スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中野裕太が小栗旬の出資でゲーム会社を設立

中野裕太が出演する心因性認識不全症候群ドラマ「リッチマン、プアウーマン」の第3話「明かされた過去…。恋が壊れるとき」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


このページは「リッチマン、プアウーマン・第3話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

一方、朝比奈恒介(井浦新)は澤木千尋(石原さとみ)を誘い、バーを訪れていた。

朝比奈恒介(井浦新)が「澤木千尋の謎が解けたよ。リサーチ会社に頼んだら、アッサリ分かった。澤木千尋は徹(小栗旬)の母さんだ」と話すと、澤木千尋(石原さとみ)は「朝比奈さんには簡単でしたね」と答えた。

朝比奈恒介(井浦新)が「どうどうと言えば良いじゃないか。お母さんの居場所を教えたくて、名前をかたりましたって。黙ってるのは卑怯じゃないか」と告げると、澤木千尋(石原さとみ)は「そうですね」と答えた。

そこへ、日向徹(小栗旬)と朝比奈耀子(相武紗季)の2人がやってきた。2人は木のテーブルの話題で盛り上がっていた。

朝比奈耀子(相武紗季)は、落ち込んでいる澤木千尋(石原さとみ)を化粧室へ誘うと、「日向徹(小栗旬)のこと好き?私は好き。偶然の再会って、2人が引き合ってると思うの」と話した。

偶然の再会…。澤木千尋(石原さとみ)は「私も、昔、会ってるんだよな」と、つぶやいた。

その後、バーを出た澤木千尋(石原さとみ)が日向徹(小栗旬)に、「お話ししたいことがあるです」と呼び止めるが、日向徹は「テーブルを再検討しなければならない」と言って、タクシーに乗って帰ってしまった。

数日後、坂口(中野裕太)が東京大学へやってくる。年収数千万円あった坂口は、調子に乗って高級マンションに住んでいたが、無職になって経済的に厳しいのだという。澤木千尋(石原さとみ)は「お金はありませんよ」と、先に断った。

坂口(中野裕太)は「違うよ。再就職なんて楽勝だと思ってたんだけど、全然、ダメでさ。企業なんて馬鹿ばっかりで、分からないんだ。この面白さが。あの人(小栗旬)に見てもらいたいんだ」と言い、新しいゲームが入ったUSBメモリーを差し出した。

その後、澤木千尋(石原さとみ)は社長室を訪れ、日向徹(小栗旬)にUSBメモリーを渡す。

坂口(中野裕太)のゲームをプレイした日向徹(小栗旬)は「悪くない」と評価した。

澤木千尋(石原さとみ)が「良かった。じゃー、もう一度、雇ってあげたりとか…」と尋ねると、日向徹(小栗旬)は「それは無い。人があたふたしているのを見るのが好きなんだ」と答えた。

澤木千尋(石原さとみ)は「それが貴方のやりかたなら、それで良いです。でも、せめて坂口さんに直接、言ってあげてください。私たちは自信がないから。尊敬する人の『大丈夫』の一言が欲しいんです」と言い、立ち去った。

入れ替わるように朝比奈恒介(井浦新)がやってくる。朝比奈恒介は「売れそうなら、アイデアごと雇い入れ、うちの新規事業にすればいいじゃないか」と助言した。

しかし、日向徹(小栗旬)は「それじゃ、前回と同じで退屈だ。あいつは、また何もせずに、のうのうと生きていくぞ」と答えた。

朝比奈恒介(井浦新)は「潰すんだな。じゃー、アイデアだけ買い取ってやろう。お金に困っているらしいから、言い値で手放すぞ」と告げると、日向徹(小栗旬)は「呼んでくれ」と命じた。

その後、坂口(中野裕太)がネクスト・イノベーションへやってくる。坂口は、社長室で日向徹(小栗旬)と2人切りで話した。

そして、2人が社長室から出てくると、坂口(中野裕太)は日向徹(小栗旬)に「とにかくやってみます」と頭を下げた。

日向徹(小栗旬)は坂口(中野裕太)からゲームを買い上げるのではなく、野口に出資して、会社を作らせることにしていた。

日向徹(小栗旬)は「出資者が経営に口を出すと、ろくな事にならない」と言い、全てを坂口(中野裕太)に任せると、坂口は「俺が会社を経営する。やれるかな?とにかく頑張ります」と頭を下げた。

すると、日向徹(小栗旬)は「野口。大丈夫だ。お前のアイデアは面白い」と励ました。

坂口(中野裕太)は、心因性認識不全症候群の日向徹が名前を覚えていてくれたことに感動し、「ありがとうございます。感謝してます」とお礼を言うと、日向徹(小栗旬)は「感謝なんて必要ない。俺は少し高いオモチャを買っただけだ」と答えて立ち去った。

その日、外出していた日向徹(小栗旬)は、高級レストランで澤木千尋(石原さとみ)が1人で座っているのを目撃した。時間が経っても、まだ澤木千尋は1人で座っていたため、日向徹は「就職を諦めてお見合いでもするのか」と声をかけた。

澤木千尋(石原さとみ)は「違いますよ。教授にOBを紹介してもらう約束だったんですけど、忘れられたみたいで」と事情を説明した。

日向徹(小栗旬)は「これだけ粘って、何も食べずに出て行く勇気は無いだろう。かといって、食べれば、お前一人ではとうてい支払えない額が請求される。ちょうどいい、何か話しがあると言っていただろ」と言い、2人は食事することになった。

澤木千尋(石原さとみ)は酒の勢いを借りて、母親・澤木千尋について話そうとしたが、話せなかった。

2人がレストランを出ると、澤木千尋(石原さとみ)は「もう1件行きましょうよ。今度は私がおごります」と日向徹(小栗旬)を強引に誘う。

日向徹(小栗旬)が「人に関わり合うのは面倒だ。ちょっと甘い顔をすると、こうやって絡んでくる」と呆れると、澤木千尋(石原さとみ)は「嘘よ。だってお母さんを探しに来たじゃない」と口を滑らせた。

すると、日向徹(小栗旬)は「お前は誰だ。澤木千尋とは俺の母親の名前だ」と豹変する。

澤木千尋(石原さとみ)が「ごめんなさい。貴方の気を引きたくて、貴方のお母さんの名前をかたりました」と謝罪すると、日向徹(小栗旬)は「2度とその顔を見せるな」と吐き捨てたのであった。

第4話のあらすじは「リッチマン、プアウーマン・第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

原作や主題歌は『「リッチマン、プアウーマン」の原作や主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト中野裕太が小栗旬の出資でゲーム会社を設立へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。