スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


竹野内豊が和久井映見と赤い車カローラでドライブ

小野寺昭が出演するTBSのカローラドラマ「もう一度君に、プロポーズ」の第9話「最後の思い出-大切な人の笑顔…そして、涙」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「もう一度君に、プロポーズ-第9話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

ある日、宮本太助(小野寺昭)は自宅で「その時が来たら、お世話になった人に連絡を頼む」と遺書を書いていた。

一方、蓮沼茂利(渡辺哲)は、そば屋の店主・梅津(モロ師岡)を自動車工場「ミズシマオート」に連れてくる。赤い車カローラは、みんなの協力で修理が終わっていた。

宮本波留(竹野内豊)は「これから最終確認です」と言い、赤い自動車のキーを回す。セルは廻るが、エンジンはかからない。宮本波留が3度目にキーを回すと、ようやくエンジンが掛かり、みんなが雄叫びを上げた。

宮本波留(竹野内豊)は「修理が完了しました」と言い、梅津(モロ師岡)に車のキーを渡す。

梅津(モロ師岡)は宮本波留(竹野内豊)に、「ご苦労様。せっかくだし、また貸してやろうか?最近、行ってるか、ドライブ。奥さんと」と告げると、蓮沼茂利(渡辺哲)らが慌てて梅津を取り押さえた。

その日の夜、宮本太助(小野寺昭)は「退屈だ。可南子さん(和久井映見)は次、いつ来るかな」と愚痴ると、宮本波留(竹野内豊)は「じゃー、明日、どこかへ行くか?」と誘った。

翌日、宮本波留(竹野内豊)は梅津(モロ師岡)から思い出の赤い車トヨタ・カローラを借り、宮本可南子(和久井映見)と宮本太助(小野寺昭)を乗せてドライブに出た。

宮本波留(竹野内豊)は行き先を決めていないことが分かると、宮本太助(小野寺昭)が「じゃー海だ。行き先に迷った時のために海がある」と行き先を決め、宮本波留は海へ車を走らせた。

海に到着し、3人は浜辺に出たが、宮本波留(竹野内豊)は「上着を取ってくる」と言い、車に戻る。

その間に、宮本太助(小野寺昭)は宮本可南子(和久井映見)に「離婚を考え直して欲しいとか、そいうんじゃないんだけどね。これだけは言っておきたいんだ。波留(竹野内豊)と家族になってくれて、ありがとうございました」と頭を下げた。

宮本波留(竹野内豊)が車から取ってきたジャケットを宮本太助(小野寺昭)に渡すと、宮本太助は「ちょっと、車で一休みしてくるわ。せっかく来たんだから、もうちょっと海を観てけ」と言い、2人を残して車へ戻った。

宮本可南子(和久井映見)は流木に座ると、「日記を書いてたんですね、私。段ボールで見つけました」と話すと、宮本波留(竹野内豊)は「ごめん。可南子の日記を読んでしまいました」と謝った。

宮本可南子(和久井映見)は「変なことを書いてませんでしたか?まだ読んでないんです。ちょっと開けただけで、読めませんでした」と言い、日記を付け始めた理由を話し始めた。

元々は父に言われて、日記を付け始めた。宮本可南子(和久井映見)は本ばかり読んでいたが、自分が言いたいことを口にするのが苦手で、父に「言うのが苦手だったら、書いてみたらどうだ」と言われて、日記を付け始めていた。

宮本可南子(和久井映見)は「だからっていう訳じゃないけど、父が他界してから書くのを止めてました。でも、貴方に会った日から、また書いてたんですね」と話した。

宮本波留(竹野内豊)は「言えなかったことが一杯あったってことかな。俺が聞いてやれなかったことが」と答える。

宮本可南子(和久井映見)は「どうなんでしょう。昔書いてた日記は切っ掛けはそういう理由でしたが、途中からはちょっとしたことや、大事に取っておきたいことを書いてました。今すぐは勇気が出ないですけど、今度、5年間の積み重ねをちゃんと読みたいです」と告げた。

その後、宮本波留(竹野内豊)は社長の水嶋哲夫(光石研)に呼び出され、自動車工場「ミズシマオート」を訪れる。

水嶋哲夫(光石研)は「この工場を継いで欲しいと思ってるんだ。今すぐという事じゃないんだ。実は俺の代で畳む予定だったんだが、最近のお前達を観ていたら、残したいと思った。考えておいてくれ」と告げた。

一方、宮本可南子(和久井映見)がポスターを作って営業した結果、図書館の朗読会には大勢の子供が訪れていた。

その日、実家に帰宅した宮本波留(竹野内豊)は宮本太助(小野寺昭)に、社長の水嶋哲夫(光石研)から工場を継いで欲しいと言われたことを報告する。

宮本太助(小野寺昭)は「社長さんも思い切ったことをするな。じゃー、プロ野球選手にしようとした俺の目は間違ってたか。久しぶりにキャッチボールでもするか」と答えた。

宮本波留(竹野内豊)は「じゃー、グローブとボールを持ってくるよ」と言い、物置へ向かう。宮本波留は物置でグローブとボールを見つけ、部屋に戻ろうとすると、軒先に巣を作っていたツバメが巣立っていることに気づいた。

部屋に戻った宮本波留(竹野内豊)は「ツバメがさ…」と報告しようとすると、宮本太助(小野寺昭)は動かなくなっていた。

最終回のあらすじは「もう一度君に、プロポーズ-最終回のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

第9話の感想は「もう一度君に、プロポーズ-第9話の感想」をご覧ください。原作や主題歌については『「もう一度君に、プロポーズ」の原作と主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト竹野内豊が和久井映見と赤い車カローラでドライブへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。