スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GTO-第2話のあらすじとネタバレ

川口春奈が出演するフジテレビのGTOドラマ「GTO(2012年リメイク版)」の第2話「鬼塚外し始動VS危ない不登校女子」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第1話のあらすじは「GTOのあらすじとネタバレ」をご覧ください。原作や主題歌については「GTO(2012年リメイク版)の原作や主題歌」をご覧ください。

相沢雅(川口春奈)に頼まれた鬼塚英吉(AKIRA)が、不登校児・葛城美姫(西内まりや)の自宅を訪れると、部屋で葛城美姫が泣いていた。

葛城美姫(西内まりや)の服はボロボロに引き裂かれており、鬼塚英吉(AKIRA)が「大丈夫か」と声をかけると、葛城美姫が悲鳴を上げた。そこへ、警察官が駆け付けてくる。

葛城美姫(西内まりや)は携帯電話の緊急通報を押しており、鬼塚英吉(AKIRA)は駆け付けた警官に連行されてしまった。

そのころ、2年4組では、生徒達が「濡れ衣でも警察に連行されたら、もう終わりだ」と笑っていると、上原杏子(新川優愛)は「今までの教師とは違う気がする」と反論した。

すると、相沢雅(川口春奈)は上原杏子(新川優愛)に「何言ってるの?私達に担任って必要かな。あのこと、忘れたわけじゃないよね」と尋ねた。

その後、鬼塚英吉(AKIRA)は誤認逮捕で釈放される。副担任の冬月あずさ(瀧本美織)が警察へ行き、鬼塚英吉を引き取った。

内山田ひろし(田山涼成)は理事長の桜井良子(黒木瞳)に、「鬼塚が2年4組を刺激して、また担任イジメを始めた」と言い、鬼塚英吉(AKIRA)の解雇を要求したが、桜井良子は「鬼塚先生に関しては、私に一任してください」と頼んだ。

一方、鬼塚英吉(AKIRA)は、吉川のぼる(中川大志)から葛城美姫(西内まりや)について聞く。

葛城美姫(西内まりや)の父親は警察署の署長で、娘の葛城美姫に緊急通報が付いた携帯電話を渡していた。葛城美姫は緊急通報を悪用しており、前の担任も嵌められたのだという。

翌日、鬼塚英吉(AKIRA)が普通に出勤したため、2年4組の生徒は「どういうことだよ。あいつ来てるじゃん」と困惑する。

その日、鬼塚英吉(AKIRA)は相沢雅(川口春奈)を呼び出し、「放課後、葛城美姫(西内まりや)の所に一緒に行ってくれ。あいつはセンコウが嫌いなんだよ。こういう時はダチの出番なんだ」と頼んだ。

笑顔で引き受けた相沢雅(川口春奈)は葛城美姫(西内まりや)に電話し、「貴女は何をやってもダメね。今度は頑張ってね。成功すれば一緒に遊んであげるわ」と指示した。

一方、上原杏子(新川優愛)は鬼塚英吉(AKIRA)に、「葛城美姫(西内まりや)に関わるのは止めな」と言い、葛城美姫について話した。

葛城美姫(西内まりや)は中学の時に母親を亡くしたが、父親は仕事ばかりで母親の看病も見舞いもせず、葬式にも出ずに仕事へ向かっていた。だから、葛城美姫は父親を恨みながら生きているのだという。

そこへ、相沢雅(川口春奈)が現れる。相沢雅は鬼塚英吉(AKIRA)に、「葛城美姫(西内まりや)と連絡がつきました。家じゃ無くて、8時に公園へ来て欲しいって」と教えた。

鬼塚英吉(AKIRA)が公園で待っていると、葛城美姫(西内まりや)が現れた。葛城美姫は「どうして私に関わるの?教師として点数を稼ぎたいだけでしょ。アンタ、自分の状況が分かってる?」と笑う。

すると、棒を持った男が鬼塚英吉(AKIRA)を取り囲んだ。葛城美姫(西内まりや)は「闇サイトで集めたの。アンタを倒せば、100万円あげるって。アンタも口先だけなんでしょ」と言い、攻撃を命じた。

鬼塚英吉(AKIRA)は「俺を口だけだと思ってるのか。その100万円は俺が貰う」と言い、葛城美姫(西内まりや)を担いで走り去った。

鬼塚英吉(AKIRA)は鉄塔に登ると、「寂しいのならパパさんに言えばいいじゃないか」と葛城美姫(西内まりや)を諭した。

葛城美姫(西内まりや)は「ママが死んだ時だって、仕事があるからって居なくなった。携帯を渡して父親の役割を果たしたと思っているような奴に、何を言えっていうのよ」と反論した。

鬼塚英吉(AKIRA)は「でも、言わなければ伝わらないんだ。言ってみろ、お前の素直な気持ち。答えてくれるかもしれないだろ。パパさんもよ」と告げた。

鬼塚英吉(AKIRA)が携帯の緊急通報を押しており、父親が警官を連れて駆け付けてくる。

葛城美姫(西内まりや)は父親に自分の気持ちを打ち明けようとしたが、父親は葛城美姫の頬を張り、「私の立場も考えろ。お前は矯正施設に入れることにした」と吐き捨てた。

葛城美姫(西内まりや)は「いつも自分の立場ばっかり。ママも寂しい思いをして死んでいったの。そっちの希望通り、居なくなってやる」と言い、走り去った。

鬼塚英吉(AKIRA)は「アンタ分かってるのか。何でアイツがこんなことを繰り返すのが」と言い、父親につかみかかるが、警察官に取り押さえられてしまった。

その日の夜、街を1人で彷徨っていた葛城美姫(西内まりや)は、男性に声をかけられ、黒いバンに乗り込んだ。2年4組の生徒・村井國男(森本慎太郎)が、偶然、その様子を目撃する。

そのころ、父親の元に葛城美姫(西内まりや)の緊急通報が届く。しかし、何度も迷惑をかけられている父親は緊急通報をイタズラと決めつけて無視した。

GTO-第2話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

スポンサーサイトGTO-第2話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。

AKIRAの演技があまりに酷く悲しすぎて見れません。

鈴音リン : 2012年07月14日(土)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。