スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日向徹が澤木千尋と再会

石原さとみが出演するフジテレビの会社乗っ取りドラマ「リッチマン、プアウーマン」の第10話「あふれる想い…私たちが出した答え」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


このページは「リッチマン、プアウーマン第10話のあらすじとネタバレの後半」からの続きです。

■リッチマン、プアウーマン第10話のあらすじ後編
そのころ、夏井真琴(石原さとみ)は就職が内定している製薬会社の研究室でバイトをしていた。上司は「教授が推薦するだけのことはある」と、夏井真琴(石原さとみ)の仕事ぶりを褒めた。

夏井真琴(石原さとみ)は上司に「この仕事は、人々の生活を良くしますか?」と尋ねると、上司は「この仕事は人々の生活を、間違いなく良くしますよ」と答えた。しかし、夏井真琴(石原さとみ)には何かが引っかかっていた。

一方、日向徹(小栗旬)と朝比奈耀子(相武紗季)の2人は、夏井真琴(石原さとみ)の実家の民宿を訪れたが、夏井真琴(石原さとみ)は帰っていなかった。両親も夏井真琴(石原さとみ)の事は知らないようだ。

日向徹(小栗旬)は「無駄足だったな」とため息をつくと、朝比奈耀子(相武紗季)は「お母さんに会わなくても良いの?お兄ちゃんが送って来たの。何かに使えって」と言い、母親の住所を渡した。

日向徹(小栗旬)は母親・澤木千尋(萬田久子)が営む定食屋の前まで来たが、店は閉まっていた。

日向徹(小栗旬)は「向こうも僕が分からないはずだ。施設から養子に行って名字も変わったし」と言って帰ろうとすると、後ろから澤木千尋(萬田久子)が「ごめんなさいね。今、開けます」と声をかけた。

澤木千尋(萬田久子)は日向徹(小栗旬)を店内に招き入れたが、仕込みをしていないため、「オムライスなら出来るわ。結構、自信があるのよ」と言い、オムライスを作った。

日向徹(小栗旬)はオムライスを食べても何も言わないため、澤木千尋(萬田久子)は「ごめんなさいね。子供っぽい物を出して。焼き魚定食でも作るわ」と言うと、日向徹(小栗旬)は「上手いです」と答えた。

澤木千尋(萬田久子)は日向徹(小栗旬)に気づき、「貴方…何か有名な社長さんでしょ?前に見たのよ。テレビで。こんな息子さんを持ったお母さんはええなと思った。オムライスを美味しいって食べてくれたって、自慢しようかな」と喜んだ。

その後、定食屋を出た日向徹(小栗旬)は「何にも無かった。恨みも怒りも。ただ、良かった。この人が元気そうでって、思ったくらいで。あんなに探してたのは何だったんだろうって感じだ」と落ち込む。

朝比奈耀子(相武紗季)は「それは、貴方にもっと会いたい人が出来たからじゃない?今会いたいのは夏井さん(石原さとみ)なんでしょ」と話した。

そして、日向徹(小栗旬)は「ありがとう。君とこの旅が出来て良かった。僕の中で、ハッキリしなかったことが見えてきた。君のおかげで、決断できた」と礼を述べた。

翌日、坂口(中野裕太)はワンダー・ウォールの社員に、「日向徹(小栗旬)はネクストイノベーションに戻る」と告げると、小川聡史(中村靖日)らは「信じて付いてきたのに、僕らはどうなるんだ」と一斉に反発した。

すると、坂口(中野裕太)は「日向徹(小栗旬)が俺に頭を下げたんですよ。俺たちだけでやってやろう、ってならないんですか?どこまでアイツに寄りかかってるんですか」と叱咤した。

そのころ、日向徹(小栗旬)は製薬会社の研究施設を訪れて、夏井真琴(石原さとみ)と会っていた。

夏井真琴(石原さとみ)が「よく分かりましたね。ここ」と驚くと、日向徹(小栗旬)は「大学の研究室に電話したら教えてくれた」と話した。

そして、日向徹(小栗旬)は「散々電話して、アパートまで行って。それに、お前のど田舎の家まで行ってきたんだ」と怒る。

夏井真琴(石原さとみ)が「田舎まで?何で?」と驚くと、日向徹(小栗旬)は答えに窮して「従業員が急に居なくなったのだから、心配するのは当然だろ」と答えた。

そして、日向徹(小栗旬)は「大事な話がある。会社のことで」と告げると、夏井真琴(石原さとみ)は「私も大事な話があるんです。先に日向さんからどうぞ」と答えた。

すると、日向徹(小栗旬)は「僕はネクストイノベーションに戻る。僕はやっぱり、朝比奈が帰ってこられる場所を残しておいてやりたい」と話した。

夏井真琴(石原さとみ)は「良かった。私、日向さんと朝比奈さんの最強コンビが大好きなんです」と喜んだ。

日向徹(小栗旬)は「でも、実際、立て直せるかどうかは。買収させる寸前だし」と弱音を吐くと、夏井真琴(石原さとみ)は「大丈夫、日向さんなら出来る」と励ました。

日向徹(小栗旬)は「不思議だ。お前に言われると、本当にやれる気がする」とやる気になった。

夏井真琴(石原さとみ)が「私の実家へ知ったと言うことは、澤木千尋さん(萬田久子)には?」と尋ねると、日向徹(小栗旬)は「会った。顔が見られただけで良い。元気そうで良かったって、普通に思えたよ」と答えた。

日向徹(小栗旬)は「探していた人に会えて良かった。でも思った。僕が会いたい人は他に居る」と告げると、夏井真琴(石原さとみ)は「誰ですか?」と尋ねた。

日向徹(小栗旬)は「お前だ」と言おうとしたが、言葉を飲んで「おま…お前の話は何だ」と尋ねた。

夏井真琴(石原さとみ)は「研究所へ行きます。日向さんを見ていて思ったんです。私も仕事が出来る人間になりたいって」と打ち明けると、日向徹(小栗旬)は「お前なら出来る」と太鼓判を押した。

夏井真琴(石原さとみ)は「日向さんに言われると、やれそうな気がします。居なくならないと言ったのに、すみません。日向さんも会えますよ。朝比奈さんに。今一番、会いたい人ですよね」と告げた。

そして、夏井真琴(石原さとみ)は、言葉を失った日向徹(小栗旬)に「じゃー行きますね」と言い、研究所へ戻る。

夏井真琴(石原さとみ)は途中で立ち止まって振り返るが、日向徹(小栗旬)の背中しか見えず、気持ちを新たにして、再び歩き始めた。

日向徹(小栗旬)も立ち止まって振り返るが、夏井真琴(石原さとみ)の背中しか見せず、再び歩き始めるのであった。

第10話の感想は「石原さとみが小栗旬を調教-オムライスに秘められた秘密」をご覧ください。原作や主題歌は『「リッチマン、プアウーマン」の原作や主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト日向徹が澤木千尋と再会へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。