スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑川つね(草刈麻有)はツンデレだった

草刈麻有が出演するフジテレビのツンデレドラマ「主に泣いてます」の第5話「僕のものになって」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


このページは「主に泣いてます-第5話のあらすじとネタバレ」からの続きです

緑川つね(草刈麻有)は間一髪のところで絵画を守り、柳(渋川清彦)に「よく見ろ。これは絵だ。展覧会に出展する大事な作品なんだ」と告げた。

赤松啓介(中丸雄一)が緑川つね(草刈麻有)の言葉に感動していると、柳(渋川清彦)は「頼む。この絵を俺に売ってくれ」と言い出した。

緑川つね(草刈麻有)が「よし、20万円でどうだ」と答えると、柳(渋川清彦)は即金で絵を購入し、喜んで帰った。緑川つね(草刈麻有)は「泉(菜々緒)さん。これで当分はくらせるぞ」と喜んだ。

絵画教室に戻った赤松啓介(中丸雄一)が落ち込んでいると、責任を感じた紺野泉(菜々緒)が「作品が完成するまで、何日でもモデルをします」と申し出た。

それを聞いた緑川つね(草刈麻有)は、柳寿司を訪れ、柳(渋川清彦)に鮨詰を注文した。

しかし、柳(渋川清彦)は緑川つね(草刈麻有)の命令口調に激怒し、「自分で作れ」と言い出したため、緑川つね(草刈麻有)は自分で太巻きを作った。

絵画教室に戻った緑川つね(草刈麻有)は、「差し入れだ、柳寿司の前を通ったから買ってきた。要らなければ食うな」と言い、太巻きが入った折り詰めを差し出した。

赤松啓介(中丸雄一)は「ありがとう。食べるよ。今日は徹夜だから助かる。雨に打たれる泉(菜々緒)を描きたいと思った衝動には勝てないと思うけど」と答えると、緑川つね(草刈麻有)は絵画教室を飛び出した。

小桃宣親(加藤諒)は「まさか、売った絵を取り戻しに行くんじゃ。先生、早く言って上げて」と促すと、赤松啓介(中丸雄一)は緑川つね(草刈麻有)の後を追った。

一方、緑川つね(草刈麻有)は柳寿司に上がり込み、2階で絵を見つけるが、柳(渋川清彦)が絵に触ったらしく、絵は汚れていた。

緑川つね(草刈麻有)が絵を持ち帰ろうとすると、柳(渋川清彦)と大将(モト冬樹)が駆け付けてきた。

そこへ、柳寿司の女将(松本じゅん)が戻ってくる。紺野泉(菜々緒)の絵を見た女将(松本じゅん)は、「あんたたち、まだこの女にうつつを抜かしているの」と言い、絵に突進した。

柳寿司を出た緑川つね(草刈麻有)が絵を持って帰っていると、追いかけてきた赤松啓介(中丸雄一)に遭遇した。赤松啓介(中丸雄一)は「絵を持つよ」と言ったが、緑川つね(草刈麻有)は拒否して逃げてしまった。

緑川つね(草刈麻有)が自宅へ絵を持ちかえると、ボロボロに汚れた絵を見て「俺のミスだ。まさかこんな事になるだなんて」と反省する。

トキばあ(高泉淳子)が「つね(草刈麻有)が反省しているところを初めて見た。やっぱり、赤松先生(中丸雄一)が好きなの?」と尋ねると、緑川つね(草刈麻有)は「そんなことあるか」と言い、カッターで絵を切り裂いた。

そうこうしていると、雨が降ってきた。小桃宣親(加藤諒)は「もう1回、泉(菜々緒)さんに雨の中でモデルをしてもらおうよ」と提案したが、緑川つね(草刈麻有)は「2回目は感動にならない」と棄却した。

緑川つね(草刈麻有)が家を出て川岸を訪れると、雨のかな、傘も差さずに赤松啓介(中丸雄一)が立っていた。そこへ、ずぶ濡れになった紺野泉(菜々緒)が絵の道具を持ってやってくる。

紺野泉(菜々緒)は赤松啓介(中丸雄一)に絵の道具を渡して、ポーズをとった。そして、紺野泉(菜々緒)は「雨が強くて、目が開けられません。開いているつもりで描いてください」と頼んだ。

その様子を見た緑川つね(草刈麻有)は引き返して、柳寿司を訪れた。緑川つね(草刈麻有)は八海山(酒)を注文したが、柳(渋川清彦)が「何言ってるんだ子供が。お互い辛いな片思いは」と言い、牛乳を差し出した。

一方、赤松啓介(中丸雄一)は雨の中でポーズをとる紺野泉(菜々緒)に傘を差しだし、「泉(菜々緒)さん、どうして貴女はそんなに美しいのですか」と告げたのであった。

第6話のあらすじは「主に泣いてます-第6話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。原作や主題歌については『「主に泣いてます」の原作や主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト緑川つね(草刈麻有)はツンデレだったへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

ツンデレいいねー♡

あ : 2012年08月27日(月)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。