スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


橘第一高校の高校入試

高橋ひとみが出演するフジテレビの県立橘第一高校ドラマ「高校入試」の第1話のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは『ドラマ「高校入試」のあらすじとネタバレ』からの続きです。

■高校入試のあらすじ後篇
春山杏子(長澤まさみ)が「橘第三高校だとどうしてだめなのですか?」と尋ねると、坂本多恵子(高橋ひとみ)は「春山先生(長澤まさみ)はここら辺の常識を知らないのね。娘は橘第一高校を出てるの」と教えた。

そして、坂本多恵子(高橋ひとみ)は、「娘よりも旦那の方が下だなんて上手く行くはずがない。私よりも娘の方が気にしてるのよ。自分より馬鹿と結婚するのは嫌だって」と話す。

インスタントコーヒーを入れていた数学の常勤講師・村井祐志(篠田光亮)は、話を聞いて動揺し、コーヒーの粉をこぼしてしまった。

春山杏子(長澤まさみ)は、社会人として頑張っている人よりも、フリーターでも橘第一高校出身者の方が評価されることに対して疑問をぶつけようとしたが、携帯電話が鳴ったため、職員室を出た。

電話はホテルの手配を頼んでいた太陽ツーリスト時代の友達からだった。頼んでいたホテルの予約が取れたという連絡であった。

春山杏子(長澤まさみ)は友達に礼を述べて携帯電話を切ると、校舎の外でタバコをすっている小西俊也(徳山秀典)を見かけたため、「校内は禁煙ですよ」と注意する。

小西俊也(徳山秀典)は「厳しいね。電話は生徒から?」と尋ねると、春山杏子(長澤まさみ)は「元同僚です」と答え、2人は話し始めた。

春山杏子(長澤まさみ)は、太陽ツーリストで修学旅行を担当しており、それがきっかけで高校教師になったのだという。

一方、小西俊也(徳山秀典)は有名私立校「星光学園」の出身だが、若い頃に頑張りすぎて息切れし、のんびりするため、橘第一高校で教師をしているのだという。

再び春山杏子(長澤まさみ)の電話相手の話題に戻ると、春山杏子(長澤まさみ)は、滝本みどり(南沢奈央)が高校入試の翌日に彼氏と旅行に出かけることを教えた。

春山杏子(長澤まさみ)が「もしかして、小西俊也(徳山秀典)とですか?」と尋ねると、小西俊也(徳山秀典)は「あれっ?滝本先生(南沢奈央)はここの誰かと付き合っているの?」と尋ね返した。

春山杏子(長澤まさみ)はあわてて、「聞かなかったことにしてください」と頼んだ。

一方、松島崇史(羽場裕一)も校舎から出てきてタバコを吸い出した。そこへ、校舎から出てきた村井祐志(篠田光亮)が、「禁煙ですよ」と注意する。

松島崇史(羽場裕一)は「1本くらいは見逃してくれ」と言い、村井祐志(篠田光亮)に「来年もここに居られそうか」と尋ねた。

村井祐志(篠田光亮)は1年契約の常勤講師で、採用試験を受けていたが面接で落ちていた。来年について校長から何の話しも出ていないということであった。

松島崇史(羽場裕一)は「来年は受かるといいな」と励ますと、村井祐志(篠田光亮)は「高校入試と違って、一生安泰ですもんね」とため息をつく。

松島崇史(羽場裕一)が「そうでもないぞ。小さな出来事で全てを失うこともある」と忠告すると、村井祐志(篠田光亮)は「世の中厳しいな。僕も1本貰っても良いですか」と言い、タバコを吸い出した。

2人の様子を見ていた春山杏子(長澤まさみ)が「あの2人は年も教科も違うのに、どうしうて打ち解けてるんだろう」と疑問に思うと、小西俊也(徳山秀典)は「教師と教え子だったらしい。前任校の」と教えた。

