スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リッチマン、プアウーマン・第3話のあらすじとネタバレ

石原さとみが出演する心因性認識不全症候群ドラマ「リッチマン、プアウーマン」の第3話「明かされた過去…。恋が壊れるとき」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第2話のあらすじは「リッチマン、プアウーマン・第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。原作や主題歌は『「リッチマン、プアウーマン」の原作や主題歌』をご覧ください。

総務省の事務次官・藤川真沙子(大地真央)が出した条件により、澤木千尋(石原さとみ)はネクストイノベーションでインターンとして働くことになっていた。

澤木千尋(石原さとみ)は来客を知らせるため、日向徹(小栗旬)の元を訪れると、朝比奈恒介は雑誌のインタビューを受けていた。

記者は「最後に日向徹さん(小栗旬)の出生について。日向さんは6歳から養子として、今のご両親に引き取られたということですが、実のご両親に会いたいと思いますか?」と尋ねた。

日向徹(小栗旬)は「思わない。生物上の親に会う事に意味がありますか?遺伝子工学でもやっていれば別ですけど。もういいですか」と言い、インタビューを終わらした。

その日、日向徹(小栗旬)は澤木千尋(石原さとみ)に、名刺を渡し、「せいぜい、頑張ってください。澤木千尋さん」と檄を飛ばした。

その日の夜、澤木千尋(石原さとみ)は、同じゼミの小野遥香(野村麻純)と食事する。

澤木千尋(石原さとみ)は受け取った名刺を見せ、澤木千尋は偽名で働いていることを打ち明けると、小野遥香(野村麻純)は「馬鹿じゃない?名前を変えたって就職に有利にならないよ」と呆れた。

澤木千尋(石原さとみ)が「今更、言えないよ」と頭をかかると、小野遥香(野村麻純)は「昔から知ってたわけ?日向徹(小栗旬)のこと」と尋ねた。

すると、澤木千尋(石原さとみ)は「あれは、私が東大を落ちた日だったかな」と言い、話し始めた。

澤木千尋(石原さとみ)は地元に居たとき、定食屋の女将(萬田久子)と仲良しで、家族や友達に言えないことを女将に相談していた。

澤木千尋(石原さとみ)が女将(萬田久子)に、東大に落ちたことを相談すると、女将は「息子を捨てた私に親の気持ちを語ることは出来ないけど、早く言った方が良いわ」とアドバイスした。

澤木千尋(石原さとみ)が「息子さんに会いたいですか」と尋ねると、女将(萬田久子)は「死んでも会いたくないわ。『何で僕を捨てたの』なんて聞かれるのよ。それっぽい人が来ても、絶対に教えないでね」と名はした。

帰った澤木千尋(石原さとみ)は父親に東大が不合格だったことを報告する。澤木千尋の実家は民宿で、その時の客だったのが、若かりし頃の日向徹(小栗旬)だった。

2人は防波堤へ行き、澤木千尋(石原さとみ)が「貴方はどうして来たの?」と尋ねると、日向徹(小栗旬)は「澤木千尋という人を探しに来た。母です。人づてに、ここが母の故郷だと聞いて来た。知らないですか」と尋ね返した。

定食屋の女将(萬田久子)は澤木千尋という名前だったが、澤木千尋(石原さとみ)は女将から「教えないで」と言われていたため、日向徹(小栗旬)に「知らないわ」と答えた。

その後、澤木千尋(石原さとみ)は定食屋へ行き、女将・澤木千尋(萬田久子)に「会えば良いじゃないですか」と勧めたが、女将は「会いたい、会いたくないの問題じゃ無い。会わない」と言い拒否した。

澤木千尋(石原さとみ)は急いで実家の旅館へ戻ったが、日向徹(小栗旬)はもうチャックアウトした後だった。澤木千尋(石原さとみ)は2人を再会させられないことを無念に思い、鮮明に記憶していたのだった。

翌日、澤木千尋(石原さとみ)がネクスト・イノベーションに出社すると、社員は朝から慌ただしかった。社員は「このプログラムを見てよ。社長と1番親しいでしょ」と言い、澤木千尋を取り囲む。

澤木千尋(石原さとみ)が「何なんですか、今日は」と尋ねると、社員は「デスメール」と答えた。

ネクスト・イノベーションのプログラマーは3ヶ月更新になっており、今日が更新日だった。夕方6時までに解雇メールが届けば、否応なしに解雇になるため、解雇通知のメールはデスメールと呼ばれていた。

その日、若手のホープ坂口(中野裕太)にデスメールが届く。坂口は社長室を訪れ、「売り上げ2位のゲームは俺が作った。初動で月10億の利益ですよ」と怒る。

すると、朝比奈恒介(井浦新)は「学生であれを作ったのは凄いよ。しかし、君を採用して1年、今はさほど利益が無いんだ。君には才能があると思うんだけど」と話した。

しかし、日向徹(小栗旬)は「もはや、怒りさえ覚える。マイナーチェンジでだらだらとファンをつなぎ止めておくだけだ。全く面白くない。結局、君は無能だった訳だ。今までありがとう。さようなら」と言い、切り捨てた。

心因性認識不全症候群の日向徹(小栗旬)は、坂口(中野裕太)の名前を覚えておらず、「えーと」と名前を思いだそうとすると、坂口は社員証を叩き付けて、部屋を出た。

坂口(中野裕太)がネクスト・イノベーションを出て行こうとすると、朝比奈恒介(井浦新)が「悪く思わないでくれ。あれが日向(小栗旬)なんだ」声をかけた。

しかし、坂口(中野裕太)は「別に日向(小栗旬)の評価は変わっていない。俺がムカツクのはアンタだ。アンタは俺と同じで名声を欲しがっている。なのにどうして影にまわるんだ。日向徹にビビってるからだ。俺は違う。アンタのように逃げてない」と言い、立ち去った。

その後、デスメールの期限となる6時になる。デスメールの来なかったネクスト・イノベーションの社員は歓喜の雄叫びを上げて喜んだ。

澤木千尋(石原さとみ)は日向徹(小栗旬)に、「悪趣味ですね。会社から解雇されるって、凄く深刻な問題ですよ」と苦言を呈すると、日向徹は「お前はあれだ。学級委員。たいていは、可愛くない。お前が目くじらを立てる理由が分からない」と馬鹿にした。

その後、日向徹(小栗旬)が家具店を訪れると、購入を迷っていた木のテーブルが売れていた。日向徹(小栗旬)が「検討中だと言っただろ」と怒ると、店員は「ですが、2年も経ちますので」と釈明する。

そこへ、朝比奈耀子(相武紗季)がやってくる。テーブルを購入したのは、朝比奈耀子だった。

日向徹(小栗旬)は「なら、話が早い。2年も悩んだんだ。譲ってくれ」と頼んだが、朝比奈耀子(相武紗季)は「ダメよ。この木目。お店の窓側に置いたら、栄えるだろうだろうな」と言い、拒否した。

リッチマン、プアウーマン・第3話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトリッチマン、プアウーマン・第3話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。