スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さよならコーチのあらすじと犯人のネタバレ

唐沢寿明が出演するフジテレビのビデオ遺書ドラマ「木曜劇場-東野圭吾ミステリーズ」の第1話「さよならコーチ」のあらすじとネタバレの犯人ネタバレ編です。


このページは「東野圭吾ミステリーズのあらすじとネタバレ」からの続きです。

刑事・鈴木和真(西岡徳馬)は「おかしいですね。望月直美(田中麗奈)はコーチに自殺を止められたと言っていました。森山は会話をICレコーダーに録音していたんです。話して頂けませんか?」と追求した。

すると、コーチ(唐沢寿明)は「去年、彼女は自殺を図り、それを見つけて止めさせました。告白されたんです。オリンピックへ行けなかった彼女に、一緒に居て欲しいと頼まれたが、私には妻が居る。どう説明していいか分からなかったんです」と答えた。

刑事・鈴木和真(西岡徳馬)は「1年前の自殺の方法は?」と尋ねると、コーチ(唐沢寿明)は「えっ、首つり自殺です」と答えた。

刑事・鈴木和真(西岡徳馬)が「遺書は?彼女はビデオカメラに遺書を残すよね?」と尋ねると、コーチ(唐沢寿明)は「ありませんでした」と答えた。

刑事・鈴木和真(西岡徳馬)がコーチ(唐沢寿明)の自宅を出ると、部下から電話で報告が入る。

望月直美(田中麗奈)の日記に1年前の自殺のことが書かれており、遺書として残したビデオテープが存在してることが明らかとなった。

翌日、刑事・鈴木和真(西岡徳馬)はコーチ(唐沢寿明)を部室へ呼び出し、「望月さん(田中麗奈)のメモが出てきました。あのテープは残しておこうって。やっぱり、遺書はあったんですよ」と話した。

そして、鈴木和真(西岡徳馬)はコーチ(唐沢寿明)に、望月直美(田中麗奈)が死んだときに残したビデオメッセー(遺書)を見せ、遺書の望月直美の左手にはテーピングが撒かれているが、鑑識が撮影した死体の左手にはテーピングが無いことを指摘した。

鈴木和真(西岡徳馬)は「ひょっとして、これは去年、自殺未遂を起こしたときに撮影した遺書じゃありませんかね?貴方は、この遺書を利用して望月直美(田中麗奈)を殺害したが、彼女の左手のテーピングには気づかなかった」と追求した。

すると、コーチ(唐沢寿明)は「去年の今頃でした。私と望月直美(田中麗奈)が関係を持ったのは」と言い、話し始めた。

コーチ(唐沢寿明)は1年前、アーチェリー部の部室で横たわっている望月直美(田中麗奈)を発見した。最初は寝ているだけかと思ったが、不審なコードに気づき、望月直美を助けた。

目覚めた望月直美(田中麗奈)は「夢を諦めた私なんて誰も相手にしてくれない。せめてコーチに最後を見て欲しかったんです」と言い、コーチ(唐沢寿明)に抱きついてキスをした。

コーチ(唐沢寿明)は望月直美(田中麗奈)を拒むことが出来ず、望月直美を抱いた。それ以降、望月直美は精神的に安定したのか、良い成績を残すようになった。

望月直美(田中麗奈)はコーチ(唐沢寿明)をオリンピックへ連れて行くため、頑張ったが、結局は望月直美に勝利の女神は微笑まなかった。

望月直美(田中麗奈)はコーチ(唐沢寿明)に引退することを伝え、「もう死んだりしないから大丈夫」と告げた。それからだった。望月直美の様子がおかしくなったのは。

ある雨の日、望月直美(田中麗奈)が、ずぶ濡れになってコーチ(唐沢寿明)の自宅にやってきた。

望月直美(田中麗奈)は「本当に素敵なご夫婦ですよね。理想なんです。陽子(戸田菜穂)みたいな人」と言い、キッチンで洗い物をしている陽子をナイフで刺そうとする。

しかし、コーチ(唐沢寿明)に咎められた望月直美(田中麗奈)は我に返り、コーチの自宅を飛び出した。

コーチ(唐沢寿明)が後を追いかけると、望月直美(田中麗奈)は「あのビデオは部室のロッカーにしまってあるんです。忘れないために。コーチ好きです」と告白した。

コーチ(唐沢寿明)は部室のロッカーを探すと、1年前に撮影した遺書のテープが出てきた。望月直美(田中麗奈)は既に自分を抑えられなくなっており、コーチは家族を守るためにある計画を思いついた。
コーチ(唐沢寿明)は望月直美(田中麗奈)は「廃部前の記念撮影をしよう。そうだ。1番輝いていたころの格好で撮ろう」と言い、髪を切らせ、1年前に自殺したときと同じ格好をさせた。

そして、コーチ(唐沢寿明)は、部室に来た望月直美(田中麗奈)に睡眠薬入りのワインを飲ませて眠らせると、1年前の自殺と同じようにコードとタイマーをセットし、望月直美を殺害したのだった。

鈴木和真(西岡徳馬)は「森山から1年前の自殺のことを聞かなければ、貴方への疑いを確信できなかった。皮肉なもんですね。森山の歪んだ愛情が、望月直美(田中麗奈)の死の真相を暴いたんだから」と言い、本部に電話するため、部室を出た。

部室に残ったコーチ(唐沢寿明)は「なんで気がつかなかった。何度も見て、何度も確認したのに」と疑問に思っていると、コーチは望月直美(田中麗奈)の遺書に映っている蜘蛛に気づいた。

どうして、あの時の蜘蛛が1年前のビデオテープに映っているんだ。まさか、撮り直したのか…。

望月直美(田中麗奈)は、コーチ(唐沢寿明)の目的を悟り、1年前と同じ格好をし、左手のテーピングを撒いて、1年前と同じ遺書をビデオカメラに残した。

そして、望月直美(田中麗奈)は、日記に1年前の自殺でビデオテープを撮影したことを書き加え、コーチに殺されるという方法で、自殺したのだった。

第1話の感想は「東野圭吾ミステリーズ(さよならコーチ)の感想と視聴率」の感想と視聴率」をご覧ください。原作や主題歌については「東野圭吾ミステリーズの原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイトさよならコーチのあらすじと犯人のネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。