スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鈴宮深樹(井上真央)の父親も差し押さえを受けていた

美波が出演する日本テレビの税金徴収ドラマ「トッカン-特別国税徴収官」の第1話「わたしの仕事は嫌われている」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは『「トッカン-特別国税徴収官」のあらすじとネタバレ』からの続きです。

鈴宮深樹(井上真央)は仕事帰りに、署長の清里肇(岩松了)に頼まれたマンゴーロールを買いに行くと、長蛇の列が出来ていた。鈴宮深樹の番になると、ちょうど、マンゴーロールが2本残っていた。

鈴宮深樹(井上真央)はマンゴーロールを2本注文すると、後ろに並んでいた客・相沢芽夢(美波)が「えっー」と奇声を挙げた。

その後、鈴宮深樹(井上真央)は宝町税務署に帰ると、「2本は購入できませんでした」と言い、署長の清里肇(岩松了)に購入してきたマンゴーロール1本を渡した。1本しか買えなかったが、清里肇は満足そうだった。

そして、鈴宮深樹(井上真央)は鏡雅愛(北村有起哉)に、「子供の着物は人質なんですよね。でも、他に差し押さえできる財産があれば、交換できる決まりになっています」と言い、白川耀子(若村麻由美)から押収した着物の交換を頼んだ。

しかし、鏡雅愛(北村有起哉)は「俺たちの仕事は、あの女が罪だと認め、二度とさせないことだ。だから、俺たちには令状が無くても差し押さえできる権限が与えられている。俺たちは納税者の最後の砦なんだ」と言い、押収物の交換を拒否した。

その日、仕事が終わると、鈴宮深樹(井上真央)は、マンゴーロールが切っ掛けで知り合った相沢芽夢(美波)と友達になり、一緒にご飯を食べていた。

相沢芽夢(美波)は派遣社員として働きながら、夜は劇団で女優をしているという。鈴宮深樹(井上真央)は税務署で徴収官をしていることを明かし、上司の愚痴を言う。

ある日、鈴宮深樹(井上真央)が大島プラスチックへ行くと、大島照夫(泉谷しげる)は「大口の仕事が入った。どうしても材料を買わなければならない。もう少しだけ待ってくれ」と言い、土下座した。

鈴宮深樹(井上真央)は「頑張りましょう」と言い、その日から、大島プラスチックへ通い、雑用を手伝うようになった。

ある日、ようやく注文の品が完成した。明日、商品を納品すれば、まとまったお金が入る。ようやく、滞納していた消費税を払える見通しが付いた。

しかし、その日の夜、納品先の業者から電話がある。納品先の業者は「オタク、税務署の調査に入られてるの?売掛金を抑えられたら、ウチも調べられてしまう。オタクとは取引できない」と言い、大島プラスチックとの契約を一方的に破棄してしまう。

翌日、大島照夫(泉谷しげる)は宝町税務署を訪れ、鈴宮深樹(井上真央)に「少しですが前金が入りましたので」と言い、8万4000円を納税した。

鈴宮深樹(井上真央)が鏡雅愛(北村有起哉)に報告する。鏡雅愛は「取引先は?口座を調べて裏を取ったのか」と追求すると、鈴宮深樹(井上真央)は「変な言いがかりを付けないでください」と言い、政務署を飛び出した。

とはいえ、鈴宮深樹(井上真央)は大島照夫(泉谷しげる)のことが気になり、銀行口座を調べるが、入金の記録は無かった。保険証の申請もされておらず、病院にも通院していなかった。

鈴宮深樹(井上真央)は心配して大島照夫(泉谷しげる)の自宅を訪れるが、鍵がかかっていた。

窓から中を覗くと、カーテンの隙間から、仕事で使う溶剤を撒いて自殺しようとする大島照夫(泉谷しげる)が見えた。

鈴宮深樹(井上真央)はブロックを投げつけてガラスを割り、室内に押し入ると、「死んじゃダメ」と言い、大島照夫(泉谷しげる)から溶剤の入った缶を取り上げた。

大島史子(りりィ)は「何で税務署が来るのよ。最後の最後まで何で私らを馬鹿にするのよ」と嘆くと、鈴宮深樹(井上真央)は「すみませんでした。大島さんのことを何も分かっていませんでした」と土下座して話し始めた。

私のウチも同じ目に遭った。ウチも商売をやってて同じ目に遭い、凄く怖かった。税務所が大嫌いだったが、今は税務署で働いている。立派な仕事だなんて思ったこと無いし、父からも嫌われている。

お金なんてタダのお金なんです。命を奪うほどの物じゃ無いんです。綺麗事だと分かっています。お願いですから、お金になんて殺されないでください。

鈴宮深樹(井上真央)は大島夫婦に「私にもう1度仕事をさせてください。生きるための、仕事をさせてください」と頭を下げると、大島史子(りりィ)は泣き崩れた。

ある日、皆川真利子(佐藤仁美)がシベリアンハスキーを引き取るため、1300万円を持って宝町税務署を訪れた。

鏡雅愛(北村有起哉)はシベリアンハスキーを返却するが、預かっていた間のエサ代や治療費などを3万4000円を請求する。

皆川真利子(佐藤仁美)はお金を払おうとするが、1万円足りなかった。すると、鏡雅愛(北村有起哉)は鈴宮深樹(井上真央)に「犬を保健所に連れて行け」と命じたのであった。

第1話の感想は『「トッカン-特別国税徴収官」の感想と最終回の黒幕の予想』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト鈴宮深樹(井上真央)の父親も差し押さえを受けていたへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。