スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


主に泣いてます-第6話のあらすじとネタバレ

中丸雄一が出演するフジテレビの美人過ぎるドラマ「主に泣いてます」の第6話「涙が止まらない」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第5話のあらすじは「主に泣いてます-第5話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

原作や主題歌については『「主に泣いてます」の原作や主題歌』をご覧ください。

赤松啓介(KAT-TUNの中丸雄一)はアトリエに鍵をかけて、夜遅くまで紺野泉(菜々緒)を描いていたが、赤松啓介(中丸雄一)は紺野泉(菜々緒)に「もう大丈夫なので、先に帰ってください」と告げた。

紺野泉(菜々緒)は「大丈夫です。ポーズをしてます」と答えたが、赤松啓介(中丸雄一)は「先に帰ってください。じゃなきゃ、僕…。僕は暫くアパートには帰りません。ここで絵を完成させます」と告げた。

紺野泉(菜々緒)は、「分かりました。1人で集中したいということですね」と自分に言い聞かせるようにして、アトリエを出た。

1人でアトリエに残った赤松啓介(中丸雄一)は「これ以上、一緒に居たら、本当にヤバイよ。俺」と呟いた。

やがて、全画展の日がやってきた。赤松啓介(中丸雄一)は何とか紺野泉(菜々緒)の絵を仕上げることができ、絵を全画展に出展したが、徹夜で仕上げたため、絵を出展すると、ロビーのソファーで寝てしまった。

一方、青山仁(風間トオル)らが絵の審査をしていると、赤松啓介(中丸雄一)の絵の順番がやってきた。赤松啓介(中丸雄一)の絵を見た青山仁(風間トオル)は絶句した。

赤松啓介(中丸雄一)は初出展だったが、審査員は皆、「本当に初出展なのか」と驚き、赤松啓介(中丸雄一)の絵は新人賞の候補となった。

やがて、赤松啓介(中丸雄一)が起きると、紺野泉(菜々緒)がキノコのコスプレで現れた。紺野泉(菜々緒)は「完成した絵が見たい」と言う。

そこへ、審査を終えた青山仁(風間トオル)がやってきた。青山仁(風間トオル)は紺野泉(菜々緒)に「こういう所へ来ちゃダメだろ」と注意すると、赤松啓介(中丸雄一)は「仁先生が泉さんの行動を制限するのはおかしいと思います」と反論した。

青山仁(風間トオル)は「なるほど。道理で、あんな絵が描けわけだ。受賞の発表は来週だ。楽しみだね」と言って立ち去った。

紺野泉(菜々緒)は「どうしよう。仁さん(風間トオル)の作家活動の邪魔はしないって約束したのに。考えたら分かるはずなのに。ここは芸術家・青山仁にとって何処よりも神聖な場所なのに」と言って泣き出した。

赤松啓介(中丸雄一)らが絵画教室に帰ると、トキばあ(高泉淳子)がパスポートを準備して、はしゃいでいた。新人賞の賞品がフランス留学なのだという。

トキばあ(高泉淳子)も全画展に絵を出展しており、新人賞を取る気、満々でパスポートを準備していたのだった

ママ(田島令子)が紺野泉(菜々緒)に、「赤松先生(中丸雄一)が賞を取ったら、一緒に連れて行ってもらいなさいよ。仁先生には連れて行ってもらっていないでしょ」と告げる。

しかし、紺野泉(菜々緒)は「私なんてダメです。仁先生(風間トオル)から貰った絵はがきは本当に綺麗だった。私はあの絵はがきだけで、十分に幸せです」と答えた。

一週間後、全画展の審査結果が通知が届く。トキばあ(高泉淳子)は新人賞を逃したが、奇跡的に入選していた。

緑川つね(草刈麻有)は紺野泉(菜々緒)に赤松啓介(中丸雄一)の結果を尋ねたが、作品が完成して以降も赤松啓介はアトリエで寝泊まりしてアパートには帰ってきていないため、紺野泉(菜々緒)は何も知らなかった。

緑川つね(草刈麻有)はアパートのポストを開けようとしたが、鍵がかかっていたため、赤松啓介(中丸雄一)のアトリエへと向かう。

そのころ、赤松啓介(中丸雄一)はアトリエのソファーで、紺野泉(菜々緒)の夢を見ていた。赤松啓介(中丸雄一)は「泉さん」と叫んで目を覚ますと、目の前に緑川つね(草刈麻有)が立っていた。

緑川つね(草刈麻有)はショックを受けて部屋を出て行くと、入れ替わるように青山仁(風間トオル)が入って来た。青山仁(風間トオル)は何故かベロベロに酔っている。

赤松啓介(中丸雄一)が「どうしたんですか。そんなに酔って」と尋ねると、青山仁(風間トオル)は「まだ知らないんだ。全画展の結果」と笑った。

一方、アトリエを飛び出た緑川つね(草刈麻有)は、郵便受けの鍵を壊して封筒と取り出し、全画展の結果を知ると、通知を破り捨てた。

その後、みんなが緑川つね(草刈麻有)の元にやってくると、緑川つね(草刈麻有)は赤松啓介(中丸雄一)に、「お前はどうしたいんだ。泉さんをフレンチェに連れて行きたいのか?言えよ。描きたいんだろ」と尋ねた。

赤松啓介(中丸雄一)は「描きたいという気持ちはあります」と答えると、緑川つね(草刈麻有)は「そうか」と言い、立ち去った。

主に泣いてます-第6話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト主に泣いてます-第6話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。