スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


息もできない夏-第4話のあらすじとネタバレ

武井咲が出演するフジテレビの無戸籍ドラマ「息もできない夏」の第4話「直接対決!いま襲いかかる同情という名の悪意」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第3話のあらすじは「息もできない夏-第3話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。原作や主題歌は『「息もできない夏」の原作や主題歌』をご覧ください。

夜道で自転車を運転していた谷崎玲(武井咲)は、曲がり角から現れた歩行者・鮎川宏基(要潤)にぶつかりそうになり転倒する。

鮎川宏基(要潤)は謝罪して、自転車のカゴから落ちたフランス語の教科書を拾った。

鮎川宏基(要潤)が「破れちゃったから、弁償するよ」と申し出るが、谷崎玲(武井咲)は「大丈夫です。母からのプレゼントなんです。ちゃんと見てなかった私も悪いし」と断り、別れた。

帰宅した谷崎玲(武井咲)は、家出した妹・谷崎麻央(小芝風花)に電話し、留守番電話に「お母さん元気だよ。手紙が来た。今は銚子に居るみたい」とメッセージを残す。

その後、ハンドルネーム「アップルパイ」こと谷崎玲(武井咲)は、無戸籍児が集まる掲示板「ひまわり」で、ハンドルネーム「ウイスキーボンボン」にお礼のメッセージを送る。

すると、ウイスキーボンボンは「今更だけど、俺は草野広太(中村蒼)、21歳です」と自己紹介した。

谷崎玲(武井咲)も「私は谷崎玲、18歳です。洋菓子店で働いています」と自己紹介する。

谷崎玲(武井咲)が、洋菓子店でアップルパイを担当していることを明かすと、草野広太(中村蒼)はアップルパイを買いに行くと約束した。

翌朝、片岡亜沙美(霧島れいか)は樹山龍一郎(江口洋介)に「アップルパイを食べる?買ってきたの。もしかして、区役所で担当している人って谷崎さんて人?」と尋ねた。樹山龍一郎(江口洋介)は驚きながらも、「ああ」と答えた。

その日、洋菓子店「パティスリー・シャルロット」はフリーペーパー「シティーウオッチャー」の取材を受けていた。

社員・井川さつき(原幹恵)は取材に対して、「パテシエは実力勝負の世界だからやりがいがある」と答えた。

一方、谷崎玲(武井咲)は取材に対して、「子供のころ、初めて母と一緒に作ったのが、アップルパイでした。甘くて、酸っぱくて、暖かくて。一口食べて幸せになりました。そのそき、スイーツは人を幸せにするんだと知りました」と答えた。

その日、谷崎玲(武井咲)が店の外で閉店の準備をしていると、男性が声をかけた。男性は勇気を出して、「アップルパイはまだありますか。アップル…、アップルパイさん」と尋ねた。

谷崎玲(武井咲)は「もしかして、ウイスキーボンボンさんですか?」と喜ぶ。男性はウイスキーボンボンこと草野広太(中村蒼)であった。

仕事が終わった谷崎玲(武井咲)は、草野広太(中村蒼)と一緒に喫茶店へ行く。

草野広太(中村蒼)が「楽しいな。俺は友達居ないし。ほら、仲良くなる時って、自分の事を話すだろ。俺にはそれが出来ないから」と打ち明けると、谷崎玲(武井咲)は「じゃー、友達になろうよ。草野君には何でも話せるし」と答えた。

そして、谷崎玲(武井咲)は、「お母さんから手紙が来たの。お母さんの思いも知ったし、信じて待つことにした」と近況を報告する。

一方、草野広太(中村蒼)は、「肉体労働のアルバイトをしている。俺は義務教育も受けてないんだ。戸籍が無いから部屋も借りられないだろ。今は嫌いな奴に頭を下げて、名義を貸して貰っている」と打ち明ける。

そして、草野広太(中村蒼)は「今、可愛そうだ、と思っただろ?私の方がマシだって。みんな思うんだ。…ごめん、こんな言い方しか出来なくて」と謝罪した。

そのころ、谷崎葉子(木村佳乃)は民宿で申述書を書いていた。谷崎葉子は1991年4月、18歳の時に鮎川宏基(要潤)と結婚したが、2ヶ月後から鮎川宏基にDVの兆候が現れ始めた。

待避期間の半年を待って11月に谷崎啓介(神尾佑)と婚姻届けを提出したが、その時に鮎川宏基(要潤)が離婚届を提出していないことが判明し、谷崎葉子(木村佳乃)は北海道へ戻り、鮎川宏基(要潤)に離婚届を出すように頼んだ。

申述書を書いていた谷崎葉子(木村佳乃)は、鮎川宏基(要潤)のDVが脳裏をかすめ、怯えてしまう。

その日の夜、留守番電話を聞いた妹・谷崎麻央(小芝風花)が帰宅し、谷崎玲(武井咲)に「お母さんの手紙を見せて。これ以上、私に隠し事をしないで」と迫った。

谷崎玲(武井咲)は「手紙を読む前に、話しておくことがあるの」と言い、戸籍が無いこと、母親が離婚していたこと、DV被害を受けていたことなどを打ち明けた。

手紙を読んだ妹・谷崎麻央(小芝風花)は「お姉ちゃん、ゴメンね。私は何も知らなくて、自分の事しか考えられなかった」と謝辞した。

数日後、洋菓子店「パティスリー・シャルロット」にフリーペーパー「シティーウオッチャー」が届いた。谷崎玲(武井咲)が大きく特集されており、安倍川衣里(橋本麗香)は満足する。

息もできない夏-第4話のあらすじとネタバレ後半」へ続く。

コメント

スポンサーサイト息もできない夏-第4話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。