スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


息もできない夏-第5話のあらすじとネタバレ

武井咲が出演するフジテレビの無戸籍児ドラマ「息もできない夏」の第5話「最悪の悪夢がやって来た…あの男がついに」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第4話のあらすじは「息もできない夏-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。原作や主題歌は『「息もできない夏」の原作や主題歌』をご覧ください。

ある日、谷崎玲(武井咲)と谷崎葉子(木村佳乃)の2人は、区役所を訪れ、樹山龍一郎(江口洋介)に戸籍を作るための書類を提出する。

樹山龍一郎(江口洋介)は「法務省へ送り、その後、戸籍を作る手続きに入ります。まず、鮎川の戸籍を作り、そして、谷崎の戸籍へ移す形になります」と説明した。

谷崎玲(武井咲)は戸籍が出来ることを単純に喜んでいたが、谷崎葉子(木村佳乃)は樹山龍一郎(江口洋介)に「一度、記録された戸籍は、ずっと残りますよね」と尋ね、不安がっていた。

谷崎玲(武井咲)は谷崎葉子(木村佳乃)と別れると、樹山龍一郎(江口洋介)に「お礼は何が良いですか?」と尋ねた。

樹山龍一郎(江口洋介)は「学生時代に流行ってたんだ」と言い、ティラミスを頼むと、谷崎玲(武井咲)は「樹山さんの学生時代って、私が生まれる前ですよ」と笑った。

翌日、谷崎玲(武井咲)は店長・安倍川衣里(橋本麗香)に戸籍作りの状況を報告した。店長・安倍川衣里は「正社員の手続きができるわね。留学の件も本社に連絡しておくわ」と喜んだ。

同僚のみんなも喜んでくれた。嫌われていた社員・井川さつき(原幹恵)も「おめでとう」と言ってくれた。

一方、谷崎香緒里(浅田美代子)は夏目周作(北大路欣也)に電話し、谷崎葉子(木村佳乃)が帰宅したことを教え、戸籍を作る手続きを行っていることを報告した。

その日、鮎川宏基(要潤)が洋菓子店「パティスリー・シャルロット」へやってきた。

鮎川宏基(要潤)は谷崎玲(武井咲)に「あれ、ここで働いてたんだ」と言って偶然の再会を装い、谷崎玲が薦めるアップルパイを購入した。

一方、片岡亜沙美(霧島れいか)は樹山龍一郎(江口洋介)に、「仕事はまだ忙しいの?パテシエの谷崎さんだっけ?」と尋ねると、樹山龍一郎は「もうほとんど終わったかな」と答えた。

片岡亜沙美(霧島れいか)は「残念だったりして。可愛い子だったし、貴方は生き生きしているようだったから」と告げた。

他方、無戸籍児の草野広太(中村蒼)は工事現場で働きながら、谷崎玲(武井咲)の言葉を思い出していた。

その日の夜、ホテルから出てきた草野広太(中村蒼)は、男性にお金を渡し、「俺はもうこんな仕事…」と言って断ろうとすると、男性は「アパートの契約を更新しておいてやったぞ。嫌ならいつでも辞めていいんだぞ。それで生きていけるのならな」と告げた。

一方、谷崎香緒里(浅田美代子)は谷崎葉子(木村佳乃)に「戸籍は谷崎の姓に直ぐには入れるの?」と尋ねると、谷崎葉子は「前の夫の姓に入り、直ぐに谷崎の姓に入ります」と答えた。

谷崎香緒里(浅田美代子)は「2度とあの子達を辛い目に遭わせないでちょうだい」と告げると、谷崎葉子(木村佳乃)はうなずいた。

他方、草野広太(中村蒼)は帰宅すると谷崎玲(武井咲)からのメールを読んだ。

草野広太(中村蒼)は「無戸籍児の人が集まるオフ会があるんだけど、来ない?」と誘うと、谷崎玲(武井咲)は「良いですよ。仕事が終わったら駅前で待ってます」と返信した。

翌日、店長の安倍川衣里(橋本麗香)が、来月のお薦め商品のアイデアを求めると、井川さつき(原幹恵)がトマトを使ったシブーストを提案した。

店長の安倍川衣里(橋本麗香)は井川さつき(原幹恵)の提案を採用し、さらに「男性が食べられる商品も欲しいわね」と言い、谷崎玲(武井咲)にアイデアを求めた。

谷崎玲(武井咲)は困ったが、樹山龍一郎(江口洋介)の事を思い出し、ティラミスを提案した。

社員が「今更、ティラミス?」と批判したが、井川さつき(原幹恵)は「良いと思います。味を大人向けにして、オリジナリティーを出せればですけど」とフォローすると、安倍川衣里(橋本麗香)は谷崎玲(武井咲)にティラミスの試作を命じた。

谷崎玲(武井咲)が「ありがとう」と礼を述べると、井川さつき(原幹恵)は「助けたわけじゃないわ。ちゃんと勝負がしたかっただけよ」と答えた。

一方、夏目周作(北大路欣也)は鮎川宏基(要潤)を呼び出し、「金なら私ができる限りのことをする。2度と葉子(木村佳乃)の前には姿を見せないでくれ」と頼んだ。

しかし、鮎川宏基(要潤)は「金なら要りませんよ。今は金よりも大事なことがあるんです。安心してください。俺は貴方が思ってるような男じゃ無いですから」と告げて立ち去った。

その日の夜、谷崎葉子(木村佳乃)は区役所を訪れ、「娘の戸籍を谷崎の戸籍に直接、入れる事はできないでしょうか」と相談した。

田所光子(濱田マリ)は「今の法律では難しい。裁判をすれば可能性はあるが、時間がかかるし、判例から見ても勝つのは難しい」と教えた。

息もできない夏-第5話のあらすじとネタバレ後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト息もできない夏-第5話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

5話の後半に行けません。続きがみたい。

さるりん : 2012年08月15日(水)

さるりんさんへ
ご指摘ありがとうございます。後半へリンクするのを忘れていたので、リンクを追加しました。

管理人 : 2012年08月15日(水)

早々にありがとうございます。6話から見たドラマだったので、5話までのあらすじが知りたくて…いろいろ見たのですがイマイチ分からなくて。詳しくて一番内容がよくわかりました(^^)v

さるりん : 2012年08月15日(水)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。