そのころ、音楽室では滝本みどり(南沢奈央)がピアノで校歌の練習をしており、ピアノの音が漏れ聞こえていた。

すると、職員室で橘第一高校の思い出話に花を咲かせていた橘第一高校出身の教師らが、漏れ聞こえてきたピアノに合わせて校歌を歌い出した。

やがて、校歌を歌い終わると、宮下輝明(小松利昌)が妻に送る誕生日プレゼントの話題になった。

その話を聞いた相田清孝(中尾明慶)は、「やべー。衣里名(山崎紘菜)の誕生日はいつだっけ」と、慌てて職員室を飛び出した。

その後、春山杏子(長澤まさみ)が音楽教室に入ろうとすると、水野文昭(阪田マサノブ)が音楽室から出てきた。

音楽教室に入った春山杏子(長澤まさみ)は、滝本みどり(南沢奈央)に予約が取れたことを報告し、「もしかして彼氏は水野先生(阪田マサノブ)」と尋ねた。

滝本みどり(南沢奈央)は「生徒の欠席数を聞きに来ただけ。水野先生(阪田マサノブ)は頭も良いし出来る男なんだけど、ちょっと馬鹿なことを言えば見下されそうだから私は駄目」と答えた。

水野文昭(阪田マサノブ)も橘第一高校の卒業生だった。滝本みどり(南沢奈央)は「すみれが丘高校」の出身で、高校時代は橘第一高校の彼氏を作るステータスだったが、今思うとつまらないこだわりだったという。

滝本みどり(南沢奈央)は「入学式で間違えると、お偉方から苦情がくるの」と言い、校歌の演奏の練習を続けた。

高校入試の前日。春山杏子(長澤まさみ)は授業が終わると、2年B組の生徒に「机の中を空にして、机の落書きは消すように。教室には鍵をかけるから、忘れ物をしないように。机と椅子を教室の外に出して帰ってください」と注意して下校させた。

その後、春山杏子(長澤まさみ)が1人で教室の掲示物を剥がしていると、2年B組の女子生徒・石川衣里名(山崎紘菜)が戻ってきた。

石川衣里名(山崎紘菜)は掲示物を剥がすのを手伝いながら、「先生はネットの掲示板とかチェックしてる?」と尋ねると、春山杏子(長澤まさみ)は「してないけど、裏サイトがあったりするの?」と聞き返した

石川衣里名(山崎紘菜)は「私も知らない」と言い、作業が終わると、「じゃーね。杏子タン」と言って帰っていった。

春山杏子(長澤まさみ)は教室に鍵をかけて、職員室に鍵を戻した。次は掃除なので、ジャージに着替えるため、更衣室へ向かう。

春山杏子(長澤まさみ)が更衣室へ入ると、滝本みどり(南沢奈央)がジャージに着替えているところだった。

春山杏子(長澤まさみ)は「ホテルに泊まるのに必要な情報はコレに入っているから」と言い、滝本みどり(南沢奈央)にホテルのカードを渡す。

滝本みどり(南沢奈央)は「これが噂のゴールドカードね。ありがとう」と喜び、受け取ったカードをロッカーに入れた。

そこへ、坂本多恵子(高橋ひとみ)が入ってくる。坂本多恵子(高橋ひとみ)が着替えるためにロッカーを開けると、1枚の紙が落ちてきた。

紙には「入試をぶっつぶす」と書いてあった。坂本多恵子(高橋ひとみ)は「こんなのを気にしてたら、入試なんてできないわ」と言い、紙を丸めてゴミ箱に捨てた。

やがて3時になると、校舎には鍵か欠けられ、出切り禁止となり、試験会場2(2年B組)を担当する春山杏子(長澤まさみ)・水野文昭(阪田マサノブ)・村井祐志(篠田光亮)が職員室に集まる。

水野文昭(阪田マサノブ)は試験会場2(2年B組)で入試の準備を始めるため、鍵ボックスから2年B組の鍵を撮ろうとするが、2年B組の鍵が無かった。

すると、村井祐志(篠田光亮)が「僕が持ってます」と言い、鍵を差し出した。春山杏子(長澤まさみ)は村井祐志(篠田光亮)が鍵を持っていることに首をかしげた。

水野文昭(阪田マサノブ)が鍵を開けて2年B組に入ると、黒板に「入試をぶっつぶす」と書かれた紙が貼ってあった。

春山杏子(長澤まさみ)が「何、これ」と驚いていると、試験会場となる他の教室からも「なんだ、これは」という驚きの声が聞こえ来たのであった。

ドラマ「高校入試」の原作や主題歌については『ドラマ「高校入試」の原作や主題歌』をご覧ください。

最終回の予想は『ドラマ「高校入試」の最終回と犯人の予想』をご覧ください。

第1話の感想は『ドラマ「高校入試」の感想』をご覧ください。

第2話の感想は『ドラマ「高校入試」の第2話のあらすじとネタバレ』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト橘第一高校の高校入試へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。