スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


島津エステートの日照権裁判

村井美樹が出演するフジテレビの日照権ドラマ「リーガル・ハイ」の第4話「太陽を返せ!マンション裁判仁義なき戦い」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「リーガル・ハイ-第4話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

その後、大貫善三(大和田伸也)は三木長一郎(生瀬勝久)に呼ばれ、三木法律事務所を訪れる。三木長一郎は「古美門研介(堺雅人)を倒そうとする者はみんな友だ。これをお使いください」と言い、資料を渡す。

しかし、大貫善三(大和田伸也)は資料を突き返し、「使うタイミングを計っているだけだ」と言い、鞄の中から資料を取りだした。三木長一郎(生瀬勝久)は「さすが先生。出過ぎたまねをいたしました」と頭を下げた。

翌日、建築会社「島津エステート」に大貫善三(大和田伸也)から資料が届いていた。その資料は、建設中のマンションの隣に、新たに高層マンションを建設するという島津エステートの内部資料だった。

資料を見た古美門研介(堺雅人)は、「この資料が表に出れば、今のマンションの価値は大暴落するでしょう。やられましたね」と呆れる。

島津エステートは「向こうの条件を飲め。元々、2000万円で決着するとは思っていない。早急に片を付けるんだ。で、なければクビだ」と命じた。

2000万円で引き受けた依頼に、2000万円以上のお金を使うことは、古美門研介(堺雅人)にとっては「負け」を意味していた。

事務所に戻った古美門研介(堺雅人)は、何でも屋の加賀蘭丸(KAT-TUNの田口淳之介)から反対派住民に関する調査結果を受け取り、反対派住民に接触した。

古美門研介(堺雅人)は「我々は20万円を出す用意があるが、貴女の事情は知っている。お友達を説得してくれれば、貴女だけには特別40万円をだす」と言い、次々と反対住民側を切り崩していく。

そして、住人から町内会の出納帳を入手した古美門研介(堺雅人)は、町内会長(徳井優)に出納帳を突き付け、町内会長の着服を追求した。

そして、古美門研介(堺雅人)は「誰もが嫌がる町内会長を10年も続けてるんだ。それ位の旨味があっても良いと思いますよ。今回の報酬は40万円です。それでどうでしょう」と告げた。

町内会長(徳井優)からの帰り、黛真知子(新垣結衣)は古美門研介(堺雅人)に、「深い考えはありませんよね。服部さんを信じたのに」と告げて立ち去った。

黛真知子(新垣結衣)は、マンション反対を最初に言い出した主婦・桑田久美子(村井美樹)の元を訪れて意思を確認する。

桑田久美子(村井美樹)は、示談金をつり上げようとする他の反対住民とは違い、庭に太陽の光が当たるようにマンションを低層階にするよう求めていた。

黛真知子(新垣結衣)は桑田久美子(村井美樹)に、「交渉はマネーゲームになっています。でも、貴女はお金を受け取らなければ、個人として訴えることが出来ます」と教えた。

翌日、古美門研介(堺雅人)が示談交渉の場で、見舞金20万円を提示すると、反対派の弁護士・大貫善三(大和田伸也)が「話にならん。帰りましょう」と促した。

しかし、古美門研介(堺雅人)に40万円で買収された主婦が、「前回より善処してくれている」と言い、示談に応じた。

大貫善三(大和田伸也)は「会社を許してはいけない。社会正義だ」と言い、反対派を煽るが、町内会長(徳井優)は「それはアンタの自己満足だ」と言い、反対派に挙手を求めた。

示談することに決めた反対派住民が次々と挙手をする、計画変更を求めていた桑田久美子(村井美樹)も最後には手を上げ、示談に同意した。

全員が示談に同意し、示談交渉が終わると、古美門研介(堺雅人)は大貫善三(大和田伸也)に、「成功報酬目当てだと言ったことは、お詫びします」と頭を下げた。

大貫善三(大和田伸也)は「金を手に入れて満足か」と問うと、古美門研介(堺雅人)は「はい」と答えた。大貫善三は「なら良い。頑張りなさい」と言い残して立ち去った。


後日、黛真知子(新垣結衣)が、マンションの計画変更を訴えていた主婦・桑田久美子(村井美樹)の自宅を訪れる。

桑田久美子(村井美樹)は「がっかりしたでしょ。結局、私もお金が欲しいんだ」と自責すると、黛真知子(新垣結衣)は「あそこで意地を貫くのは無理ですよ」と答える。

桑田久美子(村井美樹)は「今日は臨時収入でランチなんだ。結構、みんな満足してるんだよ。私はこれで良かったと思ってる」と話した。

その後、黛真知子(新垣結衣)が帰宅しようとすると、通りかかった若い夫婦が「あそこに出来るマンションを考えてるんですけど、この辺はどうですか?」と尋ねると、桑田久美子(村井美樹)は「とっても良い街ですよ」と答えた。

ある日、黛真知子(新垣結衣)は古美門研介(堺雅人)に、「私がこの事務所に来た理由が分かった。先生を倒すためです。いつか必ず」と宣戦布告したのであった。

第5話のあらすじは「リーガル・ハイ-第5話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。リーガル・ハイの原作や主題歌については「リーガル・ハイの原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト島津エステートの日照権裁判へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。