スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ATARU(アタル)-第10話のあらすじとネタバレ

中居正広が出演するTBSのサバン症候群ドラマ「ATARU(アタル)」の第10話「父だけが知っていた殺人手法」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第10話のあらすじは「ATARU(アタル)-第9話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。原作や主題歌については、「ATARU(アタル)の原作や主題歌」をご覧ください。

意識を失ったチョコザイこと猪口在(アタル=中居正広)は病院へ運ばれ、昏睡状態に陥っていた。

知らせを受けた父・猪口誠(市村正親)は病院を訪れ、ラリー井上(村上弘明)に「アタル(中居正広)に操作の訓練をさせているのですか?」と問うと、ラリー井上は「正確には、情報をインプットし、捜査に必要な時に引き出す訓練です」と答えた。

父・猪口誠(市村正親)は「そんな訓練は頼んでいない」と怒ると、ラリー井上(村上弘明)は「我々が死んでも、アタル(中居正広)が1人で生きていける未来が欲しい。アタルを障害者ではなく、天才として歩ませる。そう仰いましたよね」と答えた。

母・猪口ゆり子(原日出子)が猪口誠(市村正親)に「アタル(中居正広)の能力を障害だと思ったから、手放したんでしょ。責められるのはラリーさん(村上弘明)じゃないわ」と告げると、ラリー井上は「病室へ行っています」と言い、席を立った。

一方、病室に居た蛯名昇(Kis-My-Ft2の玉森裕太)は、チョコザイ(中居正広)の本名が猪口在(いのぐち・あたる)であることを知り、「だから、チョコザイというんだ。音読みして」と驚く。

病室に入ってきたラリー井上(村上弘明)が「それを知る前から君たちはチョコザイと呼んでいた」と話すと、蛯名舞子(栗山千明)が「自分で名乗ったんです『チョコザイ』って」と答えた。

そこへ、猪口誠(市村正親)と母・猪口ゆり子(原日出子)が病室へ入ってくる。猪口誠は「家族だけにしていただけませんか」と言い、みんなに退室を頼んだ。

病室を出たラリー井上(村上弘明)は蛯名舞子(栗山千明)に、「アタルが目を覚ましたら連絡をください」と言い、立ち去った。沢俊一(北村一輝)も事件番だと言い、警察へ戻った。

どの後、交通事故の通報が入り、沢俊一(北村一輝)らが現場に駆け付けると、白い車が道路脇の電信柱にぶつかって黒焦げになっていた。コバルト自動車…沢俊一には、車にどこか見覚えがあった。

交通課によると、接触痕やブレーキ痕も無く、車は時速70kmで電信柱にぶつかっていた。午前4時前の事故で目撃者は居ない。事件性はなく、脇見運転の可能性が大きかった。

沢俊一(北村一輝)が警視庁へ戻ると、蛯名舞子(栗山千明)が「チョコザイ君(中居正広)が言ってたんです」と言い、上司の中津川洋治(嶋田久作)に捜査を訴えていた。

沢俊一(北村一輝)は蛯名舞子(栗山千明)を呼び出し、「本当か?」と尋ねると、蛯名舞子は「まだ目も覚めていません。でも、ニュースで見たんです。事故を起こした車は、母親と同じ車だったんです」と答えて立ち去った。

沢俊一(北村一輝)が中津川洋治(嶋田久作)に、「せめて、自殺の動機だけでも調べさてください」と頼むと、中津川洋治は解剖を許可した。

その後、蛯名舞子(栗山千明)が、事故を起こした自動車を見に行くと、民間事故鑑定人の公原卓郎(平岡祐太)が自動車を調べていた。

蛯名舞子(栗山千明)は公原卓郎(平岡祐太)と一緒に居る女性を見て驚く。死んだはずの運転手・小暮桃香(安倍なつみ)が立っていたのだ。

女性は、死んだ小暮桃香(安倍なつみ)の妹・小暮綾香(安倍なつみ=1人2役)だと名乗ると、公原卓郎(平岡祐太)は「警察は事件性が無いと、死んだ人が双子だったことも調べないんですよ」と苦言を呈した。

蛯名舞子(栗山千明)が小暮綾香(安倍なつみ)に、「どうして、民間事故調査会社に」と尋ねると、公原卓郎(平岡祐太)は沢俊一(北村一輝)の紹介であることを教えた。

小暮綾香(安倍なつみ)は蛯名舞子(栗山千明)に、「桃香(安倍なつみ)に自殺の動機なんか無い。結婚したい人が居る戸言っていました」と訴えた。

一方、沢俊一(北村一輝)は、小暮桃香(安倍なつみ)が結婚したいと言っていた男性・森洋一(西興一朗)の居場所を見つけ、森洋一から話を聞いた。

森洋一(西興一朗)は3日前に小暮桃香(安倍なつみ)と別れたと言い、真美(広澤草)という女性のアパートに転がり込んでいた。

その後、猪口在(中居正広)の昏睡状態は睡眠であることが判明する。

一方、沢俊一(北村一輝)はラリー井上(村上弘明)が盗聴していることに気づき、ラリー井上の元を訪れた。

沢俊一(北村一輝)は「シンクロナイズドスイミング刑事の監修をしてるよな。これがSPB(サバン・プログラム・ブランチ)の仕事なのか」と尋ねる。

ラリー井上(村上弘明)は「SPBは公式に認められていない。私も表向きは、FBIの広報担当だ。シンクロナイズドスイミング刑事は広報担当としての仕事です」と答えた。

沢俊一(北村一輝)は「とにかく、これ以上、チョコザイ(中居正広)に捜査をさせるな」と告げた。

そのころ、事故鑑定人の公原卓郎(平岡祐太)は蛯名舞子(栗山千明)に、事故起こしたコバルト自動車はABSが搭載されており、ブレーキを踏んでも、ブレーキ痕が付かないことを説明した。

また、公原卓郎(平岡祐太)は、携帯電話の破損具合から、携帯電話が開いていた可能性が大きい事を指摘した。

その後、蛯名舞子(栗山千明)は猪口在(中居正広)の病室で、沢俊一(北村一輝)に公原卓郎(平岡祐太)の鑑定結果を報告し、運転手・小暮桃香(安倍なつみ)の携帯電話の通話記録を調べるように頼んだ。

すると、昏睡状態で寝ている猪口在(中居正広)は「mission accepted(ミッション・アクセプテッド=任務開始)」とつぶやいた。

ATARU(アタル)-第10話のあらすじとネタバレの後半」へ続く。

コメント

スポンサーサイトATARU(アタル)-第10話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。