スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


風間トオルが愛人の菜々緒を中丸雄一に押しつけて逃走

菜々緒が出演するフジテレビの愛人ドラマ「主に泣いてます」の第6話「涙が止まらない」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「主に泣いてます-第6話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

その日の夜、紺野泉(菜々緒)は赤松啓介(中丸雄一)に、「短い間でしたが、お世話になりました」と礼を述べ、アパートを出て行くことを告げた。

紺野泉(菜々緒)は、緑川つね(草刈麻有)のことが心配なので赤松啓介(中丸雄一)のアパートを出るのだという。

その後、紺野泉(菜々緒)は、トキばあ(高泉淳子)の部屋に泊まっていると、青山仁(風間トオル)から電話がかかってきた。

青山仁(風間トオル)は「明日、全画展の受賞式がある。モデルなんだから、お洒落して、おいで。僕の作品も展示してあるから、見に来ると良い。それと、赤松君とフランスへ行ってきなさい。泉の旅費は僕が出してあげるから」と告げる。紺野泉(菜々緒)の瞳から、涙がこぼれ落ちる。

一方、赤松啓介(中丸雄一)も紺野泉(菜々緒)に電話をかけるが、紺野泉(菜々緒)は通話中だったため、留守番電話に繋がる。

赤松啓介(中丸雄一)は留守番電話に「明日の授賞式に来てもらえませんか。僕が描いた絵を貴女に観て欲しくて。だから、明日、待ってます」とメッセージを残した。

翌日、全画展の受賞式が始まる。赤松啓介(中丸雄一)はあたりを見回すが、紺野泉(菜々緒)の姿は見当たらなかった。

そのころ、紺野泉(菜々緒)は緑川つね(草刈麻有)に、「仁先生にフランスへ行けって言われた。仁先生の作品を観るのが怖い。他の人を描いていたとしたら、私…」と相談していた。

緑川つね(草刈麻有)は「だとしても2人の作品を観るんだ。これは、泉さんが仁先生を卒業できるチャンスだ」と告げた。

その後、新人賞に選ばれた赤松啓介(中丸雄一)が挨拶する順番がやってくる。赤松啓介(中丸雄一)が壇上で挨拶していると、紺野泉(菜々緒)が男子中学生のコスプレで授賞式に現れた。

紺野泉(菜々緒)と緑川つね(草刈麻有)が一緒に、青山仁(風間トオル)の作品を観に行くと、絵の前で青山仁(風間トオル)が立っていた。

青山仁(風間トオル)は「これが『愛の肖像』の新作だよ」と言い、絵の前から立ち退くと、絵が現れた。絵には椅子が描かれているだけで、紺野泉(菜々緒)の姿は無かった。

紺野泉(菜々緒)が「私が居ない」と泣くと、青山仁(風間トオル)は「さよならだ、泉。僕はもう、泉を描けない」と告げた。

その後、授賞式が終わった赤松啓介(中丸雄一)が、青山仁(風間トオル)の絵を観にやってきた。

赤松啓介(中丸雄一)は「泉さん(菜々緒)はこの作品を観たんですか?」と驚くと、青山仁(風間トオル)は「観たよ。そして、泉(菜々緒)に言ったよ。愛シリーズはもう終わりだって」と教えた。

青山仁(風間トオル)は「古今東西の芸術家は恋人をモデルにしたが、他人との共有は不可能なのさ。君の絵は僕の想像を超えていた。僕は君に負け、泉をも奪われた」と告げた。

赤松啓介(中丸雄一)が「それが、貴方の書いたシナリオですか。僕も馬鹿じゃ無い。泉さんを切るために僕を利用したことくらい分かってます」と答えると、青山仁(風間トオル)は走って逃げ出した。

赤松啓介(中丸雄一)が「図星なの?なんて人だ」と驚いていると、小桃宣親(加藤諒)が助けを求めにやってきた。紺野泉(菜々緒)が死ぬと言い出したのだという。

赤松啓介(中丸雄一)が屋上に駆け付けると、飛び降りようとしている紺野泉(菜々緒)を、緑川つね(草刈麻有)が必死に止めているところだった。

赤松啓介(中丸雄一)は飛び降りようとしている紺野泉(菜々緒)の腕を掴んで引きずり下ろすと、紺野泉(菜々緒)は「どうして止めるんですか。死なせてください」と泣いた。

すると、赤松啓介(中丸雄一)は「死んじゃダメです。生きて、モデルとして僕の作品に力を与えてください。一緒にフランスへ行きましょう。これからは、僕が貴女の居場所になりますから」と告げた。紺野泉(菜々緒)は、ただ泣きじゃくっていた。

その後、小桃宣親(加藤諒)が「良いの?」と尋ねると、緑川つね(草刈麻有)は「泉さん(菜々緒)が幸せだったら、俺はそれで良い」と答えた。

しかし、自宅に戻った緑川つね(草刈麻有)は、フランスの本を眺めながら、1人で泣いていた。

第7話のあらすじは「主に泣いてます-第7話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。原作や主題歌については『「主に泣いてます」の原作や主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト風間トオルが愛人の菜々緒を中丸雄一に押しつけて逃走へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。