スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山本八重と白虎隊の伊東悌次郎のあらすじとネタバレ

山本八重(新島八重)の生涯をあらすじで紹介する実話「山本八重の桜」のあらすじとネタバレシリーズ「山本八重と白虎隊の伊東悌次郎のあらすじとネタバレ」編です。


このページは「三春藩の裏切り・二本松少年隊の悲劇のあらすじとネタバレ」からの続きです。

実話「山本八重の桜」の目次は『実話「山本八重の桜」のあらすじとネタバレ』をご覧ください。

■山本八重と白虎隊
川崎尚之助との結婚を機に砲術を禁止されていた山本八重(後の新島八重)であったが、「鳥羽・伏見の戦い」や「白河口の戦い」の戦況を聞き、1968年6月ごろから、戦争に備えて砲術の訓練を再開する。

22歳になった山本八重の砲術は、人に教えるレベルまで達しており、山本家に遊びに来た白虎隊にも砲術を教えていた。

ただ、白虎隊はフランス式の訓練を取り入れており、遊びに来た白虎隊員は、山本八重が教えるまでもなく、一通りのことは出来ていた。

会津藩の上級藩士は「鉄砲は下級武士の武器だ」「武士が腹ばいになれるか」と激怒していたが、若い白虎隊にはそのような抵抗が無く、洋式銃を受け入れて積極的に射撃の訓練を受けていたのだ。

■山本八重と伊東悌次郎
白虎隊は15歳から17歳までで編成される予定だったが、「15歳では重い銃を扱うのは難しい」という理由で16歳と17歳で編成することになった。

山本八重の東隣に住んでいた伊東悌次郎(いとう・ていじろう=15歳)は年齢が1歳足りないため、白虎隊に入れずに悔しがり、山本八重に砲術を習いに来ていた。

山本八重は機を織りながら伊東悌次郎に鉄砲の撃ち方を教えるが、発砲すると大きな音がするため、伊東悌次郎は驚いて目を閉じてしまう。

新島八重は「臆病者!臆病者!お前のような臆病者には教えぬ」と罵倒すると、伊東悌次郎は「次は目を閉じない」と言い、再び銃を構える。

結局、伊東悌次郎は3度目で発砲しても目を閉じなくなったため、山本八重は伊東悌次郎に鉄砲の撃ち方を教えてやった。

やがて、伊東悌次郎が一通りのことが出来るようになると、山本八重は射撃の動作を妨げになることを理由に、伊東悌次郎の下髪を切り落とす。

すると、山本八重は母・山本佐久に「厳格な伊東家の許可無しに、髪を切るとは何事ですか」と、こっぴどく叱られてしまうのであった。

その後、伊東悌次郎は年齢を改竄して白虎隊(士中二番隊)に入り、「戸ノ口原の戦い」で死んでいる。山本八重は死ぬまで、戦死した伊東悌次郎のことを悲しんだ。

■会津人はスパルタ人
山本八重の2番目の夫になる新島襄は、山本八重(新島八重)との結婚生活を通じて、そして山本八重から聞いた戊辰戦争の話しから、会津人は「スパルタ人」のような人種だと考えていた。

スパルタとは、古代ギリシャ時代の軍事国家で、独特の軍事教育制度を有することから「スパルタ教育」の語源になった国である。

実話「山本八重の桜」の会津編「母成峠の戦い-伝習隊と新選組のあらすじとネタバレ」へ続く。

コメント

スポンサーサイト山本八重と白虎隊の伊東悌次郎のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。