で良かった思い出は無いですか?顔が変わると思い出まで捨て去ることになりかねません」と尋ねる。

しかし、寺崎ふゆ(梅舟惟永)は、良い思い出など無く、自分の顔に好きな場所も無い答え、整形手術を望んだ。

市井睦(稲森いずみ)は、寺崎ふゆ(梅舟惟永)の写真をパソコンに取り込み、整形手術後の顔をシミュレーションすると、一重まぶたを二重にすることを提案した。

ある日、もう来ないと思っていた寺崎ふゆ(梅舟惟永)がやってきた。今度は、寺崎ふゆは「岸峯先生(佐藤隆太)の好きな顔にしてください」と言い出した。

岸峯太郎(佐藤隆太)は動揺するが、市井睦(稲森いずみ)のフォローして、寺崎ふゆ(梅舟惟永)は目を二重にすることで納得した。

その後、寺崎ふゆ(梅舟惟永)の無事に二重(埋没法)の手術を終え、退院していった。

ある日の夜、市井睦(稲森いずみ)は夫が務める大学病院の主任教授・梶原(西田健)に呼ばれる。

主任教授・梶原(西田健)はパチパチと音を立ててカツラを取ると、見事に禿げ上がった頭が現れた。梶原の相談は植毛だった。

梶原(西田健)は「妻の前でもカツラを取ったことが無いんだ。それに、好きな女が出来てね。カツラじゃ困るんだ」と言い、秘密裏に植毛手術するように頼んだ。

市井睦(稲森いずみ)は「植毛は専門としておりませんので、植毛の第一人者をご紹介し足します」と答え、植毛の権威である関東医大の佐伯教授を美容整形クリニック「BSC」に呼び、秘密裏に植毛手術する方向で話がまとまった。

ある日、仕事を終えた岸峯太郎(佐藤隆太)がBSCを出ると、派手な女に声をかけられた。女はサングラスを取る。女性は、整形手術をした寺崎ふゆ(梅舟惟永)だった。

寺崎ふゆ(梅舟惟永)は「手術をしても何も変わらない。責任を取って。私と付き合って。私の彼氏になって。そうすれば変れそうな気がする」と岸峯太郎(佐藤隆太)に迫った。

女性嫌いの岸峯太郎(佐藤隆太)は動揺して、「そんなこと出来ませんよ。男の人と暮らしてるんです、僕」と釈明するが、寺崎ふゆ(梅舟惟永)は「信じられない。見に行く」と言い出した。

岸峯太郎(佐藤隆太)は仕方なく、寺崎ふゆ(梅舟惟永)を自宅に連れて行く。岸峯太郎が寺崎ふゆを部屋に入れ、同棲している黒崎裕(綾野剛)を紹介する。

寺崎ふゆ(梅舟惟永)は岸峯太郎(佐藤隆太)を殴り、「最低」と怒って部屋を出て行った。

黒崎裕(綾野剛)も岸峯太郎(佐藤隆太)に「お前は本当に最低だな。見せつけるなんて。馬鹿にするなよ」と言い、部屋を出た。

ある日、出入り業者の富坂昇治(三浦翔平)が、「寺崎ふゆ(梅舟惟永)がBSCの悪口を言いふらしてますよ。高い料金を取るだけで、手術をしても何も変わらないって。他のクリニックでエラを削って、豊胸手術もしたそうですよ」と教えた。

市井睦(稲森いずみ)は岸峯太郎(佐藤隆太)に、「一生懸命やっても報われないことはあるわ。命のやりとりをする医者も私達も同じ。貴方は第3次救急にいたことがなら、分かるでしょ」と励ました。

岸峯太郎(佐藤隆太)が帰宅すると、テーブルに夕食が出来ていた。しかし、岸峯太郎は「頂いて良いかな」と訊くが、黒崎裕(綾野剛)は口を利いてくれなかった。

岸峯太郎(佐藤隆太)は「俺は本当に最低だ。元気になって欲しかっただけなのに、全身手術してサイボーグになってしまった」と自責した。

すると、黒崎裕(綾野剛)は「人生は今がゴールじゃ無いだろ。この先、素敵なおとなになるかもしれない。失敗が人を豊かにすることがある」と話した。

翌日、姉の寺崎なつ(梅舟惟永)が美容整形クリニック「BSC」へやってきた。

岸峯太郎(佐藤隆太)は「お姉さんですよね」と確認すると、寺崎なつ(梅舟惟永)は「私を妹より綺麗にしてください。あの子急に強くなって、親にも暴言を吐くようになったんです」と訴えたのであった。

第3話の感想は『「クレオパトラな女たち」の感想はホモとゲイ』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイトクレオパトラな女たち-第3話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。