スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


主に泣いてます-あらすじとネタバレ

菜々緒が出演するフジテレビのコスプレドラマ「主に泣いてます」の第1話「生まれ変わったらブスになりたい」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


原作や主題歌については『「主に泣いてます」の原作や主題歌』をご覧ください。

紺野泉(菜々緒)の夢はブスだった。生まれ変わったらブスになりたい。面白くて、誰からも愛されるブスになりたい。

ある日、教授の青山仁(風間トオル)から絵画教室の講師を頼まれた美大生・赤松啓介(KAT-TUNの中丸雄一)が、絵画教室を訪れると、絵画教室の中から絵画教室の生徒で中学生の緑川つね(草刈麻有)が出てきた。

緑川つね(草刈麻有)は「この教室には超ド級美人が居る。今までここに来た美大生は、みんなストーカー化して逮捕されて廃人になって行方知れずだ。覚悟してから入れ」と警告してから、赤松啓介(中丸雄一)を招き入れる。

赤松啓介(中丸雄一)が教室に入ると、緑川つね(草刈麻有)が「モデルの泉さんです」と紹介する。しかし、そこに立っていたのは「子泣きジジイ」だった。

緑川つね(草刈麻有)は、赤松啓介(中丸雄一)が紺野泉(菜々緒)に惚れないように、紺野泉に子泣きジジイのコスプレをさせているのだと言う。

そのとき、赤松啓介(中丸雄一)が教室の外を歩いている青山仁(風間トオル)に気づき、「あっ、青山教授」とつぶやく。青山仁は妻の青山由紀子(安達祐実)と一緒にフランスへ向かうところのようだ。

すると、紺野泉(菜々緒)が泣き出した。緑川つね(草刈麻有)は赤松啓介(中丸雄一)に、「馬鹿、まだ気づかないのか」と言い、2人の関係を説明する。

紺野泉(菜々緒)は、日本を代表する作家で美術大学の教授・青山仁(風間トオル)のモデル兼愛人なのだという。

緑川つね(草刈麻有)は「分かったら、泉さん(菜々緒)に惚れるんじゃ無いぞ」と忠告すると、赤松啓介(中丸雄一)は「分かってます。単位を貰えないと困るし」と応えた。

すると、赤松啓介(中丸雄一)なら大丈夫かもしれないと考えた緑川つね(草刈麻有)は、紺野泉(菜々緒)に「着替えて良いよ」と命じた。

その後、子泣きジジイのコスプレを脱いだ黒髪の絶世の美女・紺野泉(菜々緒)が更衣室から出てくる。

赤松啓介(中丸雄一)がフラフラと紺野泉(菜々緒)に吸い寄せられると、緑川つね(草刈麻有)は赤松啓介を蹴り倒し、紺野泉に「武藤」と命じた。

緑川つね(草刈麻有)は赤松啓介(中丸雄一)に、「感謝しろ。危うく恋に落ちるところを助けてやったんだぞ」と告げる。

そうこうしていると、更衣室から、プロレスラー武藤敬司のコスプレをした紺野泉(菜々緒)が出てきた。緑川つね(草刈麻有)は「今日はこのままデッサンします」と言い、デッサンを始めた。

一週間後、赤松啓介(中丸雄一)は青山仁(風間トオル)からメールを受け取る。生徒のデッサンを写メで送れ、という内容だった。

しかし、生徒の緑川つね(草刈麻有)は、報告できるようなまともなデッサンは1枚も書いていなかった。

赤松啓介(中丸雄一)は「今日こそは」と意気込んで絵画教室へ入るが、紺野泉(菜々緒)は水木しげるの漫画に出てくる日本兵のコスプレをしていた。

赤松啓介(中丸雄一)は「もうコスプレは止めよう」と頼むが、緑川つね(草刈麻有)は「もう刃傷沙汰はゴメンだよ。ここでの事件なんて可愛いもんだ。向島の赤い事件、血の3日間に比べれば。あれはまさに地獄」と教えた。

赤松啓介(中丸雄一)は「向島の赤い事件、血の3日間」の続きを尋ねたが、紺野泉(菜々緒)が泣き出したため、緑川つね(草刈麻有)は話を止めて、デッサンを再開した。

緑川つね(草刈麻有)がデッサンを終え、赤松啓介(中丸雄一)に添削を頼んだ。どう見ても緑川つねが描いた絵は漫画だった。

赤松啓介(中丸雄一)は「2人して、僕をからかってる?教授にデッサンをメールで送るように指示されている。頼むから真面目にやって」と頼む。

しかし、緑川つね(草刈麻有)は「こっちは大真面目だ。期待に応えて、次のデッサンに入る」と言い、次のデッサンに取りかかると、モデルの紺野泉(菜々緒)は「ねずみ男」のコスプレをしていた。

赤松啓介(中丸雄一)は「ちょっとまって、それじゃ、水木しげるのキャラを大きく書くだけでしょ。僕は講師としてここに来ているのだから、泉さん(菜々緒)を好きになったりしません」と言い、コスプレ無しの紺野泉をデッサンするように頼んだ。

緑川つね(草刈麻有)が「どうしてそう言い切れる?」と問うと、赤松啓介(中丸雄一)は「僕には彼女が居いるもん」と応えた。

しかし、緑川つね(草刈麻有)は「いい年して見栄をはるな」と言い、ねずみ男のデッサンを始めようとした。

困った赤松啓介(中丸雄一)は「僕はゲイなんです」とカミングアウトすると、緑川つね(草刈麻有)は「ゲイなら大丈夫。やっとアンパイが来た」と言い、紺野泉(菜々緒)と共にゲイの告白を喜んだ。

紺野泉(菜々緒)はコスプレを脱いで、普通のデッサンを始めようとするが、紺野泉がデッサンの前に「先生のメールに私のことは書いてありましたか?」と赤松啓介(中丸雄一)に尋ねた。

赤松啓介(中丸雄一)は「別に」と答えると、紺野泉(菜々緒)が泣き崩れてしまったため、デッサンは中止になってしまった。

主に泣いてます-あらすじとネタバレの後半」へ続く。

コメント

スポンサーサイト主に泣いてます-あらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

期待していたよりも随分つまらないのでもう見ないと思います。

鈴音リン : 2012年07月14日(土)

向島赤い事件とゎ何か分からないってかもうちょっとくゎしく・・・。
まぁよかったとおもいます。。。

わんゎん : 2012年08月07日(火)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。