スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


上遠野太洸の彼女は土屋太鳳

上遠野太洸が出演するTBSの熱愛ドラマ「黒の女教師」の第5話「花火の恋!盗撮犯に愚か者!教師の過去」の感想です。


第5話のあらすじは「黒の女教師-第5話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

どうやら、ガールズバーでアルバイトしていた松本栞(土屋太鳳)と、お金持ちの立花聡(上遠野太洸)は交際に発展したようだ。

松本栞(土屋太鳳)は、「彼女よ」と言って、昔の仲間に絡まれている立花聡(上遠野太洸)を助け出した。

一方、立花聡(上遠野太洸)は、「彼氏だ」と言って、売春をさせられそうになっていた松本栞(土屋太鳳)を助け出した。

立花聡(上遠野太洸)は当初、松本栞(土屋太鳳)に10万円を貸して、お金の力で交際しようとしていたが、松本栞(土屋太鳳)に「お金を貸した位で、彼氏みたいなこと言わないで」と拒否されていた。

ところが、立花聡(上遠野太洸)は中学時代にパシリにされて、虐められており、高校デビューだったことが判明すると、松本栞(土屋太鳳)の態度が変わった。

松本栞(土屋太鳳)は実家が貧乏だったが、ガールズバーでアルバイトをしながら、お金持ちを装っており、松本栞(土屋太鳳)も高校デビューだったのだ。

ガールズバーで働いていた松本栞(土屋太鳳)は、店長の河合輝也(加藤虎ノ介)に着替えを盗撮されており、出張ガールズバー(会員制の売春クラブ)を強要された。

そして、松本栞(土屋太鳳)は、教育評論家の永井浩(杉村太蔵)と売春をさせられそうになるのだが、間一髪のところで、立花聡(上遠野太洸)に助けて貰った。

こうして、松本栞(土屋太鳳)は、立花聡(上遠野太洸)のことが好きになったようだ。

元々、松本栞(土屋太鳳)は、お金持ちと結婚して専業になることが夢だった。

一方、立花聡(上遠野太洸)はお金持ちで、お金の力で松本栞(土屋太鳳)を彼女にしようとしていたので、2人の利害は一致しており、お似合いのカップルだと思う。

松本栞(土屋太鳳)が好きにならなければ、立花聡(上遠野太洸)は完全にストーカーだったが、このまま交際して、結婚して幸せになって欲しい。

原作や主題歌については『「黒の女教師」の原作や主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト上遠野太洸の彼女は土屋太鳳へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

初めまして滋賀県出身溝辻陽夜莉です        (みぞつじ ひより)
上遠野太洸さんは凄くかっこよくて土屋たおさんは凄く可愛いので私の憧れの人です。学校のみんなも可愛いかっこいいと言っています!だからこれからも張り切ってドラマ撮影頑張って下さい。応援しています!      滋賀県出身中学二年  溝辻陽夜莉

溝辻陽夜莉 : 2012年08月20日(月)


こういう先生も場合によっては必要のなり

名無し : 2012年08月23日(木)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。