スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


澤木千尋の正体

石原さとみが出演する心因性認識不全症候群ドラマ「リッチマン、プアウーマン」の第3話「明かされた過去…。恋が壊れるとき」の視聴率と感想です。第3話の視聴率は13.1%でした。


第3話のあらすじは「リッチマン、プアウーマン・第3話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「リッチマン、プアウーマン」の第3話で、「澤木千尋」の正体が明らかになった。澤木千尋は日向徹(小栗旬)の産みの母親で、澤木千尋の正体は定食屋の女将(萬田久子)だった。

澤木千尋(石原さとみ)は田舎に居たとき、定食屋の女将・澤木千尋(萬田久子)と親くしており、何でも相談していた。女将・澤木千尋(萬田久子)も澤木千尋(石原さとみ)に、息子を捨てたことを明かしていた。

一方、澤木千尋(石原さとみ)の父親は、漁師を辞めて旅館の経営をしていた。そして、父親が経営する旅館に客として泊まっていたのが、若き日の日向徹(小栗旬)だった。

澤木千尋(石原さとみ)の故郷は、日向徹(小栗旬)の母親・澤木千尋の出身地だったため、母親を探しに来た日向徹は澤木千尋(石原さとみ)の実家の旅館に泊まっていた。

このとき、澤木千尋(石原さとみ)は日向徹(小栗旬)と出会い、日向徹が母親・澤木千尋を探していることを知った。

澤木千尋(石原さとみ)は、定食屋の女将(萬田久子)が「澤木千尋」と知っていたが、女将・澤木千尋(萬田久子)から口止めされていたため、日向徹(小栗旬)には教えなかった。

このような経緯で、澤木千尋(石原さとみ)は、日向徹(小栗旬)が探している母親・澤木千尋(萬田久子)の事を知っていた。

母親・澤木千尋(萬田久子)は捨てた息子・日向徹(小栗旬)に会うことを拒否しており、何やら事情がありあそうだ。

日向徹(小栗旬)は6歳の時に養子になっており、この頃に、顔と名前が覚えられない心因性認識不全症候群を発症したのではないかと思われる。

一応、第3話を観る限りでは、日向徹(小栗旬)の母親・澤木千尋の正体は定食屋の女将(萬田久子)ということになっているのだが、澤木千尋(石原さとみ)が本名を隠していることを考えると、定食屋の女将(萬田久子)はミスリードではないかと思う。

それに、偽名を使っている澤木千尋(石原さとみ)が未だに本名を明かさないのは不自然過ぎるので、何か名前に秘密があるのではないか。

しかし、澤木千尋(石原さとみ)が同じゼミの小野遥香(野村麻純)に嘘の説明をする理由も無いので、ミスリード説に自信が持てない。

第3話の感想は「リッチマン、プアウーマン・第3話の感想」をご覧ください。原作や主題歌は『「リッチマン、プアウーマン」の原作や主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト澤木千尋の正体へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。