スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新島八重が激怒した新島襄のジンジャーブレッド事件

NHK大河ドラマ「八重の桜」のモデルとなる新島八重の生涯をあらすじとネタバレで紹介する「実話-新島八重の桜」の京都編「実話-新島八重が激怒した新島襄のジンジャーブレッド事件のあらすじとネタバレ」です。


このページは「新島襄が新島八重のハイヒールを切ったあらすじとネタバレ」からの続きです。

実話「新島八重の桜」の目次は『実話「新島八重の桜」のあらすじとネタバレ』をご覧ください。

■新島襄のジンジャーブレッド事件
新島襄は酒の代わりに善哉(ぜんざい)をすするほどの甘党で、新島襄にはお菓子をどこに隠しても、必ず見つ出す特技があった。

ある日、客人を迎えることになった新島八重は、客人のために、生姜のお菓子「ジンジャーブレッド」を焼いた。

その後、新島八重は用事で出かけることになったため、新島襄に食べられないよう、ジンジャーブレッドを鍵のかかる戸棚に入れて家を出た。

少しして用事を済ませた新島八重が帰宅すると、新島襄と熊本バンドの金森通倫がテーブルでクスクスと笑っていた。

新島八重は2人の様子を不審に思い、ジンジャーブレッドを入れた戸棚の鍵を確かめてみると、ちゃんと鍵はかかっていた。

新島八重は安心して「客人を持てなす準備は出来た。菓子も出来たし」と言ってホッとすると、新島襄は「お菓子は焼いたつもりなの?」と言って笑う。金森通倫もニヤニヤしている。

新島八重が怪しんで戸棚の鍵を開けて中を覗くと、ジンジャーブレッドは消えていた。ちゃんと鍵はかかっていたのに…。

新島八重が新島襄を問い詰めると、新島襄は鍵がかかった扉を力任せに外して、お菓子を食べたことを白状した。

呆れた新島八重は仕方なく、台所でブツブツと文句を言いながら、再びジンジャーブレッドを焼いたのだった。

実話「山本八重の桜」の京都編「実話-新島八重に馬鹿にされた新島襄の趣味のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサーサイト新島八重が激怒した新島襄のジンジャーブレッド事件へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。

京都市内で、ジンジャーブレッドを、販売されているベーカリーを、教えて
下さい。

西川千鶴子 : 2013年04月12日(金)

大変申し訳ございません。専門外のため、分かりません。

管理人 : 2013年04月13日(土)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。