スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


浅井信司(藤井宏之)が自殺した理由

藤井宏之が出演するフジテレビの弁護士ドラマ「リーガル・ハイ」の第5話「期限は7日!金か命か?悪徳政治家を守れ」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


このページは「リーガル・ハイ-第5話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

翌朝、古美門研介(堺雅人)は富樫逸雄(江守徹)の秘書・江藤(河野洋一郎)に会い、政敵の伊勢庄三郎と内通していることを指摘した。

家政婦は秘書・江藤(河野洋一郎)が携帯電話で政敵の伊勢庄三郎と話しているところを目撃しており、黛真知子(新垣結衣)は昨夜の飲み会でそのことを家政婦から聞き出していた。

江藤(河野洋一郎)は伊勢庄三郎の秘書になることを認め、「富樫先生も了承済みです。私は古いだけでお金の管理は一切、任されていない。信用されていないんです」と答えた。

秘書の江藤(河野洋一郎)はリークするほど重要な情報は持っておらず、犯人捜しは振り出しへ戻った。

控訴期日が訪れる。今日の深夜0時までに控訴しないと、おそらく富樫逸雄(江守徹)に殺される。古美門研介(堺雅人)は事務所内でセグウェイを運転し、現実逃避する。

そのとき、服部(里見浩太朗)が黛真知子(新垣結衣)のジャケットを仕舞おうとすると、ジャケットからレストランのメンバーズカードが見つかった。

家政婦の吉岡めぐみ(春木みさよ)が飲み会で支払いをしようとしたとき、カードをぶちまけていた。黛真知子(新垣結衣)はカードを拾うのを手伝ったが、酔っていたため、メンバーズカードを自分のポケットに入れていたのだった。

メンバーズカードを見た加賀蘭丸(田口淳之介)は、このレストランは沢地君江(小池栄子)と一緒に行ったレストランであることに気づく。

古美門研介(堺雅人)は「アンジェリーナ・ジョリー(小池栄子)はヒントをくれていたのかもしれないぞ」と喜んだ。

早速、古美門研介(堺雅人)は家政婦の吉岡めぐみ(春木みさよ)を喫茶店に呼び出し、レストランのメンバーズカードを返した。

そして、黛真知子(新垣結衣)が「お店でご主人に話を伺いました」と告げると、家政婦の吉岡めぐみ(春木みさよ)は話し始めた。

吉岡めぐみ(春木みさよ)は、自殺した秘書・浅井信司(藤井宏之)と交際しており、浅井信司の仕事も手伝うようになっていた。

浅井信司(藤井宏之)は計算が苦手で、吉岡めぐみ(春木みさよ)は浅井信司の筆跡をまねて、帳簿を付けるようになっていた。

浅井信司(藤井宏之)が自殺した日、特捜部の辰巳史郎(津田寛治)がやってきて、「捨て石にされた浅井の敵を討たないか」と持ちかけられ、メモを渡したのだった。

古美門研介(堺雅人)は沢地君江(小池栄子)の写真を見せ、「見覚えはありませんか」と尋ねると、吉岡めぐみ(春木みさよ)は「レストランで親しくしていた人」と答えた。

古美門研介(堺雅人)は「彼女(小池栄子)は伊勢庄三郎の弁護士の秘書です。貴女が富樫逸雄(江守徹)の秘書の恋人だから近づいたんです。利用されたんですよ。証言してください」と頼んだ。

すると、吉岡めぐみ(春木みさよ)は「富樫先生(江守徹)に謝罪して欲しい」と謝罪を求めた。

富樫逸雄(江守徹)は「謝るくらいどうってことない」と言い、吉岡めぐみ(春木みさよ)に土下座して謝罪した。

家政婦の吉岡めぐみ(春木みさよ)は「テレビで見る政治家の謝罪ね。彼は貴方に利用されたのに、貴方のことを恨んでいない」と言い、自殺した秘書・浅井信司(藤井宏之)の遺書を投げつけた。

浅井信司(藤井宏之)は遺書に、「この時代を変えられるのは富樫逸雄(江守徹)しかいない、俺は富樫先生(江守徹)の為に死ぬんじゃない。世の中を変えるために死ぬんだ」と書き残していた。

吉岡めぐみ(春木みさよ)は、「貴方への言葉の方が、私への言葉よりもずっと多い。こんな悔しいことがありますか」と泣き崩れた。

その後、古美門研介(堺雅人)は、散髪屋でひげを剃っている特捜部の辰巳史郎(津田寛治)に「吉岡めぐみ(春木みさよ)を落としました。証拠の違法収集が明らかになれば、貴方も検事として終わりです」と告げた。

ひげ剃りを終えた辰巳史郎(津田寛治)は、「身の破滅を恐れたことは無い。妻も子も持たなかったので。貴方もそうではないのかな。控訴審では徹底的にやり合いましょう」と答えて散髪屋を出た。

その日の夜、古美門研介(堺雅人)は控訴趣意書を作成し、黛真知子(新垣結衣)に裁判所へ提出するように命じたとき、携帯電話が鳴った。富樫逸雄(江守徹)からの電話だった。

控訴の期限まであと2時間というところで、古美門研介(堺雅人)らは富樫逸雄(江守徹)に呼び出され、自宅を訪れる。

すると、富樫逸雄(江守徹)は古美門研介(堺雅人)らに、控訴せず、2年5ヶ月の実刑判決を受け入れることを告げ、「服役後5年間は立候補できないから、次に立候補できるのは73歳か」と話した。

黛真知子(新垣結衣)は「立派なご判断だと思います。自殺した浅井さん(藤井宏之)への贖罪にもなります」と賛同する。

しかし、富樫逸雄(江守徹)は「計算だよ。検察の弱みを掴んだんだ。こういうカードは使わずに持っておいた方が良い。検察も転がせるようになれば、私は無敵だ」と笑うのであった。

リーガル・ハイの原作や主題歌については「リーガル・ハイの原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト浅井信司(藤井宏之)が自殺した理由へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